トレーサビリティとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > トレーサビリティの意味・解説 

トレーサビリティ

別表記:トレーサービリティ
英語:traceability

トレーサビリティ(英: traceability)とは、商品生産流通過程追跡可能であること、および、生産流通履歴を正確に記録・管理するシステムのこと。

英語のtraceability動詞trace(跡を辿る)に接尾辞-ability(可能である)が付いた形容詞である。日本語では「追跡可能性という訳語が用いられる場合少なくないが、単に追跡できるかどうか留まらず追跡のための履歴記録管理体制までを包括した表現として用いるためにも、英語をそのままカタカナ表記にした「トレーサビリティ」という言い方が用いられることが多い。

生産履歴」という生産流通過程記録を意味する用語もあるが、トレーサビリティはその記録を残す体制をどう構築するか、その記録どれだけたどれるか、という概念である。

トレーサビリティは、食の安全観点から、特に食品流通分野において重視されるようになった例えば、2003年に、牛海綿状脳症BSE)や偽装表示問題を受けて牛トレーサビリティ法制定施行され、牛肉生産加工流通履歴管理義務化されている。各事業者食品取り扱った記録作成保存しておくことにより、食中毒などの健康被害が生じた際に、問題を含む食品がどこから来たのかを調べたり遡及=トレースバック)、どこに行ったか(追跡=トレースフォワード)を調べたりすることができる。

工業製品生産流通家電製品等のリサイクル過程においても、トレーサビリティが求められるようになっている

使用例:
一つ一つ番号管理される宅配便は、トレーサビリティが高い。
完璧なトレーサビリティの構築には、関わる企業個人モラル欠かせない。 

トレーサビリティー [5]traceability

追跡可能性の意
食品の安全を確保するために、栽培や飼育から加工製造流通などの過程を明確にすること。また、その仕組み
ある測定結果が必要な精度満たすために、その測定機器校正手段が、国際標準国家標準などに対す連続した比較校正流れの中に位置づけられていること。

トレーサビリティ

食の安全性求められる中で使われるようになった言葉で“追跡可能性”などと訳され、生産流通などの履歴遡ることができること。コーヒーにおいては農園栽培環境栽培状況肥料農薬種類使用状況についての開示要求があり、これが各認証コーヒーなどの登場につながっている。


トレーサビリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/12 02:13 UTC 版)

トレーサビリティ: traceability




「トレーサビリティ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トレーサビリティ」の関連用語

トレーサビリティのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トレーサビリティのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
UCCUCC
(C) 2020 UCC UESHIMA COFFEE CO.,LTD. All Rights Reserved
UCC上島珈琲コーヒー用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトレーサビリティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS