守銭奴とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 守銭奴の意味・解説 

しゅせん‐ど【守銭奴】

金をため込むことばかり執心する、けちな人。


しゅせんど【守銭奴】

原題、(フランス)L'Avare》モリエール戯曲。5幕。1668年初演。守銭奴アルパゴンが息子や娘に金のための結婚をさせ、自分息子恋人再婚ようとして引き起こすこっけい騒動を描いた喜劇プラウトゥス戯曲黄金の壺」などに基づく。


守銭奴

作者モリエール

収載図書モリエール全集 7 金銭結婚
出版社臨川書店
刊行年月2001.4


守銭奴

作者安藤憲一

収載図書青春の譜
出版社文芸社
刊行年月2002.8


守銭奴

作者清水克二

収載図書労働者文学作品集 4
出版社労働者文学会
刊行年月2004.5


守銭奴

作者松本攸吾

収載図書葉集大江戸実話特選
出版社文芸社
刊行年月2005.5


守銭奴

作者犬飼六岐

収載図書吉岡清三郎貸腕帳
出版社講談社
刊行年月2007.7


守銭奴

作者佐賀純一

収載図書藪医竹軒行状記
出版社東洋医学
刊行年月2008.6


守銭奴

読み方:しゅせんど

  1. 僧侶間にて吝嗇にして金銭たくはへ使途を知らぬ者のことをいふ。又一般に用ふ。〔僧侶語〕
  2. 吝嗇金銭を貯め込む許りが能で使ひ途を知らない者のことをいふ。

分類 俗語僧侶

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

守銭奴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/28 14:09 UTC 版)

守銭奴』(しゅせんど、仏語原題: L'Avare )は、モリエール戯曲。1668年発表。パレ・ロワイヤルにて同年9月9日初演。


  1. ^ 結局この疾患が彼の命を奪うことになる
  2. ^ 第2幕第6景の以下のやり取り。

    アルパゴン「ありがたいことに対して加減の悪いところはない。時々咳の発作があるくらいなものさ。」
    フロジーヌ「なんでもございませんわ。その発作もなかなかよくお似合いになりますし、それに旦那様はひどく品の良いせき込み方をなさいますもの。

  3. ^ 守銭奴 岩波文庫 鈴木力衛訳 2006年発行 P.22、157
  4. ^ 守銭奴 岩波文庫 鈴木力衛訳 2006年発行 P.159
  5. ^ 1648年のマサニエッロ(en)の反乱のこと。スペイン人提督に向けてのもので、多数の貴族がナポリから亡命することとなった。また、本作の登場人物はこの騒動を実際に体験した年代と合致している
  6. ^ 喜劇作家プラウトゥスのアウルラリア(Aulularia)
  7. ^ 守銭奴 岩波文庫 鈴木力衛訳 2006年発行 P.168
  8. ^ 守銭奴 岩波文庫 鈴木力衛訳 2006年発行 P.173
  9. ^ 守銭奴 岩波文庫 鈴木力衛訳 2006年発行 P.174
  10. ^ 守銭奴 岩波文庫 鈴木力衛訳 2006年発行 P.165
  11. ^ 守銭奴 岩波文庫 鈴木力衛訳 2006年発行 P.164-5
  12. ^ [いやいやながら医者にされ 岩波文庫 鈴木力衛訳 1962年発行 P.95]
  13. ^ いやいやながら医者にされ 岩波文庫 鈴木力衛訳 1962年発行 P.90]
  14. ^ 守銭奴 岩波文庫 鈴木力衛訳 2006年発行 P.162
  15. ^ モリエールの作品であるとする学者もいるが、無名戯曲作家の手によるファルスであったらしい。内容不明。
  16. ^ 守銭奴 岩波文庫 鈴木力衛訳 2006年発行 P.164
  17. ^ グリマレ、ボワロー、タルマン・デ・レオーなどの書物に記述が見える。
  18. ^ 守銭奴 岩波文庫 鈴木力衛訳 2006年発行 P.163-4
  19. ^ 守銭奴 岩波文庫 鈴木力衛訳 2006年発行 P.165
  20. ^ 守銭奴 岩波文庫 鈴木力衛訳 2006年発行 P.168
  21. ^ 守銭奴 岩波文庫 鈴木力衛訳 2006年発行 P.175
  22. ^ 第4幕第5景の終結部
  23. ^ 全集とは謳うものの、モリエールの作品を15作程度収録しているに過ぎないため、厳密には全集ではない
  24. ^ 尾崎紅葉と翻案―その方法から読み解く「近代」の具現と限界 2010年刊行 酒井美紀著 P.106


「守銭奴」の続きの解説一覧

守銭奴

出典:『Wiktionary』 (2018/11/14 08:48 UTC 版)

名詞

しゅせんど

  1. 吝嗇りんしょくな人を罵って言う語。金銭集めることに異常執着する人。

発音

しゅ↗せ↘んど

類義語




守銭奴と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「守銭奴」の関連用語

守銭奴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



守銭奴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの守銭奴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの守銭奴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS