ホンソメワケベラとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > ホンソメワケベラの意味・解説 

本染分遍羅

読み方:ホンソメワケベラ(honsomewakebera)

スズキ目海魚


ホンソメワケベラ

学名Labroides dimidiatus 英名:Bluestreak cleaner wrasse
地方名: 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目ベラ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
岩礁サンゴ礁域に生息している。大型表面付着している寄生虫口内にある残り物を食べるという清掃習性がある。大型肉食魚もその習性をわかっているので食べることはない。ホンソメワケベラを除去すると大型は減ってしまう。夜は岩陰サンゴのすき間に入り込み、口から出し粘液で体を包み込んで休む。雄は広い縄張り持ち、数尾の雌とハーレム作る。雄がいなくなってしまうと最上位の雌がすぐに性転換をして雄になる。本州南岸では夏が産卵期で海面近く雌雄つがいで産卵する。食用とされないが観賞用として利用される。

分布:千葉県以南インド中部太平洋 大きさ:12cm
漁法:  食べ方: 

ホンソメワケベラ

ホンソメワケベラ
ホンソメワケベラ
ホンソメワケベラ
ホンソメワケベラ
名称
ホンソメワケベラ
飼育園館
葛西臨海水族園
生息地
千葉県以南インド洋中部太平洋
体の大きさ
全長12cm
えさ
つぎのをご覧ください
特徴
浅い岩場サンゴ礁にすんでいます。オスは広いなわばりをもち、数匹のメスハーレムをつくります。性転換をし、オスがいなくなると、すぐに一番強いメスオスへと変わります。他のの体のについた寄生虫を食べる「掃除魚」としても有名です。独特のリズミカル泳ぎで他の誘い、近づいてきた大きながひれを広げたりすると、体にまとわりついたり、ときには口の中に入ったりして、体表やえらについた寄生虫を食べたり、傷んだ組織などを掃除します。このベラはふつう他の食べられることはありません。
 
“ホンソメワケベラ”に関連するニュース・催し物はこちら(1件)

本染分倍良

読み方:ホンソメワケベラ(honsomewakebera)

ベラ科海水魚


ホンソメワケベラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/14 13:53 UTC 版)

ホンソメワケベラ(本染分倍良、学名:Labroides dimidiatus)は、スズキ目・ベラ科・カンムリベラ亜科に属する魚の一種。白地に黒帯の特徴的な体色と、他の魚を「掃除」する行動が知られる。元々は「ホソメワケベラ」であったが、読み違いにより「ホンソメワケベラ」となったというエピソードがある[1]


  1. ^ 桑村哲生 「ホンソメワケベラ-ハレムの雄がいなくなると…」『渚の生物』 海鳴社、1981年、16頁。


「ホンソメワケベラ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ホンソメワケベラ」の関連用語

ホンソメワケベラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キヘリモンガラ

シジュウカラ

カタクチイワシ

ワライカワセミ

ギンダラ

ボラ

ミシマオコゼ

オオサンショウウオ





ホンソメワケベラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2018 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホンソメワケベラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS