サイバーマンデーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > サイバーマンデーの意味・解説 

サイバーマンデー

英語:Cyber Monday

サイバーマンデーとは、アメリカネット通販オンラインショッピング業界年末ホリデーシーズン直前の特別大売り出しが始まる日。オンライン年末商戦最大書き入れ時となっている。

サイバーマンデーの実施日は「アメリカ感謝祭11月の第4木曜日)の翌週月曜日」となっており、具体的な月日その年その年で違ってくるが、だいたい11月最終週から12月初週の間である。

2019年のサイバーマンデーは12月2日月曜日)。
2020年のサイバーマンデーは11月30日月曜日)。
2021年のサイバーマンデーは11月29日月曜日)。

アメリカでは、感謝祭翌日11月の第4金曜日)に、全国小売店大々的に特別大売り出しが始まる。この日は伝統的に「ブラックフライデー」と呼ばれている。ブラックフライデーは実店舗における書き入れ時である。ブラックフライデー目当て商品を買いそびれた人の中には週明け月曜オンライン目当て商品を買うに至るケース多く、これがサイバーマンデーとして定着したとされる

サイバーマンデーはアメリカでは2000年代半ば以降定着した。日本でも Amazon.co.jp大々的セールを催すなどしており、2010年代半ば頃から認知度高めつつある。

サイバー‐マンデー【cyber monday】

米国などで、感謝祭11月第4木曜日)の連休明け月曜日のこと。クリスマス準備始まり職場などでオンラインショッピングをする人が多いため、売上高突出する日として知られる。→ブラックフライデーグリーンマンデー


サイバーマンデー

【英】Cyber Monday

サイバーマンデーとは、米国毎年11月第4木曜日催される感謝祭Thanksgiving Day)の翌週月曜日通称である。

米国では、感謝祭翌日金曜日年末商戦開始日で、同時に最も商戦激しい日となっており、通称ブラックフライデー呼ばれている。ブラックフライデー祝日土曜・日曜に挟まれて休日とされる場合が多い。サイバーマンデーは、週末連休明け出社したビジネスパーソンが、職場通信回線利用してオンラインショッピング利用することで、売上突出するのだと言われている。

サイバーマンデーはオンラインショッピング業界ブラックフライデー、あるいはオンライン年末商戦などと呼ばれており、米国ではブラックフライデーと並ぶ商戦山場となっている。


サイバーマンデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/25 08:06 UTC 版)

サイバーマンデー英語: Cyber Monday)とは、アメリカ合衆国感謝祭11月の第4木曜日)の次の月曜日を指す。この日は、オンラインショップ等におけるホリデーシーズンのセールの開始日であると2010年代半ば頃まで考えられており、各社が大々的なキャンペーンを実施し売上が急増する。




「サイバーマンデー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サイバーマンデー」の関連用語

サイバーマンデーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サイバーマンデーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサイバーマンデーの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイバーマンデー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS