ホスピタルとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ホスピタルの意味・解説 

ホスピタル【hospital】


ホスピタル

原題:The Hospital
製作国:アメリカ
製作年:1971
配給:ユナイト配給
スタッフ
監督:Arthur Hiller アーサー・ヒラー
製作:Howard Gottfried ハワード・ゴットフリード
脚本:Paddy Chayefsky パディ・チャイエフスキー
撮影:Victor J. Kemper ヴィクター・J・ケンパー
音楽:Moris Surdin モーリス・サーディン
編集:Eric Albertson エリック・アルバートソン
字幕:高瀬鎮夫 タカセシズオ
キャスト(役名
George C. Scott ジョージ・C・スコット (Dr. Herbert Bock
Diana Rigg ダイアナ・リグ (Barbara Drummond
Barnard Hughes バーナード・ヒューズ (Drummond
Nancy Marchand ナンシー・マーチャンド (Mrs. Christie
Stephen Elliott スティーブン・エリオット (Sundstrom
Donald Harron ドナルド・ハロン (Milton Mead
Roberts Blossom ロバーツ・ブロッサム (Guernsey
Tresa Hughes トレサ・ヒューズ (Mrs. Donovan
Lenny Baker レニー・ベイカー (Dr. Schaefe)
解説
大病院メカニック機構弱点盲点を衝き、そこに働く人たちの死に対す不感症患者対す唯物感を描く。1971年アカデミー脚本賞72年ベルリン映画祭銀熊賞受賞。製作はハワード・ゴットフリード監督アーサー・ヒラー脚本パディ・チャイエフスキー撮影ヴィクター・J・ケンパー音楽モーリス・サーディン編集エリック・アルバートソン各々担当出演ジョージ・C・スコットダイアナ・リグバーナード・ヒューズナンシー・マーチャンドスティーブン・エリオットドナルド・ハロン、ロバーツ・ブラッサムなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ニューヨーク巨大総合病院院長ハーバート・ボック博士ジョージ・C・スコット)は心身ともに疲れ切っていた。病院での激務、その疲労をいやしてくれる家庭崩壊していた。妻とは久しく別居し、息子革命走り、娘は麻薬におぼれていた。そんなある日病院内でで事故が起こった。インターンシェファー医師(レニー・ベーカー)が空ベッドで死んでいたのだ。806号室のそのベッド重傷患者ガーンジー(ロバーツ・ブラッサム)がその日夕方死亡し、シェファー看護婦との情事の後このベッド眠りこけているとは知らず夜勤看護婦点滴を行なったのだ。この事件は意外な方向発展した。医師アイブスとウェルバックの誤診によってガーンジー死亡したと判明し、当のアイブス救急室ベッド心臓マヒ死亡していた。大病院メカニック機構の中で何かが狂っている。偶然か?ハーバート許容量上のトラブル抱え精神的バランス極限状態追い込まれていた。806号室のもう1人患者ドラモンドバーナード・ヒューズ)がいた。彼も健康体入院したが、誤珍の結果重体に陥っていた。彼の娘バーバラダイアナ・リグ)は、彼が愛していたメキシコの地で死なせてやりたい主張する。バーバラは父がハーバード大学出身の有名な医者だったが、ある日神の啓示を受けて伝道者となったことを語った。2人身の上話語りハーバート激し口調現代医学対す無力感自分無能ぶりを痛烈自嘲した。バーバラは彼が自殺すると直感し、身体投げだして思いとどまらせ、医者求めているメキシコ2人で行こうと誘った。彼にとってその誘いは新鮮な刺激であり、行きづまった精神面に活路与えた。翌朝、再び不可解事件が起こった。手術を受ける患者看護婦とすり代えられ麻薬ショック死亡したのだ。ハーバートは殺された3人が806号室にかかわっていた事に気づき、その室を調べている所を突然襲われた。それは重傷患者のはずのドラモンドだった。父を迎えにきたバーバラは驚いて問いつめる。彼は死んだガーンジーの霊が復讐を頼んだのだという。残る1人ウェルバックを殺すために彼は病室飛びだした。病院内はその時ごった返していた。病院用地買い上げ反対するデモ隊押しかけ、一方度重なる怪死事件警察調査乗りだしてきたのだ。そんな騒動の中、ウェルバックが倒れた。ドラモンドは死んだのですね?との問いハーバートはそうだと答えた。バーバラの瞳は感謝にうるんだ。ウェルバックはドラモンドとして死に彼の犯罪一手引き受け運び去られ、当のドラモンドデモ隊一緒に警官隊に押しだされた。バーバラの乗った救急車彼に近よりすばやく父を収容する。ハーバートバーバラ別れ告げた。病院対す責任感が彼を引きとめたのだ。今はそれに立ち向かう心のゆとりとファイト湧いてくるのを感じていた。

ホスピタル

名前 Hospital

病院

(ホスピタル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/10 03:36 UTC 版)

病院(びょういん、: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと[注 1]




  1. ^ 病院よりも小規模な医療施設は診療所(クリニック)と呼ばれる。規模的には病院ではあるが、歴史的な理由によりクリニックの名称を残す施設もある(メイヨー・クリニックなど)。
  1. ^ Hall, Daniel (December 2008). “Altar and Table: A phenomenology of the surgeon-priest”. Yale Journal of Biology and Medicine 81 (4): 193–8. PMC: 2605310. PMID 19099050. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2605310/ 2013年7月9日閲覧. "Although physicians were available in varying capacities in ancient Rome and Athens, the institution of a hospital dedicated to the care of the sick was a distinctly Christian innovation rooted in the monastic virtue and practise of hospitality. Arranged around the monastery were concentric rings of buildings in which the life and work of the monastic community was ordered. The outer ring of buildings served as a hostel in which travellers were received and boarded. The inner ring served as a place where the monastic community could care for the sick, the poor and the infirm. Monks were frequently familiar with the medicine available at that time, growing medicinal plants on the monastery grounds and applying remedies as indicated. As such, many of the practicing physicians of the Middle Ages were also clergy." 
  2. ^ 荒川清秀『近代日中学術用語の形成と伝播―地理学用語を中心に』白帝社、1997年、29-30頁。ISBN 4891743220
  3. ^ “医学の展示「痛かったでしょうね」皇后さま 順天堂”. 朝日放送. (2014年4月10日). http://webnews.asahi.co.jp/ann_s_000024828.html 2014年4月15日閲覧。 
  4. ^ Risse (1999) p.56ff
  5. ^ 法顕仏国記』「其国長者・居士各於城内立福徳医薬舎。凡国中貧窮・孤独・残跛・一切病人、皆詣此舎、種種供給。医師看病隋宜、飲食及湯薬皆令得安。差者自去。」
  6. ^ Risse (1999) p.125
  7. ^ イエズス会士 日本通信 上 (新異国叢書 1)』125~126頁、150~151頁、177~179頁、188~189頁、191~192頁  (昭和43年(1968年)12月10日発行 訳者:村上直次郎 編輯者:柳谷武夫 発行所:雄松堂出版)
  8. ^ 南蛮医アルメイダ』45~68頁 「4 府内病院の位置証明」 (1993年9月24日発行 著者:東野利夫 発行所:柏書房)
  9. ^ a b c Health at a Glance 2013 (Report). OECD. (2013-11-21). doi:10.1787/health_glance-2013-en. 
  10. ^ “Best Hospitals 2014-15: Overview and Honor Roll”. USニューズ&ワールド・レポート. (2014年7月15日). http://health.usnews.com/health-news/best-hospitals/articles/2014/07/15/best-hospitals-2014-15-overview-and-honor-roll 
  11. ^ “米病院がNY市場に上場 日本も株式会社経営導入を”. (2011年3月11日). http://the-liberty.com/article.php?item_id=1521 2014年8月30日閲覧。 
  12. ^ 北村豊「「処方薬、高く買い取ります」が横行する不気味 ゆがんだ医療保険制度が市民を小遣い稼ぎに走らせる」『日経ビジネスオンライン』2009年6月26日配信 『株式会社日経BP
  13. ^ “アジア最大の病院グループ上場へ 1500億円調達”. 日経. (2012年7月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1302D_R20C12A7NNE000/ 
  14. ^ 2019年 医療施設(動態)調査・病院報告の概況 (Report). 厚生労働省. (2019). https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/19/. 
  15. ^ 昭和24年9月10日医発第752号厚生省医務局長通知「病院診療所の診療に関する件」
  16. ^ 診療費の支払いにクレジットカード等が利用できる病院を増やしてほしい(概要)総務省中部管区行政評価局
  17. ^ コイニー株式会社の紹介ページ
  18. ^ ドイツの社会的入院・連携問題と関連法制 (特集 社会的入院の解消)」『健保連海外医療保障』第87巻、健康保険組合連合会、2010年9月、 10-20頁、 NAID 40017351301
  19. ^ a b OECD Economic Surveys: Japan 2009 (Report). OECD. (2009-08-13). pp. 112-113. doi:10.1787/eco_surveys-jpn-2009-en. ISBN 9789264054561. 
  20. ^ 長岡和 『爆弾精神科医』 情報センター出版局、2008年11月5日、143頁。ISBN 978-4795849426 
  21. ^ Making Mental Health Count - The Social and Economic Costs of Neglecting Mental Health Care (Report). OECD. (2014-07). pp. 15-16. doi:10.1787/9789264208445-en. 
  22. ^ 大阪の病院、隠し所得で医師・看護師引き抜き…国税指摘 読売新聞 2008年12月5日
  23. ^ ミシェル・フーコー監獄の誕生』新潮社
  24. ^ ルイス・G.レッドストーン編 田中一夫訳 『病院と医療施設』 啓学出版 現代建築集成


「病院」の続きの解説一覧



ホスピタルと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホスピタル」の関連用語

ホスピタルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホスピタルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの病院 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS