トレーサビリティとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > トレーサビリティの意味・解説 

トレーサビリティ

英語:traceability

トレーサビリティは「(食品の)移動把握できること」を意味する英語由来表現。「追跡可能(性)」と訳されることも多い。もっぱら食品等の流通品質管理分野において、商品生産過程流通過程流通製造・原料の飼育や栽培に至るまで遡って追跡できること、および、そのためシステムを指す意味で用いられる用語

トレーサビリティは、かつて食品産地偽装異物混入といった問題多発し社会問題化していた際に、その必要性が認識され導入整備進んだ経緯がある。

トレーサビリティ(のシステム)により追跡可能な一連の行程、および、その各段階における仕様を、方眼紙様の表にまとめた体系図が、トレーサビリティマトリクスと呼ばれる

トレーサビリティマトリクスは、商品製造工程はもちろん包装の材料ラベル印刷工程印刷用インク等、あらゆる工程を記入対象とするそのように厳密に把握管理することにより、あらゆる段階発生しうる問題追跡管理にも役立ち仕様変更行いやすくなる
食品トレーサビリティでは、原料入手経路農産品栽培基準農薬の使用基準実際に使用した実績種苗入手経路栽培土壌なども体系図に組み込まれ管理される畜産物なら飼育基準加工基準が、海産物なら漁獲地や、養殖使われる薬剤が、トレーサビリティシステムマトリクスに含まれることになる。

トレーサビリティ

別表記:トレーサービリティ
英語:traceability

トレーサビリティ(英: traceability)とは、商品生産・流通過程追跡可能であること、および、生産・流通履歴正確に記録・管理するシステムのこと。

英語のtraceability動詞trace(跡を辿る)に接尾辞-ability可能である)が付いた形容詞である。日本語では「追跡可能性という訳語が用いられる場合少なくないが、単に追跡できるかどうかに留まらず、追跡のための履歴記録管理体制までを包括した表現として用いるためにも、英語をそのままカタカナ表記にした「トレーサビリティ」という言い方用いられることが多い。

生産履歴」という生産・流通過程の記録意味する用語もあるが、トレーサビリティはその記録を残す体制をどう構築するか、その記録どれだけたどれるか、という概念である。

トレーサビリティは、食の安全観点から、特に食品流通分野において重視されるようになった例えば、2003年に、牛海綿状脳症BSE)や偽装表示問題を受けて牛トレーサビリティ法制定施行され牛肉生産加工流通履歴管理義務化されている。各事業者食品取り扱った記録作成・保存しておくことにより、食中毒などの健康被害生じた際に問題含む食品がどこから来たのかを調べたり遡及=トレースバック)、どこに行ったか(追跡=トレースフォワード)を調べたりすることができる

工業製品生産・流通家電製品等のリサイクル過程おいても、トレーサビリティが求められるようになっている

使用例
一つ一つ番号管理される宅配便は、トレーサビリティが高い。
完璧なトレーサビリティの構築には、関わる企業個人モラル欠かせない。 

トレーサビリティー【traceability】


トレーサビリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/12 02:13 UTC 版)

トレーサビリティ: traceability




「トレーサビリティ」の続きの解説一覧

トレーサビリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 16:02 UTC 版)

米国産牛肉」の記事における「トレーサビリティ」の解説

2016年9月現在連邦レベルでのトレーサビリティのシステム存在しない2003年牛海綿状脳症BSE)の初発生の際にアメリカ合衆国農務省2004年全国家畜個体識別制度NAIS)を導入して段階的に義務化する方針だった。しかし、コスト報告義務負担増から特に肉用牛生産者から反発を受け、アメリカ合衆国農務省2010年NAIS廃止して新制度検討することになった2013年家畜州間移動に関するトレーサビリティ(Traceability for Livestock Moving Interstate)が導入されたが、疾病対策主で、州を移動する家畜についての育成からと畜までの管理限定されている。

※この「トレーサビリティ」の解説は、「米国産牛肉」の解説の一部です。
「トレーサビリティ」を含む「米国産牛肉」の記事については、「米国産牛肉」の概要を参照ください。


トレーサビリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 09:54 UTC 版)

前沢牛」の記事における「トレーサビリティ」の解説

牛肉トレーサビリティ法」を遵守し、牛の情報記録し、いつでも確認できる状況にしておくこと。

※この「トレーサビリティ」の解説は、「前沢牛」の解説の一部です。
「トレーサビリティ」を含む「前沢牛」の記事については、「前沢牛」の概要を参照ください。


トレーサビリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 17:16 UTC 版)

較正」の記事における「トレーサビリティ」の解説

標準器による較正受けた測定器用いて適切な対象測定し、その値付けを行うことによって、別な標準器とすることが可能である。当然、その標準器によって更なる較正を行うことができる。このように較正は、厳密に定義され国家標準などをおおもととし、測定器標準器を介して段階的に連鎖する測定体系構築するものである。この較正連鎖をトレーサビリティと呼ぶまた、このような較正体系図式化したものを、トレーサビリティチャートと呼ぶ詳細は「トレーサビリティ (計測器)を参照

※この「トレーサビリティ」の解説は、「較正」の解説の一部です。
「トレーサビリティ」を含む「較正」の記事については、「較正」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トレーサビリティ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トレーサビリティのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トレーサビリティのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトレーサビリティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの米国産牛肉 (改訂履歴)、前沢牛 (改訂履歴)、較正 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS