魚料理とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 魚料理の意味・解説 

魚料理

読み方:さかなりょうり

魚類主な食材として使用した料理を指す表現。例としては焼き魚刺身など。

魚料理

作者トゥールズ・ロートレック,モーリス・ジョワイヤン

収載図書雨の日釣師のために―釣文学35傑作新装版〕
出版社ティビーエス・ブリタニカ
刊行年月1991.9


魚料理

作者上原尚子

収載図書ノロイの怪魔
出版社あかね書房
刊行年月2008.4
シリーズ名怪異伝説ダレカラキイタ?


魚類

(魚料理 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/24 01:43 UTC 版)

魚類(ぎょるい)は、脊椎動物亜門 Vertebrata から四肢動物を除外した動物群。日常語で(さかな)[注釈 1]と呼ばれる動物である。


注釈

  1. ^ 「さかな」の語源についてはを参照。

出典

  1. ^ a b ゲイリー・L・フランシオン『動物の権利入門』井上太一訳、緑風出版、2018年4月、78頁。ISBN 9784846118044
  2. ^ 「鏡に映る自分」がわかる魚を初めて確認!~世界の常識を覆す大発見〜大阪市立大学(2019年02月08日)2019年4月14日閲覧。
  3. ^ If a fish can pass the mark test, what are the implications for consciousness and self-awareness testing in animals?PLOS BIOLOGY, Published: February 7, 2019(2019年4月14日閲覧)。
  4. ^ 「鏡の中の自分」がわかる魚を初確認、大阪市大」『ナショナルジオグラフィック日本版』。2018年9月14日閲覧。
  5. ^ “メダカのメスは面食い?「顔」でオス認識し交尾”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). (2017年7月12日). オリジナルの2017年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170715022845/http://www.yomiuri.co.jp/science/20170712-OYT1T50045.html 2019年3月19日閲覧。 
  6. ^ 魚は痛みを感じるか”. 2018年9月14日閲覧。
  7. ^ そげんことあると?魚同士の会話に方言が使われていることが判明 - 釣りの総合情報サイト「ツリホウ(釣報)」”. 釣りの総合情報サイト. 2018年9月14日閲覧。
  8. ^ 日本動物学会2018 pp.92-93
  9. ^ Diet and Lifestyle Recommendations”. American Heart Association, Inc.. 2010年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月19日閲覧。
  10. ^ 日本の長寿地域の現状 (1976年)、香川 靖雄ほ か (1976)『栄養学雑誌』Vol. 34, No. 4.
  11. ^ 近藤正二、第14回 日本医学会総会特別講演、p. 132 (1955) 医学出版協会
  12. ^ 近藤正二 (1954)『臨床と研究』33, p684
  13. ^ 上野・坂本 2005, pp. xviii–xxii.
  14. ^ 上野・坂本 2005, pp. xxiv–xxxii.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「魚料理」の関連用語

魚料理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



魚料理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの魚類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS