装具とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 道具 > 装具の意味・解説 

そう‐ぐ〔サウ‐〕【装具】


装具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/07 08:21 UTC 版)

装具(そうぐ、Orthotics)とは、事故病気戦争などで四肢・体幹に機能障害を負った場合において、四肢・体幹の機能障害の軽減を目的として使用する補助器具。




「装具」の続きの解説一覧

装具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 02:06 UTC 版)

クリス・カイル」の記事における「装具」の解説

ボディアーマーの上に「ローデシアン・リグ」と呼ばれるタクティカルベスト重ね着して任務に当たっていた。戦闘用ヘルメット重く長時間任務には支障をきたすため、ヘルメット装着するタイプ暗視装置使用するとき以外はほとんど野球帽被っていた。野球帽選択した理由かっこよかったからとのことである。時計はロレックス・サブマリーナの後継としてシールズ配備されていた黒のG-SHOCKモデル書籍には明記されていない

※この「装具」の解説は、「クリス・カイル」の解説の一部です。
「装具」を含む「クリス・カイル」の記事については、「クリス・カイル」の概要を参照ください。


装具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/18 14:39 UTC 版)

ウィンドサーフィン」の記事における「装具」の解説

装具は、体に装着する道具類気温変化への対応や長時間セーリング補助するもの。中・強風セーリング用のハーネスウェイトジャケット防寒怪我対策用のウェットスーツ、ドライスーツウェットスーツブーツ、ウェットスーツグローブ遊泳補助用のライフジャケットなどがある。 ハーネス 長時間楽にウィンドサーフィン楽しむための道具で、ヨット使われているトラピーズ・ハーネスからヒントを得て開発された。リグ引き込み補助するハーネスには3つの種類があり、ベスト型チェスト・ハーネス、腰に巻くウェストハーネス、両足を通して穿くパンツハーネス(ヒップハーネス)となっている。どのタイプハーネスにもハーネスライン掛けるためのフック付属されており、ベルトフック固定し使用するウェイトジャケット 走行する際にリグ引き込み補助する道具ライフジャケット似た形状ジャケット内に重量物付加したもの。上体羽織るように装着する専用ジャケットウェットスーツ、ドライスーツ 防寒怪我防止のための専用スーツウェットスーツ水分透過するジャージ素材保温性は低いが柔軟性が高いため、夏・秋などの比較的に温暖な季節着用することが多い。ドライスーツ水分透過しないラバー素材柔軟性は低いが保温性が高いため、冬・春などの比較寒冷な季節着用することが多い。生地素材厚さ2mmから5mmのものが開発販売されているウェットスーツ、ドライスーツともに暖かい時は薄めのものを寒い時には厚めのものを着用する近年では双方機能組み合わせたセミドライスーツといった種類開発されている。なお、ドライスーツダイビングサーフィン用のものと類似しているが、相違点としてはリグ操作時に腕が動かしすいように肩・腕まわりに余裕持たせた構造となっているものが多い。 ウェットスーツブーツ、ウェットスーツグローブ 防寒怪我対策のための装具。ラバージャージナイロン素材造られ専用ブーツ専用グローブライフジャケット 水上において浮力補い遊泳補助する道具上体羽織るように装着する専用ジャケットヘルメット 波のある時は特に着用したいが、普段から着用して頭部保護するようにしたい。頭を強打して意識を失うことは致命的である。

※この「装具」の解説は、「ウィンドサーフィン」の解説の一部です。
「装具」を含む「ウィンドサーフィン」の記事については、「ウィンドサーフィン」の概要を参照ください。


装具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 05:49 UTC 版)

アメリカンフットボール」の記事における「装具」の解説

アメリカンフットボールの装具とは、防具ユニフォーム大別されるこのうち防具は、選手の負傷軽減目的として装着するものであり、様々な改良積み重ねながら現在に至っている。「間違いやすいジャッジひと目でわかる!アメリカンフットボールルールスコアのつけ方」(笹田英次 監修によれば全ての防具の重さ合計すると、スパイク含んで5kgほどにもなる。 装着義務付けられた装具に不備があると反則なるので全ての選手正しく装具を装着しなければならない装着義務付けられた装具は以下のとおりである。 ヘルメット 頭部保護する表面プラスチックで、中にウレタン製パッドと、ゴムチューブ内蔵されており、ゴムチューブ内の空気圧調整により、フィット感向上させるまた、顔面保護するフェイスマスク(またはフェイスガード格子の形はポジションにより数種類ある)と、顎に当ててヘルメット固定するチンストラップ頚部へのベルトではなくそのもの固定する「チンカップ」がある)が必須であるヘルメットは1平方cm当たり1トンもの衝撃耐えるとされているショルダーパッドプロテクター) 胸、背中および肩を保護する各部位保護するパッドを、プラスチックカバー覆ってつなぎ合せたもので、ポジションごとに形状異なる(例えクォーターバックワイドレシーバーなど、パス関与するポジションでは、肩の稼動域が広く軽くて薄いが、ラインポジションではその逆など)。 ニーパッド・サイパッド・ヒップパッド それぞれ、膝、太腿前面、尻を保護するパッドユニフォームパンツ下に装着マウスピース 頭部への衝撃緩和するために装着スナップする直前に口に入れて噛み締めるプレーしていない時は会話差し障りがあるのでフェイスマスクストラップ吊ってある。過去マウスピース使用せず頭部コンタクト行った結果頸椎損傷などの重大事故発生し死亡したケースあるため着用義務付ける規定が年厳しくなっている。 ユニフォーム 上半身を覆うジャージと、下半身を覆うパンツ分かれるジャージは、各チームとも、チームカラー基調とするカラージャージと、白を基調とするホワイトジャージの2種類用意しホームチームがカラージャージ、ビジターチームがホワイトジャージの着用原則とする。両チーム審判事前了解があれば、カラー/ホワイト入れ替えて着用することもある。また、対照的なであれば、カラージャージ同士着用ありうるジャージパンツも、防具の上から着込み、体にぴったりとフィットするよう、現在では非常に伸縮性富んだ素材使用する。 主にクォーターバックなどはこの他に、フォーメーションを一覧にした図を腕にリストバンド着けことがある

※この「装具」の解説は、「アメリカンフットボール」の解説の一部です。
「装具」を含む「アメリカンフットボール」の記事については、「アメリカンフットボール」の概要を参照ください。


装具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 03:21 UTC 版)

脊椎側彎症」の記事における「装具」の解説

25度以上と診断されると、右写真のような専用コルセットなどの装具による維持療法が行われることが多い。コルセット彎曲完全になくなる(完治する)ことは無いが、装具は確実に進行遅らせるため、手術となったとしてもその時期を遅らせる効果がある

※この「装具」の解説は、「脊椎側彎症」の解説の一部です。
「装具」を含む「脊椎側彎症」の記事については、「脊椎側彎症」の概要を参照ください。


装具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 18:16 UTC 版)

トライアル (オートバイ)」の記事における「装具」の解説

トライアルモトクロスエンデューロと同じオフロード行われる競技であるが、ライダー装備はそれらとは大きく異なっている。 ヘルメットは、顎の部分を守るチンガードを廃したいわゆるジェットヘルメット用いる。これは、トライアルモトクロスエンデューロに比べ絶対的な競技速度域が低いためにチンガードはさして重要ではなく、それよりもチンガードを廃することによってより広い視界確保したほうが競技面で安全面でも有利なめである前頭部にはバイザー装備されているが、これも視界確保のために他のオフロード用ヘルメットに比べて短いものが装備される。そして、側頭部には外部の声や音を聞き取るために穴やスリット開けられている。また、ゴーグル視界妨げになるために荒天時でも基本的に装着しない服装は、一般的にはモトクロスエンデューロ用のジャージにレーシングパンツを装着することが多いが、生地により柔軟性を持たせて動きやすさに重点置いたトライアル専用ジャージパンツ発売されている。さらに全日本選手権スーパークラス世界選手権クラス選手の中には、より動きやすさを求めて薄手の生地作られた身体密着するワンピースタイプのジャージ着用する選手も多い。グローブは、より繊細かつ微妙なクラッチ・ブレーキ操作可能にするために薄手のものを用いる。動きやすさを重視するためプロテクター基本的に装着せず、装着してライダー動き妨げない小型のものをジャージ下から肘や膝に装備する程度である。 ブーツは、外見こそモトクロス用やエンデューロ用に酷似しているが、セクション下見などで不整地を歩くことが多い関係上、プロテクション効果よりも歩きやすさを重視した柔軟性の高いものとなっている。

※この「装具」の解説は、「トライアル (オートバイ)」の解説の一部です。
「装具」を含む「トライアル (オートバイ)」の記事については、「トライアル (オートバイ)」の概要を参照ください。


装具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/08 19:31 UTC 版)

航空自衛隊の個人装備」の記事における「装具」の解説

88式鉄帽陸上自衛隊違い灰色砂漠覆い存在するPASGTベスト砂漠用も存在する戦闘防弾チョッキ砂漠用も存在する戦闘防弾チョッキ付加防護衣、対小銃弾用) 防弾チョッキ一体型弾帯砂漠用も存在する弾帯吊りバンド入れ 個人用暗視装置メディックAN/PVS-7使用する基地警備隊採用しているが機種不明00式個人用防護装備収納袋は灰色携帯除染器2型

※この「装具」の解説は、「航空自衛隊の個人装備」の解説の一部です。
「装具」を含む「航空自衛隊の個人装備」の記事については、「航空自衛隊の個人装備」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「装具」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「装具」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



装具と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「装具」の関連用語

装具のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



装具のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの装具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクリス・カイル (改訂履歴)、ウィンドサーフィン (改訂履歴)、アメリカンフットボール (改訂履歴)、脊椎側彎症 (改訂履歴)、トライアル (オートバイ) (改訂履歴)、航空自衛隊の個人装備 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS