ふとんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 布団 > ふとんの意味・解説 

ふ‐とん【布団/×蒲団】

《「ふ()」「とん(団)」は唐音。「布」は「」に当てた字》

布地縫い合わせ中に綿・羽毛などを入れた寝具敷き布団掛け布団など。「—を敷く」「—を上げる」「煎餅(せんべい)—」《 冬》「—着て寝たる姿や東山嵐雪

座禅などで座るときに用いる(がま)ので編んだ円形のもの。

[補説] 書名別項。→蒲団


ふとん【蒲団/FUTON】


ふとん

★1.蒲団匂いを嗅いで女を偲ぶ

蒲団田山花袋竹中時雄は、女学生芳子が去った後(*→〔教え子〕5)、彼女の部屋へ入って、蒲団夜着押入れから引き出す。女の懐かしい油の匂いと汗のにおいが、時雄の胸をときめかした。夜着天鵞絨ビロード)の襟に顔を近づけて、心ゆくまで女の匂いを嗅いだ。性慾悲哀絶望が、時雄の胸を襲った。時雄は蒲団を敷き、夜着をかけ、天鵞絨の襟に顔を埋めて泣いた。

*女の移り香がしみついた薄衣→〔衣服〕7の『源氏物語』「空蝉」。

★2.蒲団から声がする。

鳥取蒲団のはなし』小泉八雲知られざる日本の面影』) 鳥取宿屋が、古手屋から1掛蒲団を買った。夜になると蒲団から「あにさん寒かろう」「お前寒かろう」と声がするので、客は気味悪がった。かつてその蒲団には、両親亡くした貧し兄弟が寝て、「あにさん寒かろう」「お前寒かろう」といたわり合っていたが、家主蒲団取り上げ雪の日に兄弟凍死したのだった

★3.何重ね布団の下の物を感知する。

えんどう豆の上に寝たお姫様アンデルセン) 嵐の晩に城を訪れお姫様のために、妃がベッドしつらえるベッドに1粒のえんどう豆を置き、上に20敷き布団20羽布団重ねてその上に寝かせるが、翌朝お姫様は、「堅いものの上に寝たので身体中に跡がついた」と言う。この繊細さこそ真のお姫様証拠であり、彼女はこの城の王子の妻となる。

屍鬼二十五話ソーマデーヴァ)第8話 バラモンの3兄弟が、プラセーナジット王に拝謁する(*→〔識別力〕1)。王は寝台の上に7布団を敷き重ねベッド用意し、バラモン末弟がそこに寝る。末弟はわき腹に苦痛訴えて起き上がり、見ると何かがくいこんだ赤い痕跡がある。王が調べさせると、布団の一番下、寝台の木の表面に毛があった。

★4.両手布団の上出して寝る。

ヰタ・セクスアリス森鴎外) 「僕(哲学者金井湛)」は14歳の時、悪い事を覚えた。西洋寄宿舎には、青年生徒にこれをさせない用心に、両手被布団(きぶとん。=掛布団の上出して寝ろという規則があって、舎監が夜見廻(まわ)る時、その手気をつけることになっている。「僕」はそれを試みたが、人が言うほど愉快でないし、頭痛動悸がする。「僕」はそれからは、めったにそんな事をしたことはない。

★5.女性肉体蒲団にたとえる。

肉蒲団李漁) 「世間第一才子」になろうと志す未央生(びおうせい)は、自分にふさわしい「天下第一佳人」を娶りたい、と願う。孤峯和尚出家勧めるが、未央生は聞き入れないので、和尚は「それならば佳人を娶って、肉蒲団の上悟りを開くが良かろうと言う未央生は佳人求めて女性遍歴始める〔*ここでいう蒲団は、(がま)ので編んだ円座。僧が坐禅を組む時に用いる敷物〕→〔去勢〕1。

★6.いくら年齢離れ男女でも、一つ蒲団寝れば、ただではすまない

真景累ケ淵三遊亭円朝富本師匠・豊志賀(お志賀)の家には、年若い新吉が住み込んで(*→〔金貸し2a)、いろいろな手伝いをしていた。11月20日(みぞれ)の降る晩、豊志賀は、2階の新吉に「お前も寒いだろうから、下へ降りて、私の蒲団の中へお入りと言う。豊志賀39歳、新吉は21歳で、親子ほども年が離れていたが、その晩から2人愛人関係になってしまった。


布団

読み方:ふとん

  1. 油揚豆腐を云ふ。
  2. 油揚豆腐をいう。形の似たところより。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

布団

(ふとん から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 16:17 UTC 版)

布団(ふとん)は日本で広く用いられる寝具のひとつ。ベッドの上に敷いて、睡眠時に用いる。ベッドと違い収納することができる。主に、人が上に横たわるための敷き布団(しきぶとん)と、人の上に被せる掛け布団(かけぶとん) に分けられる。


注釈

  1. ^ 近年では、一定の圧迫感(圧迫刺激)によって安心感を得る感覚過敏の子どもなどのために、ガラスペレットなどで敢えて重量を増した(加重毛布英語版)も販売されており、一般向けの安眠グッズにもなっている。
  2. ^ 和裁においては、布団をはじめ、座布団や綿入れ半纏など、綿入りのもの全般を仕立てる技術も必須とされていた。

出典

  1. ^ ふとんの歴史、布団の歴史、昔のふとん”. 渡辺寝具. 2020年12月24日閲覧。
  2. ^ 寝具の歴史”. ねむりくらし研究所 (2015年1月25日). 2020年12月23日閲覧。
  3. ^ NHKあさイチ』2011年10月18日放送回ほか、『名作ホスピタル』など複数の番組で紹介
  4. ^ 布団乾燥機のおすすめ人気比較ランキング15選【ダニ退治には効果的?】”. タスクルヒカク | 暮らしのおすすめサービス比較サイト. 2019年12月26日閲覧。
  5. ^ 新潟県立植物園 「NHK新潟ラジオセンター「朝の随想」セレクション ゼンマイ綿と栃尾手まり(11月17日放送)
  6. ^ 過敏性肺炎 MSDマニュアル プロフェッショナル版
  7. ^ 稲瀬直彦、過敏性肺炎の最近の動向 日本内科学会雑誌 105巻 (2016) 6号 p.991-996, doi:10.2169/naika.105.991
  8. ^ その難治性肺炎、ダウンジャケットが原因かも 日経メディカルオンライン 記事:2016年10月21日
  9. ^ 長坂行雄、「咳嗽の診療」 呼吸と循環 64巻 5号, p.479-484, 2016/5/15, doi:10.11477/mf.1404205957



ふとん

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 16:56 UTC 版)

名詞

(ふとん)

  1. 布地縫い合わせ中に綿・羽毛などを入れた日本韓国中国などで広く用いられる寝具。冬の季語
  2. 座禅などで座るときに用いるで編んだ丸い敷物蒲団。ほたん。

発音

ふ↗とん


翻訳

関連語




ふとんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ふとん」の関連用語

ふとんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ふとんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2021 物語要素事典 All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの布団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのふとん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS