美食とは? わかりやすく解説

び‐しょく【美食】

読み方:びしょく

[名](スル)ぜいたくでうまいものばかり食べること。また、その食事。「—家」


食通

(美食 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/26 07:11 UTC 版)

食通(しょくつう)とは、料理や料理の知識について詳しいこと[1]。またそれを詳しく知っている人物のことである[1]




「食通」の続きの解説一覧

美食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 09:34 UTC 版)

サン・セバスティアン」の記事における「美食」の解説

サン・セバスティアンバスク料理と美食(ガストロノミー)の文化知られている。サン・セバスティアンその周辺地区ミシュランガイドレッドミシュラン)に記載される星付レストラン宝庫であり、『アルサック』(ミラクルス=ビデビエタ区)、『ベラサテギ』(郊外ラサルテ=オリア)、『アケラレ』(アンティグア区イゲルド)、『ムガリッツ』(郊外エレンテリア)などの星付レストランがある。2014年レッドミシュランにおいて、スペイン3つ星レストラン8軒のうち4軒がサン・セバスティアンその周辺にあるレストランだった。さらにはレストラン誌による2013年世界のベスト・レストラン50では、上位10軒のうち2軒がサン・セバスティアンその周辺レストランだった。これらの有名レストラン加え旧市街バル提供されるピンチョス呼ばれるタパスなどにも定評があり、サン・セバスティアンピンチョス発祥地である。1924年創業のオケンドは国内外映画スター訪れたことで知られベルガラスペイン初めピンチョス提供したことで知られるまた、サン・セバスティアンバスク美食クラブ英語版)(チョコ)の発祥の地であり、チョコ初め文献言及されたのは1870年まで遡る。またサン・セバスティアンには、料理学についてスペイン初め大学学位認定する機関であるバスク・クリナリー・センターがある。また、サン・セバスティアン近郊リンゴ原料とした醸造酒であるサガルド産地として知られており、醸造所レストランであるサガルドテギ多数ある。なお、サガルド伝統的な作り方は、空気中に浮遊している酵母リンゴ果汁中に繁殖させることにより、リンゴ果汁醗酵させてアルコール度数を4パーセントから6パーセント程度にまでした後に、大樽保管しておくという手法である。2019年よりコンビニスイーツとして発売されている「バスクチーズケーキ」の発祥サン・セバスチャンである。当地バルラ・ヴィーニャのものが元祖語られることが多い。

※この「美食」の解説は、「サン・セバスティアン」の解説の一部です。
「美食」を含む「サン・セバスティアン」の記事については、「サン・セバスティアン」の概要を参照ください。


美食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/03 09:32 UTC 版)

プーヨ (パスタサ県)」の記事における「美食」の解説

プーヨの、アマゾンという恵まれた環境先住民族移民影響受けた多彩な食文化形成している。プーヨでは、アマゾンならではの料理を楽しむことができる。例えば、川や湖など水中栄養素の量が多いため、川魚ティラピア定番食材であり、世界最大級の大きさを誇る淡水魚・パイチェ(ピラルク)もプーヨ内のレストランで味わうことができる。

※この「美食」の解説は、「プーヨ (パスタサ県)」の解説の一部です。
「美食」を含む「プーヨ (パスタサ県)」の記事については、「プーヨ (パスタサ県)」の概要を参照ください。


美食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 14:08 UTC 版)

ボローニャ」の記事における「美食」の解説

ボローニャは美食の都として知られている。スパゲティソースとして広く知られるボロニェーゼは、肉をベースとしたパスタ・ソースで、イタリアではラグー・アッラ・ボロニェーゼ (ragù alla bolognese) と呼ばれている。しかし、ボローニャではタリアテッレ・アル・ラグー (Tagliatelle al ragù) のラグーがラグー・アッラ・ボロニェーゼとされている。 肥沃なポー川谷に位置し豊富な地元料理は肉とチーズ多用するエミリア=ロマーニャ州全土で、プロシュートモルタデッラいわゆるボローニャソーセージ」)、サラーメといった豚肉加工品生産は、地元食品産業重要な部分となっている。近郊ブドウ畑では、ピニョレット・デイ・コッリ・ボロネージ、ランブルスコ・ディ・モデナ、サニオヴェーゼ・ディ・ロマーニャといったワイン知られる。 タリアテッレ・アル・ラグー、ラザーニャスープ中に使われるトルテッリーニボローニャ特産ソーセージモルタデッラは、地元料理の代表である。

※この「美食」の解説は、「ボローニャ」の解説の一部です。
「美食」を含む「ボローニャ」の記事については、「ボローニャ」の概要を参照ください。


美食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 02:15 UTC 版)

バイユー」の記事における「美食」の解説

バイユーとベッサン地方は、伝統的に農業、特に乳製品生産専門土地柄である。バイユーは、ペイ・バスク、コルスガスコーニュリムーザン同様に国内で6種ある地名関連付けられた名を持つブタ品種1つ、体は白で黒い斑点をもつ、バイユーブタの産地である。 ベッサン産の食品は、サン・パトリス広場毎週土曜日朝に開かれる市で見つけられる。ポルタン・ベッサン港やグランカン・メジー港で水揚げされ魚介類農場家畜乳製品リンゴ使った食品など。水曜日朝にサン・ジャン通りでも市が開かれる。 市の中心であるジェネラル・ド・ゴール広場では、有機農業農家シードルカルヴァドスリンゴジュース販売するバイユーの町では、ベッサンの果樹園収穫されリンゴ加工が行われる。 バイユーから3km離れたゲロンにあるヴィアール社のシードル工場では、シードル、ポモー、カルヴァドス・ド・バイユーが販売されているが、工場生産されるのはシードルのみである。ラベルにはバイユーのタペストリーから抜粋したデザイン使われている。 新鮮で半生ヤギチーズ、Bajocasseはノナン生産されている。

※この「美食」の解説は、「バイユー」の解説の一部です。
「美食」を含む「バイユー」の記事については、「バイユー」の概要を参照ください。


美食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/20 02:13 UTC 版)

ザネ」の記事における「美食」の解説

のビーゴリ」(it:Bigoli con l'anitra)が10月最初日曜日伝統的に食される

※この「美食」の解説は、「ザネ」の解説の一部です。
「美食」を含む「ザネ」の記事については、「ザネ」の概要を参照ください。


美食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/06 06:19 UTC 版)

サン=シェリ=ドブラック」の記事における「美食」の解説

アリゴは、とても弾力の強い触感の、裏ごししたジャガイモトム・フレッシュとを混ぜ合わせた料理である。20世紀最後25年間に、中央高地他の場所にも伝播した、オブラック地方アヴェロンカンタル、ロゼール)の特別な田舎料理である。特に、ブーニャ(fr)と呼ばれるオーヴェルニュ地方農村部から都会出稼ぎ出た人々により、さらにフランスじゅうに広まった。 レトルティヤ(fr)は、ジャガイモ、トム・フレッシュ・ド・ラギオール(チーズ)で作られニンニクと塩で味付けした一品である。 ラギオールfr)は、オブラック高原ウシ生乳から作られた、非加熱のパテ・チーズである。

※この「美食」の解説は、「サン=シェリ=ドブラック」の解説の一部です。
「美食」を含む「サン=シェリ=ドブラック」の記事については、「サン=シェリ=ドブラック」の概要を参照ください。


美食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/04 05:20 UTC 版)

日本の美学」の記事における「美食」の解説

多く伝統的な日本の美基準は、日本料理多様な要素現れ、その一部として議論されている。 洗練された表現について懐石参照

※この「美食」の解説は、「日本の美学」の解説の一部です。
「美食」を含む「日本の美学」の記事については、「日本の美学」の概要を参照ください。


美食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 07:09 UTC 版)

ピコス・デ・エウロパ」の記事における「美食」の解説

ピコス・デ・エウロパは、急速に減少している羊飼い支えている。彼らは夏に谷からヒツジ、ヤギウシ時にはブタ連れて移動する一帯では、伝統的に洞窟内で熟成されるぴりっとした味のブルーチーズ、ケソ・デ・カブラーレスで名高い

※この「美食」の解説は、「ピコス・デ・エウロパ」の解説の一部です。
「美食」を含む「ピコス・デ・エウロパ」の記事については、「ピコス・デ・エウロパ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「美食」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

美食

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 12:16 UTC 版)

この単語漢字

第三学年
しょく
第二学年
音読み 音読み

発音

び↗しょく
び↘しょく

名詞

(びしょく)

  1. おいしい食事その内容また、それを食べること。
    • --家

関連語

類義語
対義語

翻訳

動詞


「美食」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「美食」の関連用語

1
美食し 活用形辞書
100% |||||

2
美食しろ 活用形辞書
96% |||||

3
美食せよ 活用形辞書
96% |||||

4
美食できる 活用形辞書
96% |||||

5
美食さす 活用形辞書
94% |||||

6
美食させる 活用形辞書
94% |||||

7
美食され 活用形辞書
94% |||||

8
美食される 活用形辞書
94% |||||

9
美食しうる 活用形辞書
94% |||||

10
美食しそう 活用形辞書
94% |||||

美食のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



美食のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの食通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサン・セバスティアン (改訂履歴)、プーヨ (パスタサ県) (改訂履歴)、ボローニャ (改訂履歴)、バイユー (改訂履歴)、ザネ (改訂履歴)、サン=シェリ=ドブラック (改訂履歴)、日本の美学 (改訂履歴)、ピコス・デ・エウロパ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの美食 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS