坂本弁護士一家殺害事件とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 坂本弁護士一家殺害事件の意味・解説 

坂本堤弁護士一家殺害事件

(坂本弁護士一家殺害事件 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/01 06:14 UTC 版)

坂本堤弁護士一家殺害事件(さかもとつつみべんごしいっかさつがいじけん)は、1989年平成元年)11月4日に旧オウム真理教の幹部6人が、オウム真理教問題に取り組んでいた弁護士であった坂本堤(当時33歳)とその妻子合わせて3人を殺害した事件である[1][2]


注釈

  1. ^ これは1個だけであり法律事務所に保管されていたため可能性はない。
  2. ^ 当初の横浜法律事務所との話の中で、教団は創価学会の名前を挙げた。
  3. ^ 無論麻原本人が契約や弁済をする必要はないので、これは理由として成立していない。
  4. ^ 「横浜人材活用センター」に異動させられた国労組合員が抵抗運動を貫いたところ暴力事件を捏造され、これを口実に免職や停職の懲戒処分を受けた。
  5. ^ 初めに間違って僧ヶ岳と報道されたため、現在でも僧ヶ岳山中であるような報道や資料がある。
  6. ^ 片貝地区民などが林業のために出入りするが危険であるため見学は推奨されない。国土地理院 地図閲覧システム 2万5千分1地形図名:宇奈月
  7. ^ 土地所有者の了解を得て、有志により脇に石造の慰霊碑も作られたが、2011年11月12日に麓の片貝山ノ守キャンプ場へと移設された[62]。これは積雪や落石で慰霊に危険が伴うという指摘があったため[63]

出典

  1. ^ 第1期 事件発生から「救う会」結成まで - 生きて帰れ!(坂本弁護士と家族を救う全国弁護士の会)。
  2. ^ 坂本事件とマスコミ報道》第二 坂本事件とTBS問題》一 事実経過 - 生きて帰れ!(坂本弁護士と家族を救う全国弁護士の会)。
  3. ^ a b 江川紹子『「オウム真理教」追跡2200日』(文藝春秋、1995年)
  4. ^ a b c d e f g 松本智津夫被告 法廷詳報告 林郁夫被告公判
  5. ^ 法廷全記録2、328頁-329頁。
  6. ^ 法廷全記録2、333頁。
  7. ^ 降幡賢一『オウム法廷2上』 p.72
  8. ^ 江川紹子『「オウム真理教」追跡2200日』 p.179
  9. ^ 降幡賢一『オウム法廷 グルのしもべたち下』 p.182
  10. ^ a b c d 平成7合(わ)141 殺人等 平成16年2月27日 東京地方裁判所
  11. ^ 法廷全記録7、110頁。降幡賢一『オウム法廷12』 p.159
  12. ^ 江川紹子『全真相 坂本弁護士一家拉致・殺害事件』 p.113
  13. ^ 早川紀代秀『私にとってオウムとは何だったのか』 p.150
  14. ^ a b c d 松本智津夫 第25回公判 岡崎一明証人 検察官主尋問(97・2・13)
  15. ^ 降幡賢一『オウム法廷11』 p.99
  16. ^ a b 降幡賢一『オウム法廷2 下』 p.85-90
  17. ^ 佐木隆三『大義なきテロリスト』 p.128
  18. ^ 佐木隆三『大義なきテロリスト』 p.21
  19. ^ NHKスペシャル取材班「未解決事件 オウム真理教秘録」 p.100
  20. ^ 毎日新聞社会部『オウム「教祖」法廷全記録3』現代書館〈オウム「教祖」法廷全記録〉、1998年、93頁。ISBN 9784768470039 
  21. ^ 江川紹子『全真相 坂本弁護士一家拉致・殺害事件』 p.122
  22. ^ 佐木隆三『大義なきテロリスト』 p.23
  23. ^ 降幡賢一『オウム法廷2下』 p.274
  24. ^ “オウム裁判で分かったこと、残る謎”. Yahoo!ニュース. (2015年4月30日). https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/5b2b49051cace8f07ec05ff86044f366a5a4bd19 
  25. ^ 毎日新聞社会部『裁かれる「オウムの野望」』 p.164
  26. ^ 江川紹子『全真相 坂本弁護士一家拉致・殺害事件』 p.14
  27. ^ a b 降幡賢一 『オウム法廷11』 p.100, 117, 314、『オウム法廷12』 p.118
  28. ^ 降幡賢一『オウム法廷11』 p. 269, 314
  29. ^ a b c d e f g h 江川 1997, p. 12-21.
  30. ^ 江川 1997, p. 20.
  31. ^ 降幡賢一『オウム法廷11』 p.146
  32. ^ 「松本智津夫被告 第55回公判 法廷詳報」1997年11月7日 読売新聞
  33. ^ 毎日新聞社会部『オウム「教祖」法廷全記録3』 p.207
  34. ^ 江川 1997, p. 22.
  35. ^ 江川 1997, p. 23.
  36. ^ a b c d e f g 『「オウム真理教」追跡2200日』p.94-104「七つの疑問」。
  37. ^ a b c d e f g h i 『「オウム真理教」追跡2200日』p.78-93「坂本弁護士vsオウム 暗闘六カ月」。
  38. ^ 『「オウム真理教」追跡2200日』p.105-113「血のイニシエーション」。
  39. ^ 『オウム法廷6』(朝日新聞社 2000年)
  40. ^ 江川紹子『全真相 坂本弁護士一家拉致・殺害事件』 p.147
  41. ^ NHKスペシャル取材班「未解決事件 オウム真理教秘録」 p.426
  42. ^ 江川紹子『全真相 坂本弁護士一家拉致・殺害事件』(文藝春秋、1997年)
  43. ^ a b 『ヴァジラヤーナ・サッチャ No.9』 p.113-115
  44. ^ 佐藤道夫『「不祥事続出警察」に告ぐ』(小学館文庫、2000年)
  45. ^ NHKスペシャル取材班「未解決事件 オウム真理教秘録」 p.98
  46. ^ 後藤忠政「憚りながら」宝島社文庫p282-4.
  47. ^ a b c d e f g h (二) オウム真理教の宣伝に「文化人」「有名人」らが果たした役割 坂本弁護士と家族を救う全国弁護士の会公式サイト
  48. ^ a b c d 松井清人 (2019年8月29日). “凶悪犯・麻原彰晃を持ち上げた実名リスト「彼は嘘をつくような人ではない」”. PRESIDENT Online. 2021年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月15日閲覧。
  49. ^ 宗教情報リサーチセンター『<オウム真理教>を検証する』 p.221
  50. ^ NHK 2013, p. 330.
  51. ^ 『オウム教祖法廷全記録 2』 9頁。
  52. ^ 『オウム教祖法廷全記録 2』 293頁。3億円は宅配便で友人宅に預けようとするが、早川らにより取り戻される。
  53. ^ 『オウム教祖法廷全記録 2』 297頁。
  54. ^ NHKスペシャル取材班「未解決事件 オウム真理教秘録」 p.95
  55. ^ 降幡賢一『オウム法廷13』 p.181
  56. ^ NHKスペシャル取材班「未解決事件 オウム真理教秘録」 p.101
  57. ^ 降幡賢一『オウム法廷11』 p.21
  58. ^ 降幡賢一『オウム法廷6』 p.287
  59. ^ 「オウムの関与 幹部が示唆 坂本弁護士一家の失踪事件」 朝日新聞1995年5月19日朝刊
  60. ^ 毎日新聞社会部『オウム「教祖」法廷全記録3』 p.257
  61. ^ 坂本堤弁護士遺体発見に関する声明”. 日本弁護士連合会 (1995年9月6日). 2020年9月29日閲覧。
  62. ^ 『北日本新聞』2011年11月13日付34面『事件風化させない 坂本弁護士妻・都子さん 魚津の慰霊碑麓へ』より。
  63. ^ “坂本弁護士一家慰霊碑、キャンプ場内に移設”. 読売新聞. (2011年11月18日). オリジナルの2011年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111121100231/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111118-OYT1T00301.htm 2013年11月14日閲覧。 
  64. ^ 毎日新聞 2004年2月15日付26頁
  65. ^ 都子基金 2004年10月6日講演録
  66. ^ 朝日新聞 2018年7月7日付茨城県版
  67. ^ 降幡賢一『オウム法廷 グルのしもべたち下』 p.248
  68. ^ 『都子 聞こえますか ―オウム坂本一家殺害事件・父親の手記―』(大山友之著、新潮社 2000年)』
  69. ^ 降幡賢一『オウム法廷5』 p.199
  70. ^ 『オウム帝国の正体』(一橋文哉著、新潮社 2000年)など
  71. ^ カナリヤの詩110号 カナリヤの会
  72. ^ 早川紀代秀川村邦光『私にとってオウムとは何だったのか』 2005年 p.156


「坂本堤弁護士一家殺害事件」の続きの解説一覧

坂本弁護士一家殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 03:11 UTC 版)

端本悟」の記事における「坂本弁護士一家殺害事件」の解説

1989年11月2日新実早川から坂本弁護士一家殺害事件の実行犯一人抜擢されたと知らされる武道の腕を買われての抜擢であった早川から「坂本弁護士殴りたおせ。あとはワシらでやる」と言われ、「殺しに加わるわけじゃない、殴るだけなんだ」と自分言い聞かせてメンバー加わったという。この際新宿変装用として高い服を購入した為に早川から咎められた。この時、売り場女性店員からデート誘われこのままデート行って殺人から逃れようかな」と考えたが、麻原から「他心通」で見通されることを恐れて結局メンバーとの待ち合わせ場所に戻り横浜へ向かう車中マントラ唱え続けた11月4日午前3時頃、坂本弁護士宅に侵入し村井秀夫早川岡﨑一明新実中川智正とともに一家襲撃した端本坂本馬乗りになって6、7殴り、岡﨑が彼の首を絞めている間、足を押えていた。坂本の妻に対して腹部を膝落とし強打した殺害後、遺体遺棄手伝った1990年4月両親が「オウム真理教被害者の会(現オウム真理教家族の会)」のメンバーと共に富士山総本部訪れた際、警備中の端本発見息子殺害の実行犯だと知らずに、坂本弁護士行方不明報じる記事見せてオウムはこんなこともやっているのよ」と脱会するよう説得した。「殺害犯は自分なのだと知った母親はどれだけ動揺するだろうか」と端本母親帰ったあとに泣き様子おかしくなったが、麻原に「前世でお前はワシ息子だった」とフォローされ、「あれはポアだったんだ」と自分の中で正当化するうになる端本その後何度実家近くにまで行ったが、結局帰ることはなかった。 麻原俗物的側面見て不信感募らせ教団から脱走試みた一方で坂本弁護士事件加担したことで、自分を「ただの殺人犯」だと認めたくない為に帰依求め教団から抜けられなくなったという。

※この「坂本弁護士一家殺害事件」の解説は、「端本悟」の解説の一部です。
「坂本弁護士一家殺害事件」を含む「端本悟」の記事については、「端本悟」の概要を参照ください。


坂本弁護士一家殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 16:31 UTC 版)

中川智正」の記事における「坂本弁護士一家殺害事件」の解説

出家してわずか2ヵ月後の1989年11月4日麻原指示受けた中川は坂本弁護士一家殺害事件に実行犯として関わることになる。 坂本宅に侵入し中川坂本の妻の首を絞めている時、坂本の子どもが突然泣き出した驚いた中川は(本人の言によれば、「子どもをなんとかしろ」と自分心臓からの声に従って)手にしたタオルケットで子どもの鼻と口を塞ぐと子どもはぐったりとした。一家三人惨殺後、中川虚ろな瞳で誰に言うともなく「はははは…。子どもを殺してしまいましたよ。はははは…。」としゃべっていた。他方で、「息が聞こえるくらいの近さ麻原氏がいるという一体感感じてうれしかった」とも語っている。 犯行時に中川プルシャオウム真理教バッジ)を事件現場落としたため、オウム犯行説当初から疑われ教団反論追われることとなった。だが結局1995年まで真相明らかになることはなかった。

※この「坂本弁護士一家殺害事件」の解説は、「中川智正」の解説の一部です。
「坂本弁護士一家殺害事件」を含む「中川智正」の記事については、「中川智正」の概要を参照ください。


坂本弁護士一家殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 04:29 UTC 版)

陰謀論の一覧」の記事における「坂本弁護士一家殺害事件」の解説

詳細は「坂本弁護士一家殺害事件」を参照 事件当初からオウム真理教犯行説唱えられていたが、1995年一連の強制捜査まで未解決であった

※この「坂本弁護士一家殺害事件」の解説は、「陰謀論の一覧」の解説の一部です。
「坂本弁護士一家殺害事件」を含む「陰謀論の一覧」の記事については、「陰謀論の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「坂本弁護士一家殺害事件」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「坂本弁護士一家殺害事件」の関連用語

坂本弁護士一家殺害事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



坂本弁護士一家殺害事件のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの坂本堤弁護士一家殺害事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの端本悟 (改訂履歴)、中川智正 (改訂履歴)、陰謀論の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS