女子中高生ケータイ流行語大賞とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 女子中高生ケータイ流行語大賞の意味・解説 

ケータイ流行語大賞

読み方:ケータイりゅうこうごたいしょう
別名:女子中高生ケータイ流行語大賞

株式会社ピーネスト2009年から2012年にかけて発表していた流行語ランキング女子中高生ケータイ携帯電話)を用いたやり取りの中で最も流行した言葉表現調査発表するもの。

ケータイ流行語大賞は、女子中高生対象とするアンケートの手法で調査されている。他の流行語ランキングに比べ、より若者言葉傾向強く実際に多用され表現ランキング反映されやすい。他面、必ずしもその年世相反映した語ばかりがランクインとするとは限らず前年ランクインした語が根強く使われ再度ランクインするといったケース見られた。

ケータイ流行語大賞は2009年第1回実施された。発表時期12月初旬で、これは「ユーキャン新語・流行語大賞受賞」や「ネット流行語大賞」といった同種のイベントと同じタイミングといえる
2010年のケータイ流行語大賞は、2010年11月18日から11月24日の期間に調べられたもので、金賞(第1位年間大賞)が「なう」、銀賞第2位)が「あげぽよ」、銅賞第3位)が「どうかしてるぜっ」となった

2011年の女子中高生ケータイ流行語大賞は、金賞に「リア充」、銀賞に「てへぺろ」、銅賞に「あげぽよ」が選出された。4位以下には「かわうぃーねーをはじめとして芸人持ちネタなどがランクインしている。

2012年の女子中高生ケータイ流行語大賞では、前年第2位だった「てへぺろ」が金賞選ばれ銀賞前年第8位の「きゃわたん」が、銅賞には2012年ユーキャン新語・流行語大賞年間大賞獲得したスギちゃんネタワイルドだろぉ」が選ばれている。

2013年および2014年はケータイ流行語大賞は発表されていない

関連サイト
P-NEST リサーチ

女子中高生ケータイ流行語大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 03:16 UTC 版)

女子中高生ケータイ流行語大賞(じょしちゅうこうせいケータイりゅうこうごたいしょう)とは、ピーネストが主催する、女子中学生・高校生の間で流行った流行語を投票によって決定する賞。




「女子中高生ケータイ流行語大賞」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

女子中高生ケータイ流行語大賞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女子中高生ケータイ流行語大賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女子中高生ケータイ流行語大賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS