エネルギーペイバックタイムとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > エネルギーペイバックタイムの意味・解説 

エネルギーペイバックタイム


エネルギーペイバックタイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/23 15:07 UTC 版)

エネルギーペイバックタイム(Energy Payback Time, EPT、EPBT、エネルギー回収年数とも)とは、エネルギー(電力)を生産(もしくは節減)する設備の性能を表す指標の一種である。特定のエネルギー設備に対して直接あるいは間接的に投入したのと同量のエネルギーの消費を、その設備からのエネルギーの生産によって回避できるまでの運転期間を言う。発電所などのエネルギー生産設備や省エネルギー設備などのライフサイクルアセスメントに用いられる。




「エネルギーペイバックタイム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エネルギーペイバックタイム」の関連用語

エネルギーペイバックタイムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エネルギーペイバックタイムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエネルギーペイバックタイム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS