にごろとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > にごろの意味・解説 

に‐ごろ【煮頃】

煮て食うのにちょうどよいころあい

煮頃鮒(にごろぶな)」の略。


にごろ

別名:8ビットカラー256色ニゴロ
【英】8-bit color

にごろとは、2進数で2の8乗を意味する「256」の俗な読み方である。

にごろはコンピュータにおける最も基本的数値のひとつである。データを「0」と「1」で表す2進法においてニゴロ数値が8並ぶ情報として表記される。0か1で表されるデータ単位1ビット情報として扱われ、これが8つ並んだ8ビットデータが1バイトというデータ量構成する。8ビット同時にオクテットoctet)という単位でも表される。

色情報としてのにごろは、1画素ごとに8ビット色情報を持たせることができる。画面の色表現として256色は最も色数少な表示方式として用いられており、他の色数65536色の16ビットカラー、1677色の24ビットカラーなど)に較べても、用いるコンピュータ資源少なくて済む。Windowsなどでは、16色または256色色数が最低水準となり、これは画面プロパティから設定することができる。

情報と社会のほかの用語一覧
インターネットスラング:  ナード  ネオダマ  ネットイナゴ  にごろ  レタ交  リア充  情弱


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「にごろ」の関連用語

にごろのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



にごろのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリにごろの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS