シャトルボールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > ボール > シャトルボールの意味・解説 

シャトルボール

歴史と沿革

シャトルボールは1989年新しスポーツ求め大学生たちによって考案され、その後改良重ねて作り上げられたスポーツです。道具のひとつであるシャトル・バーは、日本古来の「お手玉」のように両手を使って操作する動作と、水上スポーツの「カヌーで使うパドル」をヒントにして作られました。

バーには、一方繊維製の網でできたソフトバスケット、もう一方には樹脂製のハードバスケットが取り付けあります。このバーを使ってボールバスケットからバスケット移し変える動作を行うスポーツです。ボール往復させる=「シャトル」をしながら楽しむところから、シャトルボールという名前が付けられました。

日本開発されたシャトルボールは海外にも広がり始めています。2008年10月25日には韓国シャトルボール協会設立され、設立記念大会学生教育関係者をはじめ、多く参加者集め韓国馬山市慶南大学校にて開催されました。新聞テレビにも取り上げられ、今後韓国全土への発展期待されます。また、中国オリンピック委員会北京体育大学との話し合い経て2009年には中国での展開も始まる予定です。日本シャトルボール協会では、今後さらにアジア各国働きかけ、シャトルボールを普及させていく予定です。


競技方法

シャトルボールの特長は、何といっても「いつでも・どこでも気軽に」、ふたつのバスケットを自由に操ってプレーを楽しむことができることです。一人でなら、ソフトバスケットからハードバスケットへ交互パスする「シャトルプレイ」が、仲間がいればソフトバスケットでボールキャッチし、ハードバスケットにシャトルして相手スローする「キャッチングプレイ」が楽しめます。さらに得点競うゲームなど、場所や人数に応じてさまざまな方法で楽しむことができます

キャッチングプレイは野球キャッチボールのような手軽さ運動量ありますし、ゲーム場合には、コート広さルールプレイヤー年齢体力によって、卓球テニスバスケットボールほどの運動量を得ることもできます


ルール

競技種目】

道具・コース

コート
40m~60m×20m~30mの競技場の中で140のシャトル・バーを操りながらゴール(幅2.5m高さ1.5m)を目がけてボールシュートします。

シャトル・バー:
両サイドそれぞれハードとソフトのバスケットがついていて、全長1400mm重さ670gのオリジナルデザインのバー組み立て式。

ボール
ソフトボール2号級の大きさのノーパンクボール。へそがついているので、空気の入れ具合弾み方を調整できる。

用具購入については、日本シャトルボール協会公式サイトご参照ください


参照リンク:

日本シャトルボール協会
http://www.shuttleball.jp/






シャトルボールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

シャトルボールに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シャトルボール」の関連用語

シャトルボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

セパタクロー

グラススキー

釣り

剣道

トランポリン

アームレスリング

フェンシング

パークゴルフ





シャトルボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2017 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団

©2017 Weblio RSS