PWとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > PWの意味・解説 

りん化タングステン

分子式PW
その他の名称:りん化タングステン、Monotungsten monophosphide、タングステンホスフィド、一りん化一タングステン、Phosphinidynewolfram(III)
体系名:ホスフィニジンタングステン(III)


PW

幅。花茎を除く、その最大幅。 Plant Widthの略。

PW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/20 04:20 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

PW, Pw, pW, pw

PW

pW


.pw

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/21 17:12 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.pw
パラオの旗
施行 1997年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 PW Registry Corporation
後援組織 Micronesia Investment and Development Corporation
利用地域 パラオに関係する団体・個人
使用状況 個人用の電子メールアドレスとして販売されている。
登録の制限 なし
階層構造 登録はセカンドレベルドメインの下のサードレベルか、サードレベル相当の電子メールアドレスとして行われる。
紛争解決方針 PWTLD dispute resolution policy
ウェブサイト PW Registry
テンプレートを表示

.pw国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、パラオに割り当てられている。

.pwドメインは、初期の.nameドメインと同じように、個人の登録用に開放されている。ここではjohn.smith.pwというドメインやそれに対応するjohn@smith.pwという電子メールアドレスを取得することができるが、セカンドレベルへの新規の登録は認められていない。商標の保有者は、防衛のための登録をすることができる。

  • 現在ではセカンドレベルへの登録が認められ、電子メールについても他のトップレベルドメインと同様に制限なく利用できる。

.pwで提供されている個人用電子メールには、ホワイトリストの使用によるスパム防止機能が実装されている。送信者はメッセージを送信する前に認可を受ける必要がある。

パラオ国内向けには、以下の6つのセカンドレベルドメインが用いられている。

  • com.pw:商業向け、制限なし
  • net.pw:サービスプロバイダ向け、制限なし
  • org.pw:非営利組織向け、組織は登録が必要
  • edu.pw:教育機関向け、教育省の認可が必要
  • gov.pw:政府機関のみ
  • belau.pw:土着の芸術、歴史、文化、観光等の利用、制限なし

パラオ政府は .pwドメインを使っており、プロバイダ用の.netドメインを用いていない palaugov.pw というサイトである。ワシントンD.C.にあるパラオ大使館のサイトは、商業機関用の.comドメインを用いたpalauembassy.comである。

外部リンク




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

PWのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



PWのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPW (改訂履歴)、.pw (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS