高橋名人とは?

Weblio 辞書 > 人名 > タレントデータベース > 高橋名人の意味・解説 

高橋名人

高橋名人の画像 高橋名人の画像
芸名高橋名人
芸名フリガナたかはしめいじん
性別男性
生年月日1959/5/23
星座ふたご座
干支亥年
出身北海道
URLhttp://16shot.jp/
ブログURLhttp://ameblo.jp/meijin16shot/
プロフィール1982年株式会社ハドソン入社し、1985年「第1回全国ファミコンキャラバン大会イベント名人称号確立ゲーム機コントローラ16連打する特技で子どもたち人気を得る。当時のファミコンブームを追い風に、イベントTVラジオ、映画などに多数出演名人キャラクター使用したゲームに『高橋名人の冒険島シリーズがあるほか、関連書籍レコードCDなど、多方面活躍
代表作品1テレビ東京おはようスタジオ
代表作品2年1986
代表作品2ゲーム高橋名人の冒険島
代表作品3書籍『ファミリーコンピュータ・ファミリーベーシックのわかる本』
職種文化人
趣味・特技ツーリング/映画鑑賞/16連射/辛い物を食べる/専門知識翻訳

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
北海道出身のタレント  樹原ゆり  石澤幸子  よっこ  高橋名人  梅村綾子  小林正典

高橋名人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/04 04:53 UTC 版)

高橋名人(たかはしめいじん、本名:高橋 利幸(たかはし としゆき)、1959年5月23日 - )は、日本のゲーム関係者、歌手。血液型はO型。ファミコン全盛期にハドソン所属の“ ファミコン名人 ”として一世を風靡した。




注釈

  1. ^ 一族の本家に生まれたため、簿記の習得を命じられたが、やりたいことではなかったので退学した。アルバイトで経験を積んでいたため、入社当初から責任者扱いという立場にあった[4]
  2. ^ アルバイトから含めれば四年、正社員では三年[5]
  3. ^ 手取りの給料が10万[6]の時期に、本体27万8000円、フロッピーディスクドライブ29万8000円、メモリー4万円、ドットプリンタ10万円、合計70万円以上の額をローンで購入。当時名人が買った中古のクルマが45万円で、それを遥かに越える金額だった[7]
  4. ^ 当時はアマチュア無線機器とパソコン用ゲーム関連事業が主だったが、後者が八割程度の売上を占めた[7]
  5. ^ 採用の決め手はプログラミングの技術だけではなく、面接前に偶然名人が勤める店を当時社長であった工藤裕司が訪れた際、屋外で果物などを販売していた名人の声の大きさに「こんな声がデカくて八百屋みたいなやつがこの業界に入ってきたら面白い」と思い、その印象が強く残っていた所に、面接に来た名人を見た社長は一発で採用した[8][9]
  6. ^ そもそもハドソンに入社した動機の一つは「家から近いこと」だったが、入社四日後に「東京に行け」と命じられ、出張のつもりであったのにそのまま東京に住むことになった。宣伝部に移っての最初期の仕事はファミリーベーシックの説明書作成[10]
  7. ^ 「看板に「ハドソンの高橋利幸さん来たる。『チャンピオンシップロードランナー』をどうのこうの」と書いてあるんですよ。」とすでに大物扱いであった[12]
  8. ^ 最初はラジオ体操の先生みたいなものとして考案された。しかし後述の項目における『しくじり先生』での発言もあり真相は不明。[13]
  9. ^ 当時ハドソンの宣伝部でファミコン担当は名人一人で、催しの内容も自身で考え出した[14]
  10. ^ また、それまでコロコロコミックに本名で登場していたが、この決定を受けて、翌月発売の号から高橋名人に切り替えられている。
  11. ^ ただし、同作は名人と札幌に関係づけて出鱈目な創作を繰り広げた作品であった。なお、ゲーム『高橋名人の冒険島』シリーズはその後もファミコン、スーパーファミコンで発売されている。ちなみに『高橋名人の冒険島IV』は、ファミコン最終作品として1994年6月24日に発売された。
  12. ^ 電子音楽であるテクノゲームミュージックはその距離が近く、欧米ではデモシーンを通じてクラブなどで格好のいい音楽として子供だけでなく若者に受けていた。その流れはチップチューンとして花開いていく。
  13. ^ なお、名人という役職だが、事実上はコンシューマコンテンツ事業本部宣伝部部長
  14. ^ ハドソン自体は半年後にコナミに吸収され消滅した[24]。その際には以下のように述べ、元同僚達の身を案じている。「ところで、昨日、ハドソンが吸収というニュースが入ってきました。私たちリストラ組がやめる直前に開催した飲み会で、そんなことになるんだろうなぁと話してましたがまさにそうなったんだなぁという感触です。今後、ブランドが残るかどうかわかりませんが、昨年末までには、東京のメンバー全員がコナミに転籍していた様なので、あまり驚く程のことではないと思います。ブランドを残すのも大事ですが、それ以上に、働いていたみんながどうなるのか?が大事だと思います。会社あっての社員ですが、社員あっての会社でもありますから…とにかく、残った社員の方には、頑張って貰いたいなと思います。」[25]
  15. ^ 髪を後ろで束ねるようになったのは、1990年に入ってからで、メイクの人が面倒臭いと縛ったのが気に入ったため[32]
  16. ^ なお、実際はファミコンの処理速度の問題があり、16回ボタンを押したからといって確実に16発の弾が出るわけではない[34]
  17. ^ 夏休みの催しとして行われたシューティングキャラバンでは、『スターソルジャー』を基に連打回数の測定のみを目的としたソフトも登場した(ただし展示のみであり、市販はされていない)。
  18. ^ 毛利名人と対戦した映画でもっとも早い連射のフィルムをコマ送りで数えた結果[36]
  19. ^ 2005年12月8日テレビ朝日の深夜番組『やぐちひとり』に出演した際には、12連射であった。その後「あぁ…全然駄目だ恥ずかしい」との発言を残している。のちの2006年8月にPodcastによるインターネットラジオ内で行った10秒間の連打数計測では、1回目が127回、2回目は125回(12.5 - 12.7連打/秒)の記録であった。また、2008年3月28日Wiiウェアで配信された『スターソルジャーR』の記念イベントで連打に挑戦し、12.3連打/秒を記録している。2011年7月4日にニコニコ生放送内でシュウォッチで計測した際には121回(12.1連打/秒)であった
  20. ^ 2017年5月28日放送『しくじり先生』によると指を突いた瞬間に圧搾空気が出るようにしたもの
  21. ^ 病院に行かなかったことから明確な理由は不明であるものの、この症状は彼の人生でこの時限りだったとのこと。
  22. ^ これは仕事に関わったすべての人間にも均等に分けられた上、年俸制であった事からボーナスも無かったからだと打ち明けている。
  23. ^ 原人は果物で体力回復し、ミルクで体力が全て回復する。本人も果物は好きであるが、牛乳はお腹を壊してしまうため飲めない(ラクターゼのない体質と考えられる[誰によって?])そうである。なお、パワーダウンアイテムに設定されているナスは、「こすり合わせたときの音が嫌い」なだけで平気で食べることができる。
  24. ^ なお、この日は大阪で商談があったため、私服である普段とは違いスーツ姿で出勤していた。
  25. ^ この件でインターネットでのアクセスが百万越えたため、会社のサーバーが落ちてしまったという[30]
  26. ^ 「「みんながこれから覚えなきゃいけない遊びはもっといっぱいあるのに、テレビゲームしか遊んでなくていいの?」という点が重要なんです。例えば小学生だと、かくれんぼや鬼ごっことかいう遊びがあるわけです。」「子供たちが成長する過程で、鬼ごっこで外を走ったり、かくれんぼでどこかに隠れたりと、いろんな遊びで知恵をつけてほしいのですが、そういう時期にテレビゲームだけというのは良くないと思うのです。」[42]
  27. ^ 1985年7月26日、福岡のダイエー香椎店にて行われたゲーム大会「ゲームキャラバン」で、高橋名人が即興で語ったのが最初である。
  28. ^ 先述の『しくじり先生』出演時の発言によれば、その時はイベントがあったことから役員会に呼び出しされなかったものの今後の処遇をどうするかという話が出てたとのこと
  29. ^ 「レベルX」展(2003〜4年に東京都写真美術館で展示)については、[45][46]を参考。対談は展示企画者とのもの。
  30. ^ 「今回このようにゲームの展覧会として開催し、多くの人が見に来たということは、それなりにゲームが文化としてある程度認知されてきていると思うんですよ。僕は昔から「ゲームは1日1時間」と言い続けてきましたが、その真意はゲームを文化にしたかったからなんですよ。一時のブームで終わってしまわないように、長く続けて行きたかったが為にポンッと出た標語みたいなもんだったんですが、今となっては意味深い標語になったなと我ながら思っています(笑)。でもこうして改めて「レベルX」展を見て、少しはゲームを文化として認めてもらうのに役に立ったのかななんて思います。そう言った意味で今回の「レベルX」展はゲーム文化を再認識させてくれたんじゃないかなと思います」[44][注 29]
  31. ^ 昔、私は「テレビゲームは文化になる」と言って笑われましたが、今、ゲームはまさに日本が発信する文化になりました。80年代半ばの創成期から、子供たちと「テレビゲーム」という遊びを共有し続けてこられたことが私の宝です。この宝物をこのままで終わらせたくないと思っています。」[10]
  32. ^ 番組のマスコットキャラクター「わくちん」(の着ぐるみ、中の人はアナウンサー横井健一)とWiiで対決し、名人は2連敗してしまった。その後、札幌のスタジオに登場しFC「忍者ハットリくん」の裏技を披露した。
  33. ^ 「アグレッシブであいましょう」という憧れの人と対面する企画で小坊師秀暁(あかぼし☆こぼし)が会いに行った。

出典

  1. ^ 「プロのゲーマーといえば“魂の16連射!!”の高橋名人くらいしか思い浮かばない」賞金総額10億円! 世界はコンピューターゲーム“eスポーツ”で盛り上がる ――プロゲーマーという職業(前編)| nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
  2. ^ e-sports促進機構 | 機構概要 2017年2月22日確認
  3. ^ 登録番号 第4994766号
  4. ^ 「テレビゲームとともに〜高橋名人の25年〜」 p.2
  5. ^ a b 高橋 (2009) 4-5頁 年表
  6. ^ 高橋 (2009) 24頁
  7. ^ a b c “高橋名人”という社会現象――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(前編) (1/5) - Business Media 誠
  8. ^ 「テレビゲームとともに〜高橋名人の25年〜」 p.1
  9. ^ a b c 「加藤シンペーと話そう 第一回 高橋名人」 加藤 慎平 オフィシャルウェブサイト
  10. ^ a b 「テレビゲームとともに〜高橋名人の25年〜」 p.3
  11. ^ “高橋名人”という社会現象――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(前編) (2/5) - Business Media 誠
  12. ^ a b c “高橋名人”という社会現象――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(前編) (3/5) - Business Media 誠
  13. ^ もとラジ!第127話 高橋名人特集 12:30
  14. ^ もとラジ!第127話 高橋名人特集 13:30
  15. ^ 16連射、ゲームは1日1時間の裏側――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(後編) (5/5) - Business Media 誠
  16. ^ a b c d “高橋名人”という社会現象――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(前編) (4/5) - Business Media 誠
  17. ^ 東京新聞 1985年12月23日
  18. ^ a b “高橋名人”という社会現象――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(前編) (5/5) - Business Media 誠
  19. ^ 高橋 (2009) p.44-45
  20. ^ 高橋 (2009) p.46-47
  21. ^ HUDSON DIGITAL EXPRESS vol.20 編集後記
  22. ^ “ハドソンの高橋名人、役職も正式に“名人”に就任”. ITmedia. (2006年11月6日). http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0611/06/news062.html 2011年5月23日閲覧。  - 名刺の画像が見られる。
  23. ^ 高橋名人はいつまでも“名人”です――転職してみてどうですか?”. ITmedia (2011年6月1日). 2011年6月9日閲覧。
  24. ^ 株式会社コナミデジタルエンタテインメント 旧ハドソンindex 2014年4月21日閲覧
  25. ^ 高橋名人 (2012年1月18日). “高橋名人オフィシャルブログ「16連射のつぶやき」”. 26日は、うちやえゆかさんがゲストです. 2012年1月21日閲覧。
  26. ^ 高橋名人がゲームプレゼンテーターとしてMAGES.に入社! - ファミ通.com
  27. ^ 高橋名人が代表取締役名人に就任――ゲームに関わるすべての業務を行う株式会社ドキドキグルーヴワークス設立 - ファミ通.com
    高橋名人:代表取締役名人に ゲーム新会社経営に乗り出す - MANTANWEB(まんたんウェブ)
  28. ^ 世界にドキドキを!|高橋名人オフィシャルブログ「16連射のつぶやき」
  29. ^ 一般社団法人 e-sports 促進機構|高橋名人オフィシャルブログ「16連射のつぶやき」
  30. ^ a b c d 鳥海鶏太のミュージック・シーバード 第138回『ファミソン8BIT SP~ゲームソング編』特集!! 2014年03月19日 | Blue-radio.com
  31. ^ HUDSON DIGITAL EXPRESS vol.16 編集後記
  32. ^ もとラジ!第127話 高橋名人特集 5:00
  33. ^ HUDSON DIGITAL EXPRESS vol.15 編集後記
  34. ^ a b 高橋名人の16連射は無意味?当時のファミコンでは、16連射は意味無かった…!?|高橋名人オフィシャルブログ「16連射のつぶやき」
  35. ^ 高橋名人 『公式16連射ブック 高橋名人のゲームは1日1時間』 p.108
  36. ^ 高橋名人 『公式16連射ブック 高橋名人のゲームは1日1時間』 pp.70-71
  37. ^ 2011年8月18日ニコニコ生放送内にて本人談
  38. ^ 16連射、ゲームは1日1時間の裏側――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(後編) (2/5) - Business Media 誠
  39. ^ 『16SHOT RADIO』での名人本人の言葉
  40. ^ ニコニコ動画「ゲッチャ」2010年12月22日放送分、11分頃から
  41. ^ ニコニコ動画「ゲームのじかん 8月19日」
  42. ^ a b c d e 16連射、ゲームは1日1時間の裏側――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(後編) (4/5) - Business Media 誠
  43. ^ a b 16連射、ゲームは1日1時間の裏側――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(後編) (1/5) - Business Media 誠
  44. ^ H.D.exp vol.9「レベルX」展を終えて 対談特集
  45. ^ ファミコンが築いたテレビゲームの歴史を一挙に展示!「レベルX」レポート - 電撃オンライン
  46. ^ ゲームの展覧会"レベルX"が開幕 - ファミ通.com
  47. ^ 「ゲームは1日1時間」は正しかった?オックスフォード大学の研究結果より | インサイド
  48. ^ 「テレビゲームとともに〜高橋名人の25年〜」 p.7
  49. ^ もとラジ!第127話 高橋名人特集 23:10
  50. ^ 16連射、ゲームは1日1時間の裏側――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(後編) (3/5) - Business Media 誠
  51. ^ 「Shooting Game Side Vol.01」内インタビュー
  52. ^ もとラジ!第127話 高橋名人特集 15:00
  53. ^ 「テレビゲームとともに〜高橋名人の25年〜」 p.4
  54. ^ 「特報 ファミコン 20年目のゲームオーバー そして伝説へ 昨年の出荷 6万台でも 部品調達に限界」 - 『中日新聞』2003年6月10日 夕刊3面
  55. ^ 「子ども社会もピッピッピッ 情報化」『朝日新聞』1987年1月1日付東京朝刊、15面。
  56. ^ 2017年5月28日放送『しくじり先生 俺みたいになるな!!』
  57. ^ 2013年1月18日(17日深夜)放送分の『夜遊び三姉妹』にて、本人が発言。
  58. ^ ゲームセンターCX「#5 スターフォース」に飛び入り出演した際の発言。
  59. ^ “札幌の娯楽の聖地「スガイディノス閉店」 100年の歴史に幕”. 北海道新聞. (2019年6月3日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/311308 2019年6月4日閲覧。 
  60. ^ “高橋名人「娯楽教えてくれた」札幌のスガイディノス閉店”. 朝日新聞. (2019年6月3日). https://www.asahi.com/articles/ASM63064SM62IIPE01W.html 2019年6月4日閲覧。 
  61. ^ HUDSON DIGITAL EXPRESS vol.12 編集後記
  62. ^ 「DNA(記憶)を震わせてくれ! 高橋名人☓桃井はるこ」 『ファミソン8BIT SP~ゲームソング編』ライナーノーツ
  63. ^ 『ファミソン(R)8BIT SP~ゲームソング編』、高橋名人×桃井はるこスペシャル・インタビューが到着!|リスアニ!WEB
  64. ^ “バラエティ番組「しくじり先生」に高橋名人が登場! 「実はゲームが超下手」と語る名人が実行した“妙案”とは…”. INSIDE (株式会社イード). (2017年5月23日). https://www.inside-games.jp/article/2017/05/23/107351.html 2017年5月23日閲覧。 
  65. ^ STAFF&CAST”. BTOOOM!公式サイト. 2012年10月20日閲覧。
  66. ^ Inc., Aetas「PS4「LET IT DIE」がいよいよ日本,そしてアジアに上陸。日本版の出演声優が発表された「LET IT DIE ジャパンプレミア」をレポート」『』。2018年7月26日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高橋名人」の関連用語

高橋名人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高橋名人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高橋名人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS