穴があくとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 穴があくの意味・解説 

穴があく

読み方:あながあく
別表記:穴が開く穴が空く

(1)陥没したり貫通したりして空間が生じるさま、穴ができるさま。「穴が空く」と表記する場合比較的多い。
(2)欠員が生じたり予定取り消しになったりするさま。「穴が開く」と表記する場合比較的多い。「穴を開ける」ともいう。

「穴があく」で「開く」と「空く」のどちらの漢字使い正しいかについては諸説あり定かでない

空間側面着目している場合には「穴が空く」と書き、より抽象的意味合いもしくは「開いた結果が穴のようになった」という点に着目している場合には「穴が開く」と書く、などのように解釈する余地はある。

なお、中央公論新社刊『読売新聞用字用語の手引き』では、「穴が開く」の表記が用いられている。

あるいは、大和言葉としての「あく」には元々漢字の「空」「開」双方意味合いが含まれており、どちらが正しくてどちらが誤りという類のものではないとする見解もある。この見方に従えば、ひらがなで「穴があく」のように表記しておくのが妥当ということにもなる。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「穴があく」の関連用語

穴があくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



穴があくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS