デスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > > デスの意味・解説 

デス【death】

死。また、死んだ状態。「デスマスク」「サドンデス


デス【DES】

data encryption standard共通鍵暗号の一。1977年米国政府標準暗号として制定コンピューター性能向上により解読危険性が高まったため、より安全性高めトリプルDES開発された。


です

[助動][でしょ|でし|です|です|○|○]体言副詞形容詞一部助動詞連体形助詞「の」に付く。「である」「だ」の丁寧表現で、相手に対して改まった気持ちを表す。

断定の意を表す。「バター栄養価の高い食品です

「その少女(むすめ)はなかなかの美人でした」〈独歩牛肉と馬鈴薯

(「なのです」「のです(んです)」の形で)説明する意または強く決意表明する意を表す。「かれが犯人なのです」「正しいと考えたからしたのです

間投助詞風に用いて語調強める意を表す。「そのことですね、さっきから説明しているじゃないですか」

やや卑俗みを帯びた丁寧の意や尊大気持ちを表す。

爰元(ここもと)にかくれもな大名です」〈虎明狂・秀句傘

[補説] 未然形活用語終止形にも直接付く。3終止形だけにみられる用法で、各種の語に付く。「です」の語源については、「で候」「でおはす」「でございます」「であります」など諸説ある。「です」は室町時代以降の語で、能・狂言では、大名奏者鬼・山伏などの名のり言葉で、近世では、男伊達(おとこだて)・遊女など限られた人物、特殊な場面多く用いられる言葉であった。一般丁寧語として使われ、諸活用形用いようになったのは江戸末期明治期になってからである。


DES

【英】:Debt Equity Swap

読み方】:デス

債務資本転換すること。「債務の株式化」ともいう。

過剰債務陥った企業財務内容充実させ、経営改善を果たすために行う。主に銀行支援を受けて行う。

DES

フルスペル:Data Encryption Standard
読み方ディス,デス
別名:データ暗号化標準データ暗号化標準規格シングルDES

DESとは、1970年代米国標準暗号化方式採用したことで知られる共通鍵暗号方式である。トリプルDESDES-Xなどの前身としても知られている。

DESはデータブロック呼ばれる単位分割して暗号化する「ブロック暗号」である。ブロックあたりのデータ量ブロック長)は64ビットとなっている。各ブロック56ビット暗号鍵によって暗号化される。

DESの鍵長56ビットは、今日暗号化方式鍵長としては短い。鍵長は短ければ短いほど解読されやすくなる。1999年には22時間あまりでDESが突破された記録がある。

DESの暗号化アルゴリズムは、比較堅牢と評されている。DESのアルゴリズムは、DESの鍵長184ビット拡大したDES-Xや、DESによって暗号複合再度暗号化という手順により複雑化を図ったトリプルDESなどの暗号化方式継承されている。

セキュリティのほかの用語一覧
暗号化方式:  CSP  CNG  Diffie-Hellman鍵交換  DES  E2EE  Freenet  ハッシュ関数

デス

名前 DesDessie

デス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/02 10:08 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

デス

関連項目

出典


  1. ^ 客室乗務員の呼称 元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」2020年10月31日閲覧。
  2. ^ 「あひる飛びなさい」阿川弘之 311頁



デスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「デス」の関連用語

デスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



デスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社ストライク株式会社ストライク
Copyright Strike Co., Ltd. All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDESの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS