OAuthとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > OAuthの意味・解説 

オーオース【OAuth】


OAuth

読み方オーオース

OAuthとは、Webサーバーにあるユーザーリソースへのアクセス権限を、ユーザー代理で行うことを許可するための認証用のプロトコルのことである。

OAuthを使用することで、エンドユーザークライアントユーザ名やパスワード知らせることなく、サーバーリソースへの第三者アクセス認可することができる。OAuthでは、ログインのために必要なユーザー名パスワードユーザー毎に割り当てるトークン呼ばれる情報置き換えて使う。このトークンを使うことで外部サービスにはパスワード教えることなく、システム間の情報共有が可能になる。

OAuthは、インターネット技術者たちのコミュニティ開発されてきた技術である。2007年10月安定版初版公開され、2010年4月RFC 5849として情報公開された。


参照リンク
RFC 5849 - The OAuth 1.0 Protocol - (英文)
セキュリティのほかの用語一覧
認証方式:  認証  OpenID  OpenSSO  OAuth  PEAP  PIN  RADIUS

OAuth

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 22:12 UTC 版)

OAuth (オー オース[1]) は、権限の認可(authorization)を行うためのオープンスタンダードである。


  1. ^ For immediate release: OAuth Core 1.0 Specification released at Internet Identity Workshop 公式ブログ内に「OAuth (pronounced “Oh-Auth”)」の記載あり(記事アーカイブ
  2. ^ a b RFC 6749日本語訳 1.1節
  3. ^ この写真の例は、RFC日本語訳 1章冒頭に記載されているものを参考にした。
  4. ^ a b c RFC6749日本語訳 1.2節
  5. ^ RFC6749日本語訳 1.3節
  6. ^ Oauth (2009年4月23日). “OAuth Security Advisory: 2009.1”. 2009年4月23日閲覧。
  7. ^ The OAuth 2.0 Authorization Protocol” (2011年2月16日). 2011年11月28日閲覧。
  8. ^ Eran Hammer-Lahav (2010年5月15日). “Introducing OAuth 2.0”. 2011年3月14日閲覧。
  9. ^ Dick Hardt, Ed. "The OAuth 2.0 Authorization Framework"”. 2016年3月30日閲覧。
  10. ^ Michael B. Jones, Dick Hardt, "The OAuth 2.0 Authorization Framework: Bearer Token Usage"”. 2016年3月30日閲覧。
  11. ^ Authentication - Facebook Developers”. developers.facebook.com. 2011年11月28日閲覧。
  12. ^ Making auth easier: OAuth 2.0 for Google APIs”. googlecode.blogspot.com (2011年3月14日). 2011年11月28日閲覧。
  13. ^ Dare Obasanjo (2011年5月4日). “Announcing Support for OAuth 2.0”. windowsteamblog.com. 2011年11月28日閲覧。


「OAuth」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「OAuth」の関連用語

OAuthのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



OAuthのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリOAuthの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのOAuth (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS