宗とは?

しゅう【宗】

[音]シュウ(慣) ソウ(漢) [訓]むね たっとぶ

学習漢字6年

[一]シュウ一派をなす教義また、それを奉ずる団体。「宗教宗派改宗邪宗禅宗他宗八宗

[二]ソウ

祖先を祭る所。「宗廟(そうびょう)」

同族中心本家。「宗家宗族皇宗祖宗

中心としてたっとぶ。たっとばれる人。「宗主宗匠詩宗儒宗大宗

名のり]かず・たかし・とき・とし・のり・ひろ・もと


そう【宗】

⇒しゅう


しゅう【宗】

教説中心となる根本的趣旨宗旨

ある教義を奉じている信者一団宗門宗派

仏教論理学である因明(いんみょう)で、命題主張


そう【宗】

根本とするもの。おおもと

好んで超邁(ちょうまい)を—として」〈漱石吾輩は猫である

祖先のうちで有徳の人。


むね【旨/宗】

中心となるもの。また、重要なもの。「安全を—とする」

(旨)述べたことの中心趣旨趣意。「辞退する—を伝える」


しゅう【宗】

〔名〕

仏語経論など、その教説中心となる教義、宗要、宗旨などの意。

正法眼蔵123153弁道話「坐禅宗とする婆羅門となづけき」

一寺に、それぞれの経典教義などの研究信仰のためにあつまってい別箇の僧たちのあつまり

③ ある教義を奉じている僧俗一団八宗十宗などといわれるもの。宗門

今昔1120頃か)一一「亦、国々にも此の宗を学て、天台宗于今盛り也となむ語り伝へたるとや」

因明(いんみょう)でいう、宗・因・喩・合・結の、その一つ論証ようとするその命題のこと。


そう【宗】

〔名〕

おおもと物事根本また、むねとして尊びあがめるところ。むね。

三教指帰797頃)下「無量国之所帰湊有情界之所仰叢。惟尊。惟長。以都。以宗」

彼我相違の点を明かにす(1902)〈植村正久〉「氏は基督を宗(ソウ)とせる宗教を非とするに非ずや」〔史記伯夷伝〕

② 祖についで有徳の人。祖先中の有徳者

国歌八論(1742)正過論「その過失正すは、誰を祖とし誰を宗とするに及ばず」〔礼記‐祭法〕

宗主権のある国家

いえもと本家。おさ。かしら。


そう【宗】

姓氏一つ


むね【宗・旨】

〔名〕

主とすること。中心とすること。また、そのもの

日本紀竟宴和歌延喜六年(906)「いつとものふみよむひとはたにやうにこれを无禰(ムネ)とてともにのりとる惟宗具範〉」

江戸時代遊女最高位大夫につぐもの。天神

浮世草子御前義経記1700)一「天神太夫より少し劣れり。〈略〉唐韻天職俗語中位とも、宗(ムネ)ともむら共、格子ともいふ」


そう 【宗】

中国で「みたまや」をいったが、転じて「もと」「おおもと」「祖先」をいうようになった。宗主宗家宗国また、優れた人や有徳の人にもいう。宗匠詩宗祖宗。→ 宗廟

読み方
しゅう
そう
そうざき
ちょん
むね
むねたか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/19 14:15 UTC 版)

(そう)は、漢姓の一つ。




「宗」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 15:00 UTC 版)

発音


熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



宗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宗」の関連用語

宗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS