ゴンズイとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > ゴンズイの意味・解説 

ごん‐ずい【権×萃】

ミツバウツギ科落葉高木関東以西雑木林自生紫黒色をし、羽状複葉をつける。初夏黄緑色小花多数つく。実は赤く、熟すと裂けて黒い種子見える。野鴉椿きつねのちゃぶくろ

権萃の画像
権萃の画像
ゴンズイの実

ごん‐ずい【権×瑞】

ナマズ目ゴンズイ科海水魚全長25センチ体形ナマズに似て、口ひげは8本。体色褐色で、体側に2本の黄色いすじが走る。第1背びれと胸びれに各1本の強い毒のとげがある本州中部以南沿岸産する食用。《 春》


海黄顙魚

読み方:ゴンズイ(gonzui

ゴンズイ科海水魚


Gonzui

読み方:ゴンズイ

高林哲によって開発された、検索対象プログラミング言語ソースコードに絞った機能特化型の検索エンジン
プログラミング言語ソースコードは、人工的文法記述されているため、記号多用など、構文単位自然言語とは異なっている。このため通常の全文検索エンジンではこうした構文単位で検索することが難しい。gonzuiはソースコード解析を行うことで関数変数コメント文字列といった、ソースコード特徴的構文単位検索を正確に行う。データベースWebサーバー内蔵しており、ほかのソフトウェアを必要としないため手軽利用することができる。
gonzuiでは、C/C++JavaPerlRubyPHPはじめとして10上のプログラミング言語サポートされている。gonzui自身Ruby記述されている。
関連見出し
ソースコード
Namazu
Ruby
関連URL
gonzui: ソースコード検索エンジン(http://gonzui.sourceforge.net)

跟随

読み方:ゴンズイ(gonzui

人の後についていくこと。


ゴンズイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/09 07:28 UTC 版)

ゴンズイ(権瑞、学名 Plotosus japonicus)はナマズ目海水魚である[1]。他の魚と同様、ギギハゲギギググといった、地方ごとにさまざまな呼称がある[1]


  1. ^ a b c d アウトドア趣味に関する総合情報サイト - 海の危険生物 ゴンズイ
  2. ^ ふしぎな玉、ゴンズイ玉” (日本語). 東京ズーネット TOKYO ZOO NET. 2020年4月19日閲覧。
  3. ^ 村松幸一,松永茂樹,伏谷伸宏「1P249 ゴンズイの群認識に関わるホスファチジルコリンの機能解析(行動))」『生物物理』第45巻supplement、日本生物物理学会、2005年、 S94。
  4. ^ ゴンズイ” (日本語). 三重県漁業協同組合連合会[みえぎょれん]. 2020年4月19日閲覧。
  5. ^ "環境省_串本海域公園_危険な生き物 ゴンズイ"”. 2017年2月19日閲覧。


「ゴンズイ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゴンズイ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

ゴンズイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゴンズイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2021
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゴンズイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS