スタックスネットとは? わかりやすく解説

Stuxnet

読み方:スタックスネット

Stuxnetとは、2010年イラン中心とする中東各地域発見された、標的型攻撃を行うマルウェア通称である。イランの原子力施設制御システムダウンさせたことで知られる

Stuxnetは、ドイツのシーメンス開発した産業用機器制御システム攻撃対象とする。物理的な機器破損稼動停止引き起こした初めてのマルウェアであると言われており、実際にイランの原子力施設における1000近く遠心分離機がStuxnetの侵入を受けて稼動停止陥った

StuxnetはインターネットおよびUSBフラッシュメモリなどを媒介して感染活動を行う。Windows未知の脆弱性複数利用しており、コード分量一般的なマルウェア数十倍に及ぶなど、複雑・高度な技術によって作られているとされている

2012年5月には、中東地域で「Flameウィルス」と通称されるマルウェア確認されたFlameウィルスはStuxnetの20倍ものコード分量持ちこれまで発見されマルウェアの中でも最も複雑・高度であるといわれている。


参照リンク
新しいタイプの攻撃「Stuxnet(スタックスネット)」って何だ? - (独立行政法人中小企業基盤整備機構 デジステーション)
Stuxnet攻撃がエネルギー業界にもたらした意味 - (McAfee Blog

スタックスネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 22:52 UTC 版)

スタックスネット (W32/Stuxnet) は、Microsoft Windowsで動作するコンピュータワームである。インターネット接続が無いスタンドアローンコンピュータシステムも、USBストレージを経由して感染する。ネットワーク経由の攻撃に対して比較的安全とされていた産業用制御システムに感染して実害[1]を及ぼし、イランの核施設を標的とした攻撃[1]で広く知られた。2011年秋に出現したトロイの木馬マルウェアであるドゥークー英語版フレイムは、スタックスネットから派生した[2]と推察される。


  1. ^ a b c 小熊 信孝 (2011年2月18日). “Stuxnet―制御システムを狙った初のマルウエア― (PDF)”. 2011年11月30日閲覧。
  2. ^ 日経BPITpro (2011年11月2日). “謎の多いマルウエア「Duqu」”. 2011年11月30日閲覧。
  3. ^ MS10-046, http://support.microsoft.com/kb/2286198/ja 
  4. ^ Liam O Murchu (2010年9月15日). “Stuxnet がさらに3件のゼロデイ脆弱性を悪用”. 2011年11月30日閲覧。
  5. ^ nonfiction J (2011年2月7日). “サイバー戦争は始まっている スタックスネットの衝撃〈1〉”. 2011年11月30日閲覧。
  6. ^ “イラン、産業用コンピューター3万台がウイルス感染”. 日本経済新聞. (2010年9月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2601W_X20C10A9000000/ 
  7. ^ nonfiction J (2011年2月14日). “サイバー戦争は始まっている スタックスネットの衝撃〈2〉”. 2011年11月30日閲覧。
  8. ^ David Albright, Paul Brannan, and Christina Walrond (2011年2月15日). “Stuxnet Malware and Natanz - Update of ISIS December 22, 2010 Report” (英語). 2012年6月11日閲覧。
  9. ^ “発電所サーバーなど攻撃、日本でも新種ウイルス”. 読売新聞. (2010年10月4日). オリジナルの2014年1月4日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/qm340 
  10. ^ “坂村健の目:スタックスネットの正体”. 毎日jp (毎日新聞). (2012年6月19日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/MVCOI 
  11. ^ Edward Snowden Interview: The NSA and Its Willing Helpers” (英語). SPIEGEL ONLINE (2013年7月8日). 2013年11月11日閲覧。


「スタックスネット」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スタックスネットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スタックスネットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリStuxnetの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスタックスネット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS