O2Oとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > O2Oの意味・解説 

O2O

フルスペル:Online 2 Offline
読み方オーツーオー
別名:オンライン・ツー・オフラインオンライン2オフライン
【英】Online to Offline, On2Off, O to O

O2Oとは、主にEコマース分野で用いられる用語で、オンラインオフライン購買活動連携し合うこと、または、オンラインでの活動が実店舗などでの購買影響を及ぼすこと、などの意味の語である。

O2Oの例としては、オンライン商品価格仕様調べ上で店舗に赴き店頭商品購入する、オンライン配布されるクーポンを実店舗使用する、店頭用意された情報源からオンライン接続して商品サービス詳細情報アクセスする、位置情報連動させて近場店舗情報発信する、といった行動を挙げることができる。

O2Oの語は、「B2B」や「B2C」といった表記流れを汲んだ表記とされる。「B2B」は「Business to Business」の略であり、企業同士商取引を意味する。「B2C」は「Business to Customer」の略で、企業一般消費者との間の商取引を意味する。O2Oの場合は、オンラインオフラインとの間の連携融合といった意味合いを含む。

「O2O」の語で指し示される行動商取引流れそのものは、特に目新しい考え方ではなく、むしろEC黎明期からすでにある構想のひとつであるといえるかつてはクリック&モルタル」といった言葉で、オンラインと実店舗との連携融合が語られていた。2010年前後からO2Oが現実的手段として活用され始め改め注目を集めると共に、「O2O」がキーワードとして用いられるようになった

企業活動のほかの用語一覧
ビジネス戦略:  OEM  OLE POS  OLEオブジェクト  O2O  ODM  PMP  PDCAサイクル

オンライン・ツー・オフライン

(O2O から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/03 04:43 UTC 版)

オンライン・ツー・オフラインとは、インターネットなどのオンラインから店舗などのオフラインへ消費者を呼び込む施策。O2OO to OOn2Offなどと略される。




「オンライン・ツー・オフライン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「O2O」の関連用語











O2Oのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Kindle

V20 PRO L-01J

Microsoft Arc Mouse

Microsoft Arc Touch mouse

Wi-Fi STATION N-01H

Motorola Defy

超解像

繰り返し構造





O2Oのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリO2Oの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオンライン・ツー・オフライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS