集団思考とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 集団思考の意味・解説 

集団思考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/10 05:45 UTC 版)

集団思考(しゅうだんしこう、: groupthink)とは、集団で合議を行う場合に不合理あるいは危険な意思決定が容認されること、あるいはそれにつながる意思決定パターン。そのまま「グループシンク」ということもある。集団浅慮と訳されることもある。いわゆるデマや流言、インターネットから発生する幼稚な自己表現などがここから発生すると見る向きもある。


  1. ^ Janis, Irving, Groupthink: Psychological Studies of Policy Decisions and Fiascoes, 2nd edition (Boston: Houghton Mifflin Company, 1982).
  2. ^ Mark M. Lowenthal, Intelligence: From Secrets to Policy, 3rd edition (Washington DC: CQ Press, 2006), p.15.
  3. ^ The US Senate Select Committee on Intelligence, Congressional Reports: Report of the Select Committee on Intelligence on the U.S. Intelligence Community's Prewar Intelligence Assessments on Iraq, July 7, 2004, p.18.[1]
  4. ^ Janis, Irving, Decision Making: Psychological Studies of Policy Decisions and Fiascoes, p.244.
  5. ^ ibid., pp.42-43.
  6. ^ ibid., pp.220-225.
  7. ^ ibid., pp.36-37.
  8. ^ ibid., p.175.
  9. ^ ibid., p.175.


「集団思考」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「集団思考」の関連用語

集団思考のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



集団思考のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの集団思考 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS