ボール箱とは?

ボールばこ [0][3] 【ボール箱】

ボール紙製の箱。

ボール箱

作者半村良

収載図書赤い酒
出版社出版芸術社
刊行年月1993.5
シリーズ名ふしぎ文学館

収載図書日本SF大逆襲!
出版社徳間書店
刊行年月1994.11

収載図書文士意地車谷長吉短編小説輯 下
出版社作品社
刊行年月2005.8


ボール箱


ボール箱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/28 03:04 UTC 版)

ボール箱」(ボールばこ、The Cardboard Box)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち14番目に発表された作品である。イギリスの「ストランド・マガジン」1893年1月号、アメリカの「ハーパーズ・ウィークリー」1893年1月14日号に発表。イギリスでは1917年発行の第4短編集『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』(His Last Bow) に、アメリカでは 1894年発行の第2短編集『シャーロック・ホームズの思い出』(The Memoirs of Sherlock Holmes) に収録された[1]




  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、339頁
  2. ^ ベアリング=グールド「二人の医師と一人の探偵」小池滋訳 - コナン・ドイル著/ベアリング=グールド解説と注『詳注版シャーロック・ホームズ全集1』小池滋監訳、ちくま文庫、1997年、66頁
  3. ^ “(前略)……というところまでが、一時「入院」していたわけなのである。”延原謙「解説」より引用 - コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』延原謙訳、新潮文庫、1955年、274-276頁
  4. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、339頁


「ボール箱」の続きの解説一覧



ボール箱と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボール箱」の関連用語

ボール箱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ボール箱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボール箱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS