O3Dとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > O3Dの意味・解説 

O3D

フルスペル:オースリーディー

O3Dとは、Google開発した、Webブラウザ上でインタラクティブ3次元グラフィックス3DCG)を作成する行うためのAPIのことである。

O3Dは、コンピュータグラフィックカード直接アクセスして処理を実行させる仕組み採用している。WebブラウザAPI通じてハードウェアリソース直接利用することにより、Webアプリケーションでもネイティブアプリケーションのように高速3次元グラフィックス処理を実現できる。なお、O3DのプログラムJavaScriptによって記述される。

また、O3Dでは複数主要なプラットフォームサポートしている。OSとしては、Windows XPWindows VistaMac OS X 10.5以降Mac OSLinuxなどをサポートしており、Webブラウザでは、Google ChromeInternet ExplorerFirefoxSafariなどをサポートしている。

O3Dでは、APIと共にWebブラウザ用のプラグインが提供されている。このプラグインWebブラウザ追加することで、O3Dの機能利用可能になる。

O3Dは2009年4月初め公開された。Google Code上でオープンソース公開されている。


参照リンク
O3D API - Google Code - (英語)
Google Japan Blog: 3D に向けたオープン Web 標準 -O3D の紹介 - (Google Japan Blog


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「O3D」の関連用語

O3Dのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



O3Dのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリO3Dの記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS