大石とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > > 大石の意味・解説 

おおいし〔おほいし〕【大石】


たい‐せき【大石】

大きな石。おおいし

囲碁で、長く連結している石。まだ完全に目をつくっていない場合をさすことが多い。「大石が死ぬ」


おお‐いし〔おほ‐〕【大石】

大きな石。


おいし おひし 【大石】

〔名〕 大きい石。海岸大きい石。

古事記(712)中・歌謡「神風(かむかぜ)の 伊勢の海の 意斐志(オヒシ)に 這(は)ひ廻(もとほ)ろふ 細螺(しただみ)の い這ひ廻り 撃ちてし止まむ


おお‐いし おほ‥ 【大石】

〔名〕 大きな石。岩(いわ)。たいせき

書紀720神武即位戊午年一〇月・歌謡神風(かむかぜ)の 伊勢の海の 於費異之(オホイシ)にや い這(は)ひ廻(もとほ)る 細螺(しただみ)の」


おおいし おほいし 【大石】

姓氏一つ


たい‐せき【大石】

〔名〕

大きな石。おおいし。巖(いわお)。

正法眼蔵123153行持下「石頭大師は、艸を大石にむすびて、石上坐禅す」〔新唐書李嗣業伝〕

囲碁で、石数の多い石。一般には、まだ完全におさまってない場合をさすことが多い。

咄本軽口露がはなし(1691)五「大石(タイセキ)死にたる所を、『一手みせよ』といへば、中々見せるけしきはなし


タージー【大食・大石・多氏】

〔名〕 (イラン Tāzī, Tājik の音訳) 唐宋時代中国人サラセン人アラビア人イスラム教徒対す呼称


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

太平洋無人島

所在 三重県尾鷲市須賀利町

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 山形県上山市


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 徳島県阿波市


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 高知県長岡郡本山町


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 福岡県筑紫野市


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 福岡県福津市


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 福島県大沼郡会津美里町


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 新潟県十日町市


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 新潟県魚沼市


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 新潟県岩船郡関川村


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 山梨県南都留郡富士河口湖町


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 岐阜県不破郡垂井町


大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 静岡県菊川市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

大石

読み方:オオイシ(ooishi)

所在 兵庫県(阪神電気鉄道阪神本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

大石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 07:19 UTC 版)

大石(おおいし、おいし、たいせき)




「大石」の続きの解説一覧



大石と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大石」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS