使途とは? わかりやすく解説

し‐と【使途/支途】

読み方:しと

金銭物品などの使い道支出した目的。「―不明の金」


使途

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 23:55 UTC 版)

管理組合」の記事における「使途」の解説

国土交通省マンション標準管理規約では、積立金次の経費充当する場合に取り崩すことが認められている。取り崩す際は管理組合総会決議必要とされる一定年数経過毎に計画的に行う修繕 不測の事故その他特別の事由により必要となる修繕 敷地及び共用部分変更 建物建替えに係る合意形成に必要となる事項の調査 その他敷地及び共用部分等の管理に際し区分所有者全体利益のために特別に必要となる管理 特に、経年による劣化対応するため、あらかじめ長期修繕計画を策定し、必要となる修繕積立金積み立てておくことが必要である上記の費用支出際に徴収することは容易ではないからである

※この「使途」の解説は、「管理組合」の解説の一部です。
「使途」を含む「管理組合」の記事については、「管理組合」の概要を参照ください。


使途

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/31 06:24 UTC 版)

世界遺産基金」の記事における「使途」の解説

使途について「作業指針」は、 緊急援助 (Emergency assistance) 保全・管理援助 (Conservation and Management assistance) 準備援助 (Preparatory assistance) の3つ分類している。かつては、「緊急援助」、「準備援助」、「研修研究援助」、「技術協力」、「教育広報普及啓発のための援助」の5つ分類されていたが、現在では旧分類最後の3つが「保全・管理援助」に統合されている。特に優先されるのは危機にさらされている世界遺産危機遺産リスト掲載されている物件に対する援助である。実際の運用では「緊急援助」と「準備援助」が大半占めてきた。 なお、ガラパゴス諸島キトの市街という2つの「世界遺産第1号」を抱えエクアドルは、1979年10月から2013年5月までに上記3分類のすべてを含む56件、総額100万ドル以上の援助を受けている。また、1999年以降国内世界遺産がすべて危機遺産になっているコンゴ民主共和国の世界遺産に対しても、1979年から2012年まで41件、総額100万ドル以上の援助が行われており、こちらも上記3分類のすべてを含んでいる。

※この「使途」の解説は、「世界遺産基金」の解説の一部です。
「使途」を含む「世界遺産基金」の記事については、「世界遺産基金」の概要を参照ください。


使途

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/25 08:15 UTC 版)

クレノウ断片」の記事における「使途」の解説

DNAポリメラーゼIが持つ5'→3'エキソヌクレアーゼ活性応用上の障害になる場合が多いが、クレノウ断片はこの活性欠くことから研究目的幅広く活用されている。 1本鎖DNAから2本鎖DNA合成 2本鎖DNAの3'陥没末端のフィルイン(fill-in) 2本鎖DNAの3'突出末端の除去 DNA放射性標識

※この「使途」の解説は、「クレノウ断片」の解説の一部です。
「使途」を含む「クレノウ断片」の記事については、「クレノウ断片」の概要を参照ください。


使途

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/09 21:18 UTC 版)

ナンタケット・ライトシップ・バスケット」の記事における「使途」の解説

当初ナンタケット・ライトシップ・バスケット野菜入れたり買い物かご小物入れとして家庭で使用するためにデザインされた。灯台船乗組員は島に残してきた妻や恋人バスケット作ること多かったが、販売のために作ることもあった。販売額小さいものの1.5ドルから、大きなものまたは精巧なものの50ドル一般的であったバスケット島民向けに売られていたが、すぐに観光客人気となった1900年代バスケットハンドバッグとして使用されるようになった現在のナンタケット・ライトシップ・バスケット500ドルから何十ドルにもおよぶこともある。質の低い模造品安価で出回っている。ホセ・レイズが「フレンドシップ・バスケット」を考案してから、末永い友情のしるしとしてプレゼントとして贈られるようになったその後ナンタケット高等学校では卒業する女子学生がライトシップ・バスケット・パースを贈られることが恒例となった

※この「使途」の解説は、「ナンタケット・ライトシップ・バスケット」の解説の一部です。
「使途」を含む「ナンタケット・ライトシップ・バスケット」の記事については、「ナンタケット・ライトシップ・バスケット」の概要を参照ください。


使途

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 01:35 UTC 版)

ドッグル」の記事における「使途」の解説

2004年、リンダ・カニンガムはイラク活動するアメリカ軍送られる物資供給をまとめる仕事携わっていた。その準備中彼女はドッグル出会い、それが太陽光砂漠砂嵐から犬の眼を守る保護具として役立つと考えた。そしてドッグルス・カンパニーの協力とりつけた彼女は120以上のドッグルイラク軍用犬届けたのであるドッグル2005年7月30日CNNニュース番組でも取りあげられ、軍用犬送られる装備品として注目された。 イギリスの「メトロ」紙も2007年に、まれな自己免疫疾患により眼か涙を流すことができなくなったことに苦し紹介している。その飼い主のダイアナ・スティーブンスは眼の乾燥させないようドッグルをかけさせていた。 眼の病気によりドッグル使用する例は他にも報告されている。獣医のピート・ウェダーバーンは自身デイリー・テレグラフに持つブログ2009年にとある眼症状苦し症例語っている。この犬の眼内側ではごく微小な何かの破片漂っており、眩し太陽の光晒されると、うなったかん高い鳴き声をあげながら身体をよじるのだという。そこで注文したドッグルかけさせるとこのテリアはそれを嫌がったため、飼い主犬用デザインされ野球帽存在知りそちらのほうをかぶらせたところ抵抗なく身につけ、この問題は解決したという。

※この「使途」の解説は、「ドッグル」の解説の一部です。
「使途」を含む「ドッグル」の記事については、「ドッグル」の概要を参照ください。


使途

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 22:53 UTC 版)

ガソリン税」の記事における「使途」の解説

2009年3月31日まで、国と地方道路財源道路特定財源)として使われていた。 道路特定財源としては他に自動車取得税軽油引取税自動車重量税があるが、このうち自動車取得税軽油引取税暫定税率2008年3月31日をもって一旦失効したが、これらも衆議院再議決されたことに伴い、再び暫定税率復活し2008年5月1日から再増税になっているまた、自動車重量税衆議院での再議決により暫定税率失効することなく延長され増税暫定税率)が続いている。これらは一般財源組み込まれた

※この「使途」の解説は、「ガソリン税」の解説の一部です。
「使途」を含む「ガソリン税」の記事については、「ガソリン税」の概要を参照ください。


使途

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 21:39 UTC 版)

入湯税」の記事における「使途」の解説

地方税法規定された入湯税課税目的次の4つである。 環境衛生施設整備 鉱泉源の保護管理施設整備 消防施設その他消防活動必要な施設整備 観光振興観光施設整備を含む) 実際の使途は市町村によって異なる例え岐阜県下呂市下呂温泉)では、入湯税収入1.5億円のうち5千万円基金に、残る1億円を観光振興予算充当する神奈川県箱根町(6億8470万円/2016年〔平成28年〕度)では、環境衛生施設整備費に4億1171万円(60.1%)、観光振興費(誘客宣伝など)に1億7246万円(25.2%)、観光施設整備費に8451万円(12.3%)、消防関連費に1603万円(2.3%)を、群馬県草津町(2億2666万円/2016年〔平成28年〕度)では、湯畑西の河原周辺整備費に1億100万円(44.6%)、観光協会運営費等に3500万円(15.4%)、イベント・宣伝関係費に1300万円(5.7%)をそれぞれ支出している。熱海市では51%を観光振興に、札幌市では68%を観光振興に、残り消防施設等充て環境衛生施設には使用していない。 ほとんどの市町村では入湯税一般財源繰り入れ観光費の一部充当しているようであるが、詳細公開していないため、多くの市町村では使途が不明である一方で時代の変化により「温泉地特有の環境」も変化しており、一般財源化している現状正すのは大きな障害見込まれる、という行政側から指摘がある。入湯税設定された頃はインフラ整備遅れていたため課税目的と使途は一致していたが、平成時代以降ある程度インフラ整ったため、使途に関する議論高まっている。 また、市町村合併により、従来温泉地観光のために使われていた入湯税が、温泉地直接恩恵もたらさない地域観光振興使われる例もあり、入湯税特別徴収義務者である温泉地宿泊施設から不満が出ている。公平性観点から地域観光振興財源入湯税よいのかという指摘もある。温泉まちづくり研究会は、温泉地まちづくり議論するために入湯税収入と支出情報公開すべきとの提言2011年平成23年5月行っている

※この「使途」の解説は、「入湯税」の解説の一部です。
「使途」を含む「入湯税」の記事については、「入湯税」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「使途」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「使途」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「使途」の関連用語

使途のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



使途のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの管理組合 (改訂履歴)、世界遺産基金 (改訂履歴)、クレノウ断片 (改訂履歴)、ナンタケット・ライトシップ・バスケット (改訂履歴)、ドッグル (改訂履歴)、ガソリン税 (改訂履歴)、入湯税 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS