ノイジーマイノリティとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ノイジーマイノリティの意味・解説 

ノイジーマイノリティ

英語:noisy minority

派閥の中で、決して多数派ではないものの、声高主張繰り返すことで大いに目立ち、印象残りやすい派。

ノイジーマイノリティに対して母集団の中で大きな割合占め多数派であるが、その誰もがあまり発言をしない層を「サイレントマジョリティ」という。

ノイジー・マイノリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/31 19:41 UTC 版)

ノイジー・マイノリティ: noisy minority)またはラウド・マイノリティ: loud minority)とは、「声高な少数派」「声だけ大きい少数者」[1]である。




「ノイジー・マイノリティ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ノイジーマイノリティ」の関連用語

ノイジーマイノリティのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ノイジーマイノリティのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノイジー・マイノリティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS