国王陛下に捧げる感謝の詩とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 国王陛下に捧げる感謝の詩の意味・解説 

国王陛下に捧げる感謝の詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/01 00:29 UTC 版)

国王陛下に捧げる感謝の詩』(仏語原題: Remerciement au Roi )は、モリエールによる1663年制作。国王ルイ14世から年金1000リーヴルを頂戴したことに対する感謝を示している。


  1. ^ パブリック・ドメイン
  2. ^ 本項初版投稿者による訳
  3. ^ 当時のフランス、とくに高貴な人々の間ではノックはマナー違反であった。軽く引っかくようにするのが正しいと考えられていたため、このような表現となっている。護衛兵が常にドアの近くにはいたため、櫛で引っかいても聞こえるのであった
  4. ^ 鈴木力衛 1965, §468.
  5. ^ a b ギシュメール3 2000, §244.


「国王陛下に捧げる感謝の詩」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「国王陛下に捧げる感謝の詩」の関連用語

国王陛下に捧げる感謝の詩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国王陛下に捧げる感謝の詩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国王陛下に捧げる感謝の詩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS