リア充とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > リア充の意味・解説 

リア充

読み方:リアじゅう

リア充(りあじゅう)とは、リアル現実)の生活が充実している人を指すネットスラングのこと。

言葉自体は、2005年頃に2ちゃんねるで広まり認識され、インターネット上のコミュニティ入り浸る者が、現実生活が充実ていないことを自虐的表現するための造語だった。「リアル充実組」と呼ばれていたが、2006年初頭に今の「リア充」の形として使われ始めた。2007年には「ネット流行語大賞」では21位となり、2011年には女子中高生ケータイ流行語大賞金賞選ばれるまでに普及し、ギャル語として確固たる地位獲得するに至った。

言葉生まれ当初は、友達1人でもいればリア充とされたが、インターネット利用者母数増えるにつれ、「恋人友人付き合い恵まれる」「サークル活動飲み会参加する」「オタク以外の趣味を楽しむ」など、広義の意味で使用されるようになった。「リア充爆発しろ」とは、リア充な人に対し嫉妬羨望込め一方的非難するセリフで、こちらもネットスラングである。

例文
友達にも恋人にも家族にも恵まれて、今の私はリア充だなと我ながら思う。
大学入学すればリア充になれるかと思ったけれど、現実はそう甘くはなかった。
・リア充になりたくて、無理してサークル活動飲み会頻繁に行ってみたけれど、やっぱり私には向いていないみたいだ

金持ち」はリア充でいるための要素一つかもしれないが、そのことが「充実」と結びつくとは限らないだめ、言葉の定義はリア充とは異なる。対義語としては、「非リア充」「オタ充」が挙げられる。 

リア‐じゅう【リア充】

《「リアル現実の生活)が充実している」の略》ブログSNSなどを通した関係ではなく実社会における人間関係趣味活動を楽しんでいること。または、そのような人。インターネット上などで使われる俗語


リア充

読み方リアじゅう

リア充とは、インターネットスラング一種で、現実の生活が充実している様子、またはそのような人のことである。

リア充は「リアル現実世界)が充実している」の略とされる掲示板などでは活発に活動しているが、現実の生活では引きこもりがちだったりニート生活を送っていたり、満たされない生活を送っているユーザーが、自嘲の意味を込めて用いる場合や、インターネット詳しくないユーザー揶揄する意味などを込めて用いる場合など、様々なニュアンスをこめて用いられる。

情報と社会のほかの用語一覧
インターネットスラング:  ネットイナゴ  にごろ  レタ交  リア充  情弱  スパコン族  ディスる

リア充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/16 23:42 UTC 版)

リア充(リアじゅう)は、現実の生活が充実している人を指すネット造語[1]。「リアル(=現実)の生活が充実していること」という意味である。


  1. ^ a b 知恵蔵2010年、佐橋慶信 執筆
  2. ^ a b c d e 佐藤信正 (2007年9月3日). “ネットと現実、どっちが楽しい? 「リア充」の先にある新しい友達関係 - 日経トレンディネット”. 日経BP社. 2008年3月26日閲覧。
  3. ^ ネット流行語大賞2007最終投票
  4. ^ 「ぐぐる」「DQN」いくつ知ってる?ネットスラングランキング” (日本語). 株式会社アイシェア (2009年3月26日). 2009年7月28日閲覧。
  5. ^ かぎ括弧内はアイシェア「ネットスラングランキング」より引用


「リア充」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リア充」の関連用語

リア充のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リア充のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリリア充の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリア充 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS