サイレント・マジョリティとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > マジョリティ > サイレント・マジョリティの意味・解説 

サイレント・マジョリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/06 21:33 UTC 版)

サイレント・マジョリティ: silent majority)とは、「静かな大衆」あるいは「物言わぬ多数派」という意味で、積極的な発言行為をしない一般大衆のこと[1]


  1. ^ a b 「サイレント・マジョリティ」とは?~今さら人に聞けないマーケティング用語をおさらい!” (日本語). TECH+.  マイナビ (2013年3月7日). 2022年7月19日閲覧。
  2. ^ 「中央公論 第5~6号」p61,1996年
  3. ^ a b : Fraser, Steve; Gerstle, Gary (1989). The Rise and fall of the New Deal order, 1930–1980. Princeton University Press. p. 263. ISBN 0-691-00607-5.
  4. ^ a b 左傾化する若者「ジェネレーションレフト」の祖先 | アメリカ” (日本語). 東洋経済オンライン (2021年12月30日). 2022年7月19日閲覧。
  5. ^ Nixon’s Silent Majority Speech”. watergate.info. 2019年4月16日閲覧。
  6. ^ 「知の巨人たち」 第2回 ひとびとの哲学を見つめて~鶴見俊輔と「思想の科学」~(2014年7月12日放送)”. NHK. 2019年7月8日閲覧。
  7. ^ 『朝日新聞』1990年5月30日付朝刊、29面、「声なき声の会 30年前アンポがあった」。
  8. ^ 岩垂弘「声なき声:1 反安保デモに合流」 『朝日新聞』1988年6月13日付夕刊、3面。
  9. ^ 岩垂弘「声なき声:6 ベ平連誕生の礎に」 『朝日新聞』1988年6月18日付夕刊、3面。
  10. ^ [岩田太郎]【"声なき多数派"、安倍政権支持に傾くか?】~安保可決後の民意はどこへ 1~”. NEXT MEDIA "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス] (2015年7月17日). 2020年6月2日閲覧。
  11. ^ マクロン改革、既得権崩す 仏大統領就任1年” (日本語). 日本経済新聞 (2018年5月10日). 2020年6月2日閲覧。
  12. ^ a b 米国デモ・暴動が結局「トランプ再選」をサポートするという現実(大原 浩) @gendai_biz” (日本語). 現代ビジネス. 2022年7月19日閲覧。


「サイレント・マジョリティ」の続きの解説一覧

サイレント・マジョリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 05:44 UTC 版)

レジェンド・オブ・レギオス」の記事における「サイレント・マジョリティ」の解説

ソーホ 声 - 立花慎之介アルケミスト1人異民への対処目的設立された「サイレント・マジョリティ」の責任者昔は絶界探査計画研究所探査員の肉体強化担当していた研究者で、アイレインの友人だった。ジャニス好意抱いていたが、仕事上の間を超えるような関係にはなれなかった。 レヴァ サイレント・マジョリティが開発したナノセルロイド1号機正式名称は「マザーIレヴァンティン」。オーロラ粒子エネルギーとして吸収し、そのエネルギー用いて電撃放つ事ができる。異民対峙する際は対峙する異民発するオーロラ粒子エネルギー変化する事ができ、対異民用の兵器として最適ソーホ嗜好により基本的な形態はジャニス・コートバックに酷似している。後に鋼殻のレギオス』の世界登場する後に分離マザーIIカリバーン」「分離マザーIIIドゥリンダナ」「分離マザーIVハルペー」の3体と、量産型の「ポーン」が開発された。 ハルペー 絶縁空間探査目的としたナノセルロイド4号機レヴァ作り出したカリバーン作り出したドゥリンダナにより作り出され、4体の中では最も人の残留思念残さないナノセルロイドソーホの体を乗っ取りオーロラ・フィールド次々と崩壊させたイグナシス人類の敵見なしナノセルロイド進化型である「クラウドセル」となってイグナシス敵対西洋の竜のような姿になり、イグナシスに従う3体のナノセルロイドと戦う。

※この「サイレント・マジョリティ」の解説は、「レジェンド・オブ・レギオス」の解説の一部です。
「サイレント・マジョリティ」を含む「レジェンド・オブ・レギオス」の記事については、「レジェンド・オブ・レギオス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サイレント・マジョリティ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



サイレント・マジョリティと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サイレント・マジョリティ」の関連用語

サイレント・マジョリティのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サイレント・マジョリティのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイレント・マジョリティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのレジェンド・オブ・レギオス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS