會津八一とは?

あいづやいち あひづ- 【会津八一】 ○

1881~1956歌人書家美術史家新潟県生まれ。号は秋艸(ゆうそう道人・渾斎。母校早大東洋美術史を講じ、かたわら奈良古寺古仏を歌った。歌集南京なんきよう)新唱」「鹿鳴集」。論文法隆寺法起寺法輪寺建立年代研究」など。

会津八一

読み方あいづ やいち

歌人書家美術史家新潟県生。号は秋艸道人・渾斎等。早大卒。中学時代から俳句和歌作る奈良古寺巡遊仏教美術への造詣深め美術学者としての地歩を築くかたわら作歌本格化万葉調の平がな書きによる荘重かつ芳醇歌風奈良古寺古仏を詠み、世の評価を得た。歌集に『南京新唱』『鹿鳴集』、歌論歌話集に『渾斎随筆』等。また書にも独自の境地開き書跡集『遊神帖』等がある。文学博士早大名誉教授新潟市名誉市民昭和31年1956)歿、75才。

会津八一

会津八一の俳句

苗代の畦つたふ猫の後ろつき
苗代や干し連ねたる何の網
 

会津八一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/21 08:18 UTC 版)

会津 八一(あいづ やいち、會津八一[1]1881年明治14年)8月1日 - 1956年昭和31年)11月21日)は、日本歌人美術史家・書家雅号は、秋艸道人、渾斎。1951年に新潟市名誉市民。 


  1. ^ 本人自身「會津」表記で署名しており、今日著作(文庫以外)や、多くの伝記研究(例えば、工藤美代子 『野の人 會津八一』新潮社、2001年など)も、ほぼこの表記である。
  2. ^ 「津田博士の裁判に関する上申書」『聞き書 南原繁』(東京大学出版会、1989年)所収。
  3. ^ 大岡信『窪田空穂論』(岩波書店、1987年)75頁。
  4. ^ ただし、翌1954年に書画集『春日野』(文藝春秋新社杉本健吉画)が限定350部で刊行されている。
  5. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)12頁。
  6. ^ 『全集』旧版は全10巻、1950年代・60年代・70年代の各後半に刊行した。
  7. ^ 大橋一章 『會津八一』(中公叢書、2015年)がある。
  8. ^ 初版は1953年(新潮社刊)。1960年には中央公論社から、1965年には中央公論美術出版から、それぞれ補正をされた上で刊行された。
  9. ^ 『秋艸道人會津八一』(春秋社 2冊組、1980年、新版1993年)に収録。春秋社では喜多上『會津八一の歌境』(1993年)ほか数冊が刊行。
  10. ^ 三作品とも八一の仮名のみの「歌集」を、漢字かな混りに書き下し、詳しい注と鑑賞を施す試みを行った。著者による研究は『會津八一 人生と芸術』(砂子屋書房、2004年、第3回日本歌人クラブ評論賞受賞)と、『私説会津八一』(近代文芸社、1996年)がある。
  11. ^ 編者の植田重雄は会津の門下生。会津関連の著作に『秋艸道人會津八一の学芸』(清流出版 2005年)、『秋艸道人會津八一の生涯』と『秋艸道人會津八一の芸術』(いずれも恒文社)がある。
  12. ^ 和光慧『定本会津八一の名歌 古都奈良の詩情』(和泉書院、1998年)がある。また二玄社で、『會津八一と奈良 歌と書の世界』(西世古柳平解説、写真入江泰吉、1992年)がある。


「会津八一」の続きの解説一覧



會津八一と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「會津八一」の関連用語

會津八一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



會津八一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの会津八一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS