菜食とは?

さい しょく [0] 【菜食】

( 名 ) スル
人間野菜果物など植物性食品中心に食べ、肉・魚類避けること。 ⇔ 肉食

菜食

作者立松和平

収載図書晩年
出版社人文書院
刊行年月2007.6


菜食主義

(菜食 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/10 10:06 UTC 版)

菜食主義(さいしょくしゅぎ、: Vegetarianism)とは、健康倫理宗教等の理由から、動物性食品の一部又は全部を避ける食生活を行うことであり、実践する人を一般的にベジタリアン又はヴィーガン等と呼ぶ。菜食主義の分類は細かい。




  1. ^ 末次勲『菜食主義』1983年。
  2. ^ The Vegetarian Society(英語)(英国ベジタリアン協会)
  3. ^ 蒲原聖可 『ベジタリアンの医学』 平凡社〈文庫〉
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q James C. Whorton. 吉岡倭子、三輪睿太郎監訳 「菜食主義」『ケンブリッジ世界の食物史5』 朝倉書店、2005年、229-244頁。ISBN 978-4-254-43535-1
  5. ^ Abstinence from Animal Food Book 2 Porphyry(英語) (Animal Rights History)
  6. ^ a b c d e f g h i “Vegetarianism” (英語). Wikipedia. (2018年5月9日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Vegetarianism&oldid=840393591. 
  7. ^ a b “Vegetarianism” (英語). Wikipedia. (2018年5月14日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Vegetarianism&oldid=841245801. 
  8. ^ “Vegetarianism” (英語). Wikipedia. (2018年5月14日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Vegetarianism&oldid=841245801. 
  9. ^ Daily Life:vegetarianの語源”. blog.livedoor.jp. 2018年5月13日閲覧。
  10. ^ History of Vegetarianism(英語)(英国ベジタリアン協会)
  11. ^ The Meat-Eating Culture of Japan at the Beginning of Westernization”. 2018年5月14日閲覧。
  12. ^ 図録▽食生活の変化(1910年代以降の品目別純食料・たんぱく質供給量) (社会実情データ図録)
  13. ^ 参議院会議録情報 第101回国会 外交・総合安全保障に関する調査特別委員会 第8号”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年5月13日閲覧。
  14. ^ “動物はごはんじゃないデモ行進2016レポート” (日本語). 畜産動物のためのサイト:動物はあなたのごはんじゃない. (2016年6月14日). http://www.hopeforanimals.org/event/shutdonwallslughterhouses2016/ 2018年5月13日閲覧。 
  15. ^ a b Food & Drink Guide 英国ベジタリアン・ソサエティー
  16. ^ a b c ベジタリアンQ&A(2010年1月11日時点のアーカイブ国際ベジタリアン連合
  17. ^ a b ベジタリアンの分類 日本ベジタリアン協会
  18. ^ oriental vegetari...の意味・用例” (日本語). eow.alc.co.jp. 2018年5月13日閲覧。
  19. ^ オリエンタルベジタリアン(Oriental-vegetarian)” (日本語). pollen-disease.com. 2018年5月13日閲覧。
  20. ^ “Fruitarianism” (英語). Wikipedia. (2018年5月8日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Fruitarianism&oldid=840146713. 
  21. ^ Definitions of some other confusing terms(英語) 国際ベジタリアン連合
  22. ^ 「Pseudo」は連結形で「偽りの」「仮の」「擬似の」の意味を持つ [1]
  23. ^ “Vegetarianism” (英語). Wikipedia. (2018年5月9日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Vegetarianism&oldid=840393591. 
  24. ^ 日本CI協会桜沢如一がはじめたマクロビオティックの普及団体 [2]
  25. ^ 正食協会西日本で桜沢如一の運動を広めている古い普及団体 [3] 魚介類が中心の動物性食品を1〜2の割合摂取が目安
  26. ^ クシインスティチュートインターナショナル久司道夫による普及団体[4] 週に数回の魚介類・月に数回の肉が標準食
  27. ^ PCAインドウィークリー (PDF) (PCAアセット)
  28. ^ Buddhism and Vegetarianism(英語) (Urban Dharma - Buddhism in America)
  29. ^ Buddhism and Vegetarianism(英語) (About.com)
  30. ^ “Vegetarianism” (英語). Wikipedia. (2018年5月9日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Vegetarianism&oldid=840393591. 
  31. ^ “Vegetarianism” (英語). Wikipedia. (2018年5月9日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Vegetarianism&oldid=840393591. 
  32. ^ Wasserman, David; Asch, Adrienne; Blustein, Jeffrey; Putnam, Daniel (2017). Zalta, Edward N.. ed. The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Fall 2017 ed.). Metaphysics Research Lab, Stanford University. https://plato.stanford.edu/archives/fall2017/entries/cognitive-disability/. 
  33. ^ “Vegetarianism” (英語). Wikipedia. (2018年5月9日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Vegetarianism&oldid=840393591. 
  34. ^ NPO法人アニマルライツセンター. “牛肉にされるために飼育される牛 | NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、工場畜産、犬猫等の虐待的飼育をなくしエシカルな社会へ” (日本語). アニマルライツセンター. 2018年5月9日閲覧。
  35. ^ NPO法人アニマルライツセンター. “ミルクを生産するために使われる牛たち | NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、工場畜産、犬猫等の虐待的飼育をなくしエシカルな社会へ” (日本語). アニマルライツセンター. 2018年5月9日閲覧。
  36. ^ “乳牛の尾の切断” (日本語). 畜産動物のためのサイト:動物はあなたのごはんじゃない. (2016年7月7日). http://www.hopeforanimals.org/dairy-cow/466 2018年5月9日閲覧。 
  37. ^ “宗教と畜-日本で行われている気絶無しの牛の屠殺” (日本語). 畜産動物のためのサイト:動物はあなたのごはんじゃない. (2017年1月17日). http://www.hopeforanimals.org/slaughter/329/ 2018年5月10日閲覧。 
  38. ^ “子豚の尾を麻酔なしで切断” (日本語). 畜産動物のためのサイト:動物はあなたのごはんじゃない. (2015年12月31日). http://www.hopeforanimals.org/pig/430 2018年5月9日閲覧。 
  39. ^ “子豚の歯を麻酔なしで切断” (日本語). 畜産動物のためのサイト:動物はあなたのごはんじゃない. (2016年1月22日). http://www.hopeforanimals.org/pig/426 2018年5月9日閲覧。 
  40. ^ “ブタの去勢 麻酔なし” (日本語). 畜産動物のためのサイト:動物はあなたのごはんじゃない. (2015年6月30日). http://www.hopeforanimals.org/pig/336 2018年5月9日閲覧。 
  41. ^ “採卵鶏のあまりにも酷い最期の一日 加工肉用に殺される採卵鶏たちは身動きが取れない中、卵と糞尿まみれで長時間放置されていた” (日本語). 畜産動物のためのサイト:動物はあなたのごはんじゃない. (2018年4月4日). http://www.hopeforanimals.org/eggs/chickens-are-left-for-long-hours-before-slaughtering/ 2018年5月9日閲覧。 
  42. ^ “ウィンドレス鶏舎が増える日本、減る世界” (日本語). 畜産動物のためのサイト:動物はあなたのごはんじゃない. (2017年11月10日). http://www.hopeforanimals.org/broiler/542 2018年5月9日閲覧。 
  43. ^ “シャックリング(懸鳥)の苦痛-鶏の屠殺” (日本語). 畜産動物のためのサイト:動物はあなたのごはんじゃない. (2017年5月3日). http://www.hopeforanimals.org/slaughter/529 2018年5月9日閲覧。 
  44. ^ “飼育密度が高すぎる日本の鶏肉(ブロイラー)” (日本語). 畜産動物のためのサイト:動物はあなたのごはんじゃない. (2017年4月10日). http://www.hopeforanimals.org/broiler/495 2018年5月9日閲覧。 
  45. ^ “採卵鶏のクチバシの切断(デビーク) - 日本の切断率:83.7%” (日本語). 畜産動物のためのサイト:動物はあなたのごはんじゃない. (2016年12月19日). http://www.hopeforanimals.org/egg%EF%BD%93/441 2018年5月9日閲覧。 
  46. ^ ヘルムート・F・カプラン. 死体の晩餐. 同時代社. 
  47. ^ “Vegetarianism” (英語). Wikipedia. (2018年5月14日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Vegetarianism&oldid=841245801. 
  48. ^ 我が国の食料自給率-平成15年度食料自給率レポート』農林水産省(農林水産省)
  49. ^ フランシス・ムア・ラッペ『小さな惑星の緑の食卓』 奥沢喜久栄訳、講談社、1982年。ISBN 978-4-06-142668-9
  50. ^ a b c No.244 穀物を家畜でなく人間が直接食べれば,世界の人口扶養力が向上 | 西尾道徳の環境保全型農業レポート” (日本語). lib.ruralnet.or.jp. 2018年5月10日閲覧。
  51. ^ “The Environmental Impact of a Meat-Based Diet” (英語). Vegetarian Times. https://www.vegetariantimes.com/life-garden/the-environmental-impact-of-a-meat-based-diet 2018年5月16日閲覧。 
  52. ^ “フィンテックの次にフードテック・ブームが来ると確信できる10の理由(Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180604-00021177-forbes-sci&p=2 2018年6月7日閲覧。 
  53. ^ 地球にとって最悪な「人間の食べ物」 英研究者らが解明” (日本語). www.msn.com. 2018年6月12日閲覧。
  54. ^ “大気中CO2濃度の上昇、栄養不足の急増招く恐れ 研究” (日本語). http://www.afpbb.com/articles/-/3187470 2018年8月29日閲覧。 
  55. ^ “食糧生産が地球環境に及ぼす影響 オックスフォード大の最新研究 | 財経新聞” (日本語). 財経新聞. https://www.zaikei.co.jp/article/20180604/445707.html 2018年6月14日閲覧。 
  56. ^ [5][リンク切れ]
  57. ^ 日本の輸入食料、海外産地は水427億トンで生産」(読売新聞、2008年3月1日)
  58. ^ 肥料価格の現状等について 農林水産省生産局
  59. ^ 飼料をめぐる情勢”. 2018年5月14日閲覧。
  60. ^ 食料自給率①”. 2018年5月14日閲覧。
  61. ^ “UN World Food Programme” (日本語). http://ja.wfp.org/news-release/140919 2018年5月14日閲覧。 
  62. ^ フランセス・ムア・ラッペ、ジョセフ・コリンズ『食糧第一-食糧危機神話の虚構性を衝く』 三一書房、1982年。
  63. ^ 食糧第一:食糧と開発のための政策研究所 日本語サイト
  64. ^ Livestock a major threat to environment(英語) (FAO)
  65. ^ 「温暖化防止にライフスタイルの変革を」、IPCC議長 国際ニュース (AFPBB News、2008年1月22日)
  66. ^ 「肉の消費減らせばCO2削減」IPCC議長が提言(asahi.com、2008年9月8日10時55分)
  67. ^ Robert Goodland and Jeff Anhang Livestock and Climate Change: What if the key actors in climate change are...cows, pigs, and chickens? World Watch, November/December 2009 pp10-19.
  68. ^ CO2削減に最も効果的なのに公には奨励されない4つの方法 AFP(2017年7月12日)2017年7月15日閲覧
  69. ^ Livestock a major threat to environment” (英語). www.fao.org. 2018年5月13日閲覧。
  70. ^ アマゾン森林破壊の最大要因は牛飼育、EUの牛肉需要が破壊を加速”. www.juno.dti.ne.jp. 2018年5月24日閲覧。
  71. ^ Cattle ranching threatens core of Biosphere Reserve of Southeast Nicaragua” (英語). news.mongabay.com. 2018年5月13日閲覧。
  72. ^ 地球温暖化と稲作からのメタン発生量
  73. ^ 牛のげっぷを9割削減 出光と北大、天然素材発見 asahi.com
  74. ^ 畜産環境問題の現状と対策について”. 2018年5月14日閲覧。
  75. ^ Position of the American Dietetic Association and Dietitians of Canada "Vegetarian diets" Journal of the American Dietetic Association Vol.103 Issue.6, June 2003, pp748-765.
  76. ^ Pramil N Singh, Joan Sabaté, Gary E Fraser Does low meat consumption increase life expectancy in humans? American Journal of Clinical Nutrition, Vol.78 No.3, September 2003, pp526-532.
  77. ^ a b Vegetarian Nutrition "[6]"Nutrition Bulletin Volume 30 Issue 2, Pages 132 - 167, Published Online: 26 May 2005
  78. ^ Craig WJ, Mangels AR: Position of the American Dietetic Association: vegetarian diets. J Am Diet Assoc. 109 (7):1266-1282(2009) PMID 19562864.
  79. ^ Dietary Guidelines for Americans 2010”. 2018年5月12日閲覧。
  80. ^ China-Cornell-Oxford Project(英語)
  81. ^ エリック・マーカス 『もう肉も卵も牛乳もいらない!』早川書房、2004年6月。ISBN 978-4-15-208573-3。56-57、66頁。原著Vegan
  82. ^ Huge Study Of Diet Indicts Fat And Meat (The New York Times, May 8, 1990)
  83. ^ エリック・マーカス 『もう肉も卵も牛乳もいらない!』早川書房、2004年6月。ISBN 978-4-15-208573-3。56-57、67頁。原著Vegan
  84. ^ Leitzmann, Claus (2005年). “Vegetarian diets: what are the advantages?”. Forum of Nutrition (57): 147–156. ISSN 1660-0347. PMID 15702597. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15702597. 
  85. ^ Li, Duo (2014年1月30日). “Effect of the vegetarian diet on non-communicable diseases”. Journal of the Science of Food and Agriculture 94 (2): 169–173. doi:10.1002/jsfa.6362. ISSN 1097-0010. PMID 23965907. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23965907. 
  86. ^ World Cancer Research Fund and American Institute for Cancer Research (2007). Food, Nutrition, Physical Activity, and the Prevention of Cancer: A Global Perspective. Amer. Inst. for Cancer Research. p. 196. ISBN 978-0972252225. http://wcrf.org/int/research-we-fund/continuous-update-project-cup/second-expert-report. 
  87. ^ Huang, Tao; Yang, Bin; Zheng, Jusheng; Li, Guipu; Wahlqvist, Mark L.; Li, Duo (2012年). “Cardiovascular disease mortality and cancer incidence in vegetarians: a meta-analysis and systematic review”. Annals of Nutrition & Metabolism 60 (4): 233–240. doi:10.1159/000337301. ISSN 1421-9697. PMID 22677895. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22677895. 
  88. ^ Godos J, et al. Vegetarianism and breast, colorectal and prostate cancer risk: an overview and meta-analysis of cohort studies. J Hum Nutr Diet. 2016 Oct 6. doi: 10.1111/jhn.12426. [Epub ahead of print]
  89. ^ a b 奥田豊子、西村(三好)弘子、巻田知恵 ほか、完全菜食摂取時のタンパク質代謝 The Annals of physiological anthropology. Vol.13 (1994) No.6 P.393-401, doi:10.2114/ahs1983.13.393
  90. ^ Lanou AJ (2009年). “Should dairy be recommended as part of a healthy vegetarian diet? Counterpoint”. Am. J. Clin. Nutr. 89 (5): 1638S–1642S. doi:10.3945/ajcn.2009.26736P. PMID 19321571. http://ajcn.nutrition.org/content/89/5/1638S.long. 
  91. ^ Bischoff-Ferrari, Heike A.; Dawson-Hughes, Bess; Baron, John A.; Kanis, John A.; Orav, Endel J.; Staehelin, Hannes B.; Kiel, Douglas P.; Burckhardt, Peter et al. (2011年4月). “Milk intake and risk of hip fracture in men and women: a meta-analysis of prospective cohort studies”. Journal of Bone and Mineral Research: The Official Journal of the American Society for Bone and Mineral Research 26 (4): 833–839. doi:10.1002/jbmr.279. ISSN 1523-4681. PMID 20949604. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20949604. 
  92. ^ Michaëlsson, Karl; Wolk, Alicja; Langenskiöld, Sophie; Basu, Samar; Lemming, Eva Warensjö; Melhus, Håkan; Byberg, Liisa (2014年10月28日). “Milk intake and risk of mortality and fractures in women and men: cohort studies” (英語). BMJ 349: g6015. doi:10.1136/bmj.g6015. ISSN 1756-1833. PMID 25352269. https://www.bmj.com/content/349/bmj.g6015. 
  93. ^ Roy, Brian D (2008年10月2日). “Milk: the new sports drink? A Review”. Journal of the International Society of Sports Nutrition 5: 15. doi:10.1186/1550-2783-5-15. ISSN 1550-2783. PMC PMC2569005. PMID 18831752. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2569005/. 
  94. ^ Barnard ND, Katcher HI, Jenkins DJ, Cohen J, Turner-McGrievy G (2009年). “Vegetarian and vegan diets in type 2 diabetes management”. Nutrition Reviews 67 (5): 255–63. doi:10.1111/j.1753-4887.2009.00198.x. PMID 19386029. 
  95. ^ North K, Golding J. A maternal vegetarian diet in pregnancy is associated with hypospadias. The ALSPAC Study Team. Avon Longitudinal Study of Pregnancy and Childhood. BJU Int. 2000 Jan;85(1):107-13.
  96. ^ 田上孝一. 権利の哲学入門. 社会評論社. p. 311. 
  97. ^ スー・ドナルドソン/ウィル・キムリッカ. 人と動物の政治共同体. 尚学社. p. 74. 
  98. ^ a b カルシフェロール及び25-ヒドロキシコレカルシフェロール”. 2018年5月18日閲覧。
  99. ^ 肉用牛に水溶性ビタミン補給は必要か”. 2018年5月18日閲覧。
  100. ^ ビタミンB12を多く含む食品と飲み物 | おすすめレシピと効率的な摂り方” (日本語). e-kenkou.net. 2018年5月18日閲覧。
  101. ^ Jack Norris (2002年5月). “Vitamin B12: Are You Getting It?”. Vegan Outreach. 2003年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月24日閲覧。 その解説個人サイト、海藻とビタミンB12
  102. ^ Jack Norris (Registered Dietitian Director, Vegan Outreach) (2015年10月). “B12 in Tempeh, Seaweeds, Organic Produce, and Other Plant Foods”. VeganHealth.org. 2017年1月24日閲覧。
  103. ^ 鈴木英鷹「鈴木英鷹 完全菜食とビタミンB12欠乏(完全菜食において海苔はビタミンB12の供給源として有効である)」 『大阪ソーシャルサービス研究』2003年12月20日、pp.19-25
  104. ^ 代表研究者香川靖雄 ベジタリアンの脂肪酸不飽和化酵素遺伝子多型による脂質栄養の解析(科学研究費助成データベース)
  105. ^ “Office of Dietary Supplements - Vitamin D” (英語). https://ods.od.nih.gov/factsheets/VitaminD-HealthProfessional/#h5 2018年5月18日閲覧。 
  106. ^ ビタミンDが多い食べ物・食品ランキング TOP100|くすりの健康日本堂” (日本語). k-nihondo.jp. 2018年5月18日閲覧。
  107. ^ 妊産婦の血清中脂肪酸と母乳中脂肪酸組成に関する研究 : とくに、エイコサペンタエン酸に関する検討-鳥取大学研究成果リポジトリ”. repository.lib.tottori-u.ac.jp. 2018年5月18日閲覧。
  108. ^ a b Key, Timothy J.; Appleby, Paul N.; Rosell, Magdalena S. (2006年2月). “Health effects of vegetarian and vegan diets”. The Proceedings of the Nutrition Society 65 (1): 35–41. ISSN 0029-6651. PMID 16441942. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16441942. 
  109. ^ 脂質と脂肪酸のはなし”. p. 3. 2018年5月20日閲覧。
  110. ^ a b 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)”. 2018年5月19日閲覧。
  111. ^ “[https://health.gov/dietaryguidelines/2015/resources/2015-2020_Dietary_Guidelines.pdf DIETARY GUIDELINES FOR AMERICANS]”. 2018年5月20日閲覧。
  112. ^ 1-3脂質”. 2018年6月10日閲覧。
  113. ^ 渡部 由美・鈴木 英鷹 Vegetarian Research Vol. 4, No.1, 9-15 (2003)
  114. ^ 厚生労働省 第3部 栄養素等摂取状況
  115. ^ 菜食主義は心疾患や脳こうそくのリスクを高める-インド研究 (2008年7月15日Web-Tab)
  116. ^ Eat non-veg food to reduce heart attack risk: study (15 July 2008)
  117. ^ Vegetarians prone to strokes: Study (13 July 2008, The Siasat Daily)
  118. ^ Eat non-veg food to reduce heart attack risk: Study (New Delhi Indo-Asian News Service, Jul 15, 2008)
  119. ^ ベジタリアンの骨は肉食者よりも弱い、オーストラリア調査 (2009年7月3日、AFPBB)
  120. ^ Vegan diet leads to less dense bones (ABC, 2 July 2009)
  121. ^ “人間が肉食に適していない理由とは? - ライブドアニュース” (日本語). ライブドアニュース. http://news.livedoor.com/article/detail/8560499/ 2018年6月21日閲覧。 
  122. ^ シェリー・F・コーブ. 菜食への疑問に答える13章. 新評論. p. 19. 
  123. ^ The slow but steady rise of vegetarianism in Australia”. Roy Morgan (2016年8月). 2016年10月2日閲覧。
  124. ^ Vegetarians, vegans 'hated and bullied in Australia', author says”. ABC (2016年8月). 2017年1月13日閲覧。
  125. ^ Verbreitung der vegetarischen Lebensweise”. Verein gegen tierfabriken. 2016年4月9日閲覧。
  126. ^ IBOPE 2012: 15,2 milhões de brasileiros são vegetarianos”. IBOPE (2012年10月). 2015年10月1日閲覧。
  127. ^ Meat consumption and higher prices”. British Food Journal. Emerald Group Publishing Limited. pp. 2251–2270. doi:10.1108/bfj-03-2016-0121. 2018年3月14日閲覧。
  128. ^ Meat consumption and higher prices”. British Food Journal. Emerald Group Publishing Limited. pp. 2251–2270. doi:10.1108/bfj-03-2016-0121. 2018年3月14日閲覧。
  129. ^ Radio Prague - Beyond pork and dumplings - alternative diets in the Czech Republic”. Radio.cz. 2016年3月31日閲覧。
  130. ^ Magistad, Mary Kay. Public Radio International, 27 June 2013, "Vegan lunch: Going meatless in Beijing". Accessed 26 January 2014.
  131. ^ Mange "opfatter" sig selv som vegetarer”. Coop Analyse. Coop Analyse (2011年6月22日). 2015年6月3日閲覧。
  132. ^ Rehevä kasvisruokavalio on hyväksi terveydelle ja ympäristölle | Ruokatieto Yhdistys”. Ruokatieto.fi. 2016年4月9日閲覧。
  133. ^ Lapsiperheissä halutaan syödä lihaa”. Lihatiedotus.fi. 2016年5月16日閲覧。
  134. ^ Kivimäki, Hanna (2013年3月). “POIKKILEIKKAUSTUTKIMUS VEGAANIEN RUOANKÄYTÖSTÄ JA RAVINTOAINEIDEN SAANNISTA”. Epublications.uef.fi. 2018年1月23日閲覧。
  135. ^ Haurant, Sandra (2011年10月26日). “French government 'banning vegetarianism' in school canteens”. The Guardian. https://www.theguardian.com/lifeandstyle/wordofmouth/2011/oct/26/french-government-banning-vegetarianism-schools 2012年9月28日閲覧。 
  136. ^ Anzahl der Veganer und Vegetarier in Deutschland”. Vebu.de. 2018年4月8日閲覧。
  137. ^ Anzahl der Veganer und Vegetarier in Deutschland”. Vebu.de. 2018年4月8日閲覧。
  138. ^ a b Bazzi, Adrianna (2009年2月12日). “Vegetariano un italiano su dieci”. Corriere della Sera. http://www.corriere.it/salute/nutrizione/09_febbraio_12/italia_vegetariano_uno_su_dieci_9395e690-f8e1-11dd-bd31-00144f02aabc.shtml 2011年6月16日閲覧。 
  139. ^ his Survey Found Out How Many Indians Are Non-Vegetarians”. Scoopwhoop.com. 2018年1月23日閲覧。
  140. ^ At 99%, Telangana has maximum non-vegetarians in the country”. Timesofindia.indiatimes.com. 2018年1月23日閲覧。
  141. ^ a b In the land of milk and honey, Israelis turn vegan”. Reuters.com (2015年7月21日). 2018年1月23日閲覧。
  142. ^ a b טלשיר, רחל (2014年9月17日). “גדל מספר הצמחונים - אבל מהסוג הגמיש” (ヘブライ語). הארץ. https://www.haaretz.co.il/food/eatornot/.premium-1.2436863 2017年7月23日閲覧。 
  143. ^ a b Il popolo dei vegetariani e vegani in Italia: l'infografica”. Repubblica.it. 2016年3月31日閲覧。
  144. ^ Un bébé sous régime vegan retiré à ses parents pour malnutrition” (フランス語) (2016年7月11日). 2016年7月11日閲覧。
  145. ^ a b Animal Rights Center Japan survey results, Hachidory Vegan website information page .”. Animal Rights Center Japan. 2015年6月1日閲覧。
  146. ^ Kirse, Asnate (2013年12月). “QUALITY EVALUATION OF NEW VEGETARIAN BEAN SPREADS”. Latvia University of Agriculture, Faculty of Food Technology. 2016年12月11日閲覧。
  147. ^ Vegetarisme”. Dietcetera.nl. 2018年1月23日閲覧。
  148. ^ Vegetarisch eten - Lekker Gezond”. Lekkergezond.nl. 2018年1月23日閲覧。
  149. ^ Vegetarianism on the rise in New Zealand”. Roy Morgan Research. Roy Morgan Research. 2016年7月28日閲覧。
  150. ^ The Nordic market for vegetarian food on the rise”. Issuu.com. 2016年12月11日閲覧。
  151. ^ a b Wyniki badania Instytutu Badania Opinii Homo Homini dla LightBox, wrzesień 2013”. Lightbox.pl. 2016年4月9日閲覧。
  152. ^ a b 120 000 vegetarianos - Número quadruplica em 10 anos”. Centrovegetariano.org. 2018年1月23日閲覧。
  153. ^ Кто такие вегетарианцы?” (ロシア語). ФОМ (2014年8月20日). 2018年5月17日閲覧。
  154. ^ Исследовательский центр портала Superjob.ru (2013年11月20日). “К вегетарианству в России относятся благожелательно, но практикуют редко” (ロシア語). Superjob. Социологические опросы. 2018年5月17日閲覧。
  155. ^ a b Gabrijelčič Blenkuš ... [et al.] (2009) (Slovenian). Prehrambene navade odraslih prebivalcev Slovenije z vidika varovanja zdravja. Ljubljana, Slovenia: Inštitut za varovanje zdravja Republike Slovenije. pp. 118-119. ISBN 978-961-253-042-6. http://www.nijz.si/sl/publikacije/prehrambene-navade-odraslih-prebivalcev-slovenije. 
  156. ^ a b Photographic image (JPG)”. Lantern.es. 2018年1月23日閲覧。
  157. ^ a b One in ten Swedes is vegetarian: survey”. Thelocal.se (2014年3月21日). 2018年1月23日閲覧。
  158. ^ a b Veggie survey 2017”. Swissveg.ch. 2018年1月23日閲覧。
  159. ^ a b “Compare the Market survey, UK now 7% vegan” (英語). Compare The Market. (2018年4月3日). https://www.comparethemarket.com/car-insurance/content/cars-against-humanity/?awc=7896_1522781882_4392d38b21eed32b5792add9bbc3f7d0&AFFCLIE=EE11&APUID=201309 2018年4月3日閲覧。 
  160. ^ Public Attitudes to Food survey 2009. Food Standards Agency. (2009). http://www.food.gov.uk/multimedia/pdfs/publicattitudestofood.pdf 2009年5月31日閲覧。. 
  161. ^ National Diet and Nutrition Survey (NDNS): results from Years 1 to 4 (combined), Public Health England and Food Standards Agency, 14th May 2014
  162. ^ Find out how many vegans are in Great Britain”. The Vegan Society. 2016年7月24日閲覧。
  163. ^ The Vegetarian Resource Group Asks in a 2016 National Poll Conducted by Harris Poll”. The Vegetarian Resource Group. The Vegetarian Resource Group. 2017年12月20日閲覧。
  164. ^ Top Trends in Prepared Foods 2017: Exploring trends in meat, fish and seafood; pasta, noodles and rice; prepared meals; savory deli food; soup; and meat substitutes”. ReportBuyer Ltd.. ReportBuyer Ltd.. 2017年12月20日閲覧。
  165. ^ Vlaams infocentrum land- en tuinbouw - De flexitariër wordt een talrijke soort”. Vilt.be. 2018年1月23日閲覧。
  166. ^ From radical to trendy for Mainers living without meat”. Pressherlad.com (2015年1月14日). 2018年1月23日閲覧。
  167. ^ The New Vegan Movement in Taiwan”. Ketagalanmedia.com (2016年6月20日). 2018年1月23日閲覧。
  168. ^ Countries With The Highest Rates Of Vegetarianism”. Worldatlas.com. 2018年1月23日閲覧。
  169. ^ Welcome veganurbanite.com - BlueHost.com”. Veganurbanite.com. 2018年1月23日閲覧。
  170. ^ Embracing vegetarianism”. Koreatimes.co.kr (2015年4月1日). 2018年1月23日閲覧。







品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「菜食」の関連用語

菜食のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



菜食のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの菜食主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS