連理とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 連理の意味・解説 

れん り [1] 【連理】

一本の木のが他の木のにつき、一本の木のように木理が同じになること。

連理

作者泡坂妻夫

収載図書代表作時代小説 39(平成5年度)
出版社光風出版
刊行年月1993.5

収載図書鬼子母像
出版社祥伝社
刊行年月1998.12

収載図書美女峠に星が流れる―時代小説傑作
出版社講談社
刊行年月1999.9
シリーズ名講談社文庫

収載図書鬼子母像
出版社光文社
刊行年月2003.2
シリーズ名光文社文庫


連理

読み方:れんり

  1. 夫婦の契を結ぶ事をいふ。長恨歌に「在天願作比翼鳥在地願為連理。」とある。〔情事語〕

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「連理」の関連用語

連理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



連理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2019 Weblio RSS