二分間憎悪とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 二分間憎悪の意味・解説 

二分間憎悪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/04 02:39 UTC 版)

二分間憎悪(にふんかんぞうお、Two Minutes Hate)とは、ジョージ・オーウェルディストピア小説『1984年』に登場する架空の行事。作中の専制国家オセアニアの党員たちは毎日仕事を中断してホールに集まり、大きなテレスクリーンの前で、党と人民の敵(特にエマニュエル・ゴールドスタインとその一味ら)が登場する映像を見せられ、画面上の敵の姿や敵の思想に対してありったけの憎悪を見せなければならない。この「日課」が二分間憎悪である。




  1. ^ 『1984年』p19 新庄哲夫訳、ハヤカワ文庫1972年 ISBN 4150400083
  2. ^ Mr. Punch's History of the Great War, located at Project Gutenberg.


「二分間憎悪」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「二分間憎悪」の関連用語

二分間憎悪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



二分間憎悪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二分間憎悪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS