大石とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > > 大石の意味・解説 

おお‐いし〔おほ‐〕【大石】

読み方:おおいし

大きな石。


おおいし〔おほいし〕【大石】


たい‐せき【大石】

読み方:たいせき

大きな石。おおいし

囲碁で、長く連結している石。まだ完全に目をつくってない場合をさすことが多い。「―が死ぬ」


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

太平洋無人島

所在 三重県尾鷲市須賀利町

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 山形県上山市


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 徳島県阿波市


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 高知県長岡郡本山町


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 福岡県筑紫野市


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 福岡県福津市


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 福島県大沼郡会津美里町


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 新潟県十日町市


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 新潟県魚沼市


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 新潟県岩船郡関川村


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 山梨県南都留郡富士河口湖町


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 岐阜県不破郡垂井町


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 静岡県菊川市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 兵庫県(阪神電気鉄道阪神本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

大石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 07:19 UTC 版)

大石(おおいし、おいし、たいせき)




「大石」の続きの解説一覧

大石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 02:17 UTC 版)

キャプテン (漫画)」の記事における「大石」の解説

投手右投げ右打ち背番号13

※この「大石」の解説は、「キャプテン (漫画)」の解説の一部です。
「大石」を含む「キャプテン (漫画)」の記事については、「キャプテン (漫画)」の概要を参照ください。


大石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 05:50 UTC 版)

銀牙伝説WEEDオリオン」の記事における「大石」の解説

秀俊後輩秀俊、陣ェ門、大輔ヘリコプター乗せた

※この「大石」の解説は、「銀牙伝説WEEDオリオン」の解説の一部です。
「大石」を含む「銀牙伝説WEEDオリオン」の記事については、「銀牙伝説WEEDオリオン」の概要を参照ください。


大石(おおいし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 22:48 UTC 版)

今日から俺は!!」の記事における「大石(おおいし)」の解説

高で剣道部所属していて2段腕前を持つ。三橋のことは想像しただけで凍りつくほど恐れているが、伊藤のことは「単独だと大したこと無しと言って侮り竹刀なぶり者にする。しかし、意地の塊になった伊藤丸太反撃される。また、それをいちいち笑い者にしてくる今井にも困惑している。

※この「大石(おおいし)」の解説は、「今日から俺は!!」の解説の一部です。
「大石(おおいし)」を含む「今日から俺は!!」の記事については、「今日から俺は!!」の概要を参照ください。


大石(おおいし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 01:43 UTC 版)

まじかる☆タルるートくん」の記事における「大石(おおいし)」の解説

本丸たちの担任教師温厚な性格頭髪の色が原因で本丸鬼頭叱られていた時もすぐに戻るように指示し鬼頭弁解した

※この「大石(おおいし)」の解説は、「まじかる☆タルるートくん」の解説の一部です。
「大石(おおいし)」を含む「まじかる☆タルるートくん」の記事については、「まじかる☆タルるートくん」の概要を参照ください。


大石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 04:36 UTC 版)

かっちぇる♪」の記事における「大石」の解説

中年男性教諭数学教師2年の頃からは礼子担任務める。非常に厳格な性格で、常に「ダメ人間」と詰られている礼子にとっては「天敵」。また、それ以外生徒福美先生からも苦手とされており、その顔立ちから「馬」と陰口叩かれている。しかしその一方で、生徒のことを真剣に考えており、2年の時は受け持ちとなった礼子との2者面談では彼女の成長感じ取り、認めたりする所もある。

※この「大石」の解説は、「かっちぇる♪」の解説の一部です。
「大石」を含む「かっちぇる♪」の記事については、「かっちぇる♪」の概要を参照ください。


大石(おおいし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 01:19 UTC 版)

イニシエーション・ラブ」の記事における「大石(おおいし)」の解説

鈴木友人合コン参加者あだ名がっちゃん

※この「大石(おおいし)」の解説は、「イニシエーション・ラブ」の解説の一部です。
「大石(おおいし)」を含む「イニシエーション・ラブ」の記事については、「イニシエーション・ラブ」の概要を参照ください。


大石(おおいし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 09:07 UTC 版)

近江連合」の記事における「大石(おおいし)」の解説

鬼仁会構成員他の構成員たちをまとめる立場におり、任務失敗際に責任取らされたのか、登場する度に顔に傷が増えていく。戦闘ではサプレッサー付きの銃を使用する西谷命令を受けてマコト連れ去ろうとほぐし快館に構成員たちと押し寄せるが、その場に偶然居合わせた真島邪魔されマコト連れて逃げた真島再度襲うも敗北するその後グランドの前でマコト居場所聞き出そう真島を襲うが返り討ちにされ、逆にマコトを狙う理由白状させられそうになったところに佐川現れたことで事なきを得るその後はまたもグランドの前で真島前に現れ真島興味を持った西谷グランド待っていることを伝えた

※この「大石(おおいし)」の解説は、「近江連合」の解説の一部です。
「大石(おおいし)」を含む「近江連合」の記事については、「近江連合」の概要を参照ください。


大石(おおいし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 16:33 UTC 版)

マエ持ち女二人組」の記事における「大石(おおいし)」の解説

芭子の家の斜向かいに住む老夫妻。夫は口うるさい偏屈ジジイとして界隈でも有名だが、単に曲がったこと嫌いな頑固者なだけである。妻は度々芭子に料理おすそ分けしてくれる。

※この「大石(おおいし)」の解説は、「マエ持ち女二人組」の解説の一部です。
「大石(おおいし)」を含む「マエ持ち女二人組」の記事については、「マエ持ち女二人組」の概要を参照ください。


大石(おおいし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 05:43 UTC 版)

BM ネクタール」の記事における「大石(おおいし)」の解説

完の学校熱血体育教師動かなくなったB・M6年生3人組近づくが、再び動き出しB・M襲われ死亡

※この「大石(おおいし)」の解説は、「BM ネクタール」の解説の一部です。
「大石(おおいし)」を含む「BM ネクタール」の記事については、「BM ネクタール」の概要を参照ください。


大石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 09:43 UTC 版)

風光る (七三太朗・川三番地の漫画)」の記事における「大石」の解説

Aランク校(多摩川Cランク)、村上学園の5番エース野球王国四国No.1防御率を誇る投手羽田同じくらい速球をもち、多彩な変化球投球術人を食ったような投球見せる。1回戦多摩川前に立ちはだかるが、最後はゆたかを色眼鏡で見てしまい、サヨナラ満塁ホームラン打たれた。それ以来、ゆたかが最後の打席松井秀喜真似をしたことから、ゆたかのことを『ミニラ』と呼んでいる。村上学園は、多摩川南東予選5回戦戦った京浜高校2年前に甲子園対戦1点差で涙を呑んでいる。

※この「大石」の解説は、「風光る (七三太朗・川三番地の漫画)」の解説の一部です。
「大石」を含む「風光る (七三太朗・川三番地の漫画)」の記事については、「風光る (七三太朗・川三番地の漫画)」の概要を参照ください。


大石(おおいし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:36 UTC 版)

丹後町の離村・廃村」の記事における「大石(おおいし)」の解説

宇川支流大石川渓谷沿いの西側位置した長谷(ながたに)」とも呼ばれた集落で、1900年明治33年)に弥栄町野間から丹後町移管した。南に弥栄町隣接し京都府道網野線が集落中央東西貫通する1950年昭和25年)には9戸38人が暮らし、主に農林業営まれていたが、1958年昭和38年)の三八豪雪を機に離村相次ぎ、1965年昭和40年)には7戸31人となり1970年昭和45年)には5戸27人、1975年昭和50年)に2戸12となって、ついに1978年昭和53年)に全戸離村した。離村拍車をかけたのは三八豪雪であった跡地荒廃一途辿っている。2004年平成16年以降の行政手続上の地名は「丹後町大石」。

※この「大石(おおいし)」の解説は、「丹後町の離村・廃村」の解説の一部です。
「大石(おおいし)」を含む「丹後町の離村・廃村」の記事については、「丹後町の離村・廃村」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大石」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「大石」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



大石と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大石」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大石のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキャプテン (漫画) (改訂履歴)、銀牙伝説WEEDオリオン (改訂履歴)、今日から俺は!! (改訂履歴)、まじかる☆タルるートくん (改訂履歴)、かっちぇる♪ (改訂履歴)、イニシエーション・ラブ (改訂履歴)、近江連合 (改訂履歴)、マエ持ち女二人組 (改訂履歴)、BM ネクタール (改訂履歴)、風光る (七三太朗・川三番地の漫画) (改訂履歴)、丹後町の離村・廃村 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS