そうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > 部屋 > そうの意味・解説 

そう〔さう〕

様態の助動詞「そうだ」の語幹。「この本はおもしろそうね」「降りそう」→そうだ1

伝聞の助動詞「そうだ」の語幹。「彼も行くそうよ」「今日試合中止だそう」→そうだ2


そう【×掻】

[音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]かく

つめでかく。「掻爬(そうは)・掻痒(そうよう)」

難読足掻(あが)き・掻巻(かいまき)


そう【宗】

根本とするもの。おおもと

好んで超邁(ちょうまい)を—として」〈漱石吾輩は猫である

祖先のうちで有徳の人。


そう【×嗾】

[音]ソウ(漢) [訓]そそのかす

けしかける。「使嗾


そう【×甑】

古代中国用い土製などの蒸し器。湯を沸かす鬲(れき)と合わせて甗(げん)とする。こしき。


そう〔サウ〕【想】

考え思いまた、芸術作品などの構想。「想をめぐらす」「作品の想を練る」

《(梵)saṁjñāの訳》仏語五蘊(ごうん)の一。対象の姿を心の中思い浮かべる表象作用


そう【霜】

常用漢字] [音]ソウサウ)(漢) [訓]しも

[一]ソウ

しも。「霜害降霜晩霜

としつき。「星霜

白いもの、冷たいもの、厳しいものなどのたとえ。「霜鬢(そうびん)/秋霜風霜

[二]〈しも(じも)〉「霜柱露霜初霜


そう〔サウ〕【×艘】

接尾助数詞比較小さい船を数えるのに用いる。「屋形船一艘


そう【窓】

[音]ソウサウ)(漢) [訓]まど

学習漢字6年

[一]ソウ

まど。「窓外蛍窓獄窓車窓船窓

まどのある部屋。「学窓深窓同窓

[二]〈まど〉「窓口窓辺出窓天窓

[補説] 「窗」は異体字


そう【想】

[音]ソウサウ)(呉) (慣) [訓]おもう

学習漢字3年

[一]ソウ

心に思い浮かべる。おもう。おもい。考え。「想起想像想定想念回想感想奇想空想懸想(けそう)・幻想思想随想発想瞑想(めいそう)・妄想予想理想連想

まだできていない作品などに関する具体的なイメージ。「楽想構想詩想

[二]〈ソ〉おもい。「愛想


そう〔サウ〕【双】

【一】[名]二つ一組みとなるものの、両方。ふたつ。「双の肩」

【二】接尾助数詞一対のものを数えるのに用いる。「屏風(びょうぶ)一双


そう〔サウ〕【相】

そのもの内面などを表す姿・形ありさま。「憤怒の相」

人や物の外面現れ運勢吉凶のきざし。人相手相家相など。「水難の相」

文法で、動詞によって表される動作作用性質あり方とその表現のしかたに関する範疇(はんちゅう)。受身・可能・自発使役また、自動他動敬譲など。態。

ある物質の、どの部分とってもその物理的、化学的性質等しく、他と区別される領域気体液体固体それぞれからなる相を気相液相固相という。


そう【巣】

[音]ソウサウ)(漢) [訓]

学習漢字4年

[一]ソウ

鳥のす。「営巣燕巣(えんそう)・帰巣性

ある物が集まっている所。「精巣病巣卵巣

隠れ家。「巣窟(そうくつ)/賊巣

[二]〈す〉「巣箱古巣


そう【踪】

常用漢字] [音]ソウ(漢) [訓]あと

足あと。ゆくえ。「踪跡失踪


そう〔サウ〕【葬】

死者ほうむること。葬儀

「あすは上の町より結構なる—がある」〈咄・露がはなし・五〉


そう【僧】

常用漢字] [音]ソウ(呉)(漢)

仏門に入って修行する人。お坊さん聖職者。「僧院僧職僧徒僧侶(そうりょ)/悪僧高僧拙僧禅僧尼僧名僧老僧

難読売僧(まいす)


そう〔サウ〕【×箏】

弦楽器の一。長さ180センチ前後中空の胴の上に絹製の弦を13張り(じ)で音階調節し、右手の指にはめた爪(つめ)で演奏する。奈良時代中国から伝来雅楽用の楽箏(がくそう)のほか、箏曲用の筑紫箏(つくしごと)・俗箏(ぞくそう)などがある。→琴(きん) →琴(こと)


そう【騒〔騷〕】

常用漢字] [音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]さわぐ

さわぐ。さわがしい。「騒音騒然騒動狂騒喧騒(けんそう)・物騒

漢詩の一体。「騒体

文学風流。「騒客(そうかく)・騒人風騒

難読潮騒(しおさい)


そう【宋】

中国国名

[一]春秋時代列国の一。周公旦が、殷(いん)の紂王(ちゅうおう)の異母兄微子啓封じた国。都は商丘河南省)。前286年に斉・・魏(ぎ)の三国に滅ぼされた。

[二]南北朝時代南朝最初王朝420年東晋武将劉裕建国。都は建康南京)。479年、8世の順帝武将蕭道成(しょうどうせい)(斉の高帝)に帝位を譲って滅びた。劉宋

[三]後周節度使趙匡胤(ちょうきょういん)が後周のあとを承けて、960年建国。汴京(べんけい)を都とし、文治主義による君主独裁制樹立1127年、金の侵入により江南移り、都を臨安杭州)に置いた。それ以前北宋といい、1279年に9代で元軍に滅ぼされるまでを南宋という。→靖康(せいこう)の変


そう【宗】

⇒しゅう


そう〔サウ〕【騒】

中国文学で、韻文の一体。屈原の「離騒」に由来する名称で、社会政治対す憂憤を述べたもの。騒体楚辞体。


そう【×躁】

[音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]さわぐ

さわがし落ち着かない。「躁鬱(そううつ)/狂躁軽躁焦躁


そう【捜〔搜〕】

常用漢字] [音]ソウサウ)(慣) [訓]さがす

すみずみまでさがし求める。「捜査捜索博捜


そ‐う〔サ‐〕【左右】

左と右。また、かたわら。さゆう。「左右の手

「識(さと)り難くして、—を顧みる」〈今昔・九・二七

左か右に落ち着くこと。決着また、その成り行き。「吉(きっ)左右」

「軍(いくさ)の—を待つとみるはひがごとか」〈平治・中〉

年齢などの数を表す語に付いて、その前後の数であることを示す語。

三十—、細作り美人」〈蘆花黒潮

とやかく言うこと。非難すること。

「頼長と申すは…人柄も—に及ばぬうへ」〈古活字本保元・上〉

指図命令

御所申し入れて、その御—に依るべしとて」〈盛衰記・三九〉

あれこれ知らせ便り手紙

「御—遅しとぞ責めたりける」〈太平記二一


そう【相】

[音]ソウサウ)(呉) ショウシャウ)(漢) [訓]あい

学習漢字3年

[一]ソウ

物の姿・ようす。「相貌(そうぼう)/形相(ぎょうそう)・血相死相色相実相諸相真相瑞相(ずいそう)・世相人相皮相貧相滅相面相様相

物のありさま見てその実相を判断する。「相術相場(そうば)・相馬相法

たがいに。「相違相関相互相思相似相談・相当」

一方から他方へ。次から次と。「相承相続相伝

相模(さがみ)国。「相州武相

[二]ショウ

君主助け大臣。「外相宰相首相丞相(じょうしょう)・名相

そばに付き添う。「相伴

[三]〈あい〉「相性(あいしょう)・相手相宿入相(いりあい)」

名のり]あう・さ・すけ・たすく・とも・はる・み・みる

難読相模(さがみ)・相撲(すもう)・相応(ふさわ)しい


そう【×怱】

[音]ソウ(漢)

あわただしい。「怱怱怱卒怱忙


そう【装〔裝〕】

[音]ソウサウ)(漢) ショウシャウ)(呉) [訓]よそおう

学習漢字6年

[一]ソウ

衣類などを着けて身繕いする。「装身具軍装女装盛装男装武装服装扮装(ふんそう)・変装洋装礼装

外観ととのえる。「装飾改装新装塗装舗装包装

部品などをととのえる。「装置・装塡(そうてん)・装入装備

本や巻軸外観をつくる。「装丁表装和装本

[二]ショウ

よそおい。「装束(しょうぞく)」

(「裳」の代用字衣服。「衣装


そう【×糟】

[音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]かす

酒かす。「糟糠(そうこう)・糟粕(そうはく)」


そう【葬】

常用漢字] [音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]ほうむる

死者ほうむるまた、その儀式。「葬儀葬式葬送火葬仮葬会葬国葬水葬土葬風葬仏葬埋葬密葬


そう【×愴】


そう【×叢】

人名用漢字] [音]ソウ(漢) [訓]くさむら むら むらがる

群がり生える。くさむら。「叢生淵叢(えんそう)」

群がり集まる多くのものの集まり。「叢雲叢書論叢

名のり]しげ


そう【×叟】

[音]ソウ(漢) [訓]おきな

年寄り。おきな。「迂叟(うそう)・野叟老叟三番叟(さんばそう)」


そう〔サウ〕【操】

みさお。節操貞操

「謹て—を全うし」〈織田訳・花柳春話


そう〔サウ〕【姓】

《「しょう」の直音表記》「せい(姓)1」に同じ。

「帝(みかど)の御子三春といふ—を賜はりて」〈宇津保・藤原の君〉


そう【×艙】

[音]ソウサウ)(呉)(漢)

客や貨物収容する船の部屋ふなぐら。「艙口船艙


そう【曽〔曾〕】

常用漢字] [音]ソウ(漢) (呉) [訓]かつて すなわち

[一]ソウ

かつて。以前に。「曽遊

世代が重なること。「曽孫(そうそん)・曽祖父(そうそふ)・曽祖母(そうそぼ)」

[二]〈ゾ〉かつて。以前に。「未曽有(みぞう)」

名のり]なり・ます

難読曽祖父(ひいじじ)・曽祖母(ひいばば)・曽孫(ひまご)


そう〔サウ〕【草】

【一】[名]

下書き草稿。「草を起こす

草書」の略。「(かい)、行(ぎょう)、草」

草仮名(そうがな)」の略。「草の手

立花生花(せいか)の役枝(やくえだ)の一。構成上、全体支え。地にあたるもの。

【二】接尾⇒壮(そう)【二】


そう【総】

【一】[名]すべてのもの。全体

大勢の川を渡さん時、—を力にして渡るべし」〈盛衰記三五

【二】[接頭]名詞に付いて、全部の、すべての、という意を表す。「総収入」「総トン数


そう【奏】

天子申し上げること。また、その文書。「遺令(いりょう)の奏」


そう〔サウ〕【喪】

「も(喪)」に同じ。

「親の—にあひて侍りける法師のもとに」〈拾遺・雑秋・詞書


そう【操】

[音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]みさお あやつる

学習漢字6年

手先でうまく扱う。「操業操觚(そうこ)・操作操車操縦操船操舵

からだを動かし鍛えること。「操練体操

心構えをしっかりもつこと。みだりに変えない志。「操守志操情操節操貞操徳操

名のり]あや・とる・みさ・もち


そう【倉】

[音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]くら

学習漢字4年

[一]ソウ

穀物をしまうくら。広く、くら。「倉庫倉廩(そうりん)/営倉穀倉社倉正倉(しょうそう)・船倉土倉

あわてるさま。「倉皇倉卒

[二]〈くら(ぐら)〉「倉敷料校倉(あぜくら)・船倉矢倉


そう【送】

[音]ソウ(漢) [訓]おくる

学習漢字3年

出かける人を見おくる。「送迎送別歓送葬送奉送目送

人や物を別の所に運びおくる。「送還送金送電送付送料運送護送転送発送返送放送輸送郵送陸送


そう【×滄】

[音]ソウサウ)(呉)(漢)

水の色青々として広がるさま。「滄海滄桑


そう〔サウ〕【曹】

役所の中の部屋

退きて—に至る」〈今昔・九・三一

仲間また、一族

「後の—たらんものに伝へよ」〈読・弓張月・残〉


そう【荘〔莊〕】

常用漢字] [音]ソウサウ)(漢) ショウシャウ)(呉)

[一]ソウ

おごそかいかめしい。「荘厳荘重

いなかにある家。また、仮のすまい。宿泊所。「山荘村荘別荘旅荘

荘子のこと。「老荘

[二]ショウ

おごそかおごそかにする。「荘厳(しょうごん)」

荘園(しょうえん)。「荘司(しょうじ)」

名のりたか・たかし・まさ


そ・う〔そふ〕【沿う】

[動ワ五(ハ四)]

長くいているものに、離れないように付き従う。何かに並行した形で続いている。「流れに—・ってくだる」「道路に—・ってケヤキが植えてある」

(「添う」「副う」とも書く)方針基準となるものに従い、それから離れないようにして何かを行う。「要求に—・った回答


ソウ【SAW】


そう〔サウ〕【×笙】

「しょう(笙)」に同じ。

「声いとおもしろく、—の笛吹きなどするを」〈源・賢木


そう【×嗽】

[音]ソウ(漢) [訓]すすぐ

せきをする。せき。「咳嗽(がいそう)」

口をすすぐ。うがいをする。「含嗽


そ・う〔そふ〕【添う/副う】

《「沿う」と同語源》

【一】[動ワ五(ハ四)]

そばを離れずにいる。ぴったりつく。「影の形に—・うようにいつも一緒にいる」「病人に—・って歩く」

夫婦になる。連れそう。「二人を—・わせてやりたい

親しく交際する。「人には—・うてみよ、馬には乗ってみよ」

目的どおりになる。かなうようにする。「御希望には—・いかねます」

すでにあるものの上に、他のものが加わる。付け加わる。「さらに趣が—・う」

[可能] そえる

【二】[動ハ下二「そえる」の文語形


そう〔サウ〕【壮】

【一】[名・形動

意気が盛んで勇ましいこと。また、そのさま。「その志を壮とする」

30前後血気盛ん年ごろまた、その年ごろの男性。「壮にして大家の貌がある」

【二】接尾(「」とも書く)助数詞灸をすえる回数数えるのに用いる。

此の日の灸、肩腎并せて曲池に百五十—」〈蔗軒日録


そう【桑】

常用漢字] [音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]くわ

[一]ソウ

植物の名。クワ。「桑園桑梓(そうし)・桑田

俗字「桒」の文字分析から)四八。「桑年

[二]〈くわ(ぐわ)〉「桑畑桑原山桑

[補説] 「桒」は俗字

難読桑港(サンフランシスコ)


そう【争〔爭〕】

[音]ソウサウ)(漢) [訓]あらそう いかで

学習漢字4年

あらそう。あらそい。「争議争奪争点争覇競争係争抗争政争戦争闘争内争紛争論争

いさめる。「諍(そう)」と同義。「争子争臣諫争(かんそう)」


そう【×漱】

人名用漢字] [音]ソウ(漢) [訓]すすぐ くちすすぐ

うがいをする。「盥漱(かんそう)・含漱


そう【×蒼】

人名用漢字] [音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]あお あお

あお。あおい。「蒼海蒼蒼蒼天

あおざめ生気がない。色つやがない。「蒼古蒼白古色蒼然

草木が茂るさま。「蒼蒼鬱蒼(うっそう)」

おおぜい。「蒼生蒼氓(そうぼう)」

あわてふためくさま。「蒼惶(そうこう)」

名のり]しげる


そう【壮〔壯〕】

常用漢字] [音]ソウサウ)(漢) [訓]さかん

血気盛ん年ごろ勢いが盛ん。「壮健壮士壮丁壮年強壮少壮

意気燃えている。勇ましい。「壮挙壮絶壮図壮烈悲壮勇壮

元気づける。「壮行会

大きくて立派。「壮観壮大壮麗広壮

名のりあき・お・さかり・たけ・たけし・まさ・もり


そう【×叟】

おきな。老翁

「舟に乗りたる—の帽子したるが」〈宇治拾遺・六〉


そう〔サウ〕【装】

よそおい。「装を凝らす

書物体裁装丁。「装を新たに再刊する」「フランス装


そう【双〔雙〕】

常用漢字] [音]ソウサウ)(漢) [訓]ふた ならぶ

[一]ソウ

ふたつ。ペア。「双肩双璧(そうへき)・双方双翼双生児

二つならぶ。「無双

[二]〈ふた〉「双子双葉

難読双六(すごろく)


そう【×綜】

人名用漢字] [音]ソウ(漢) [訓]すべる へ

全部一つにまとめる。統轄する。「綜合

織機のおさ。へ。「錯綜

[補説] 1は「総」と通用

名のり]おさ


そう【贈】

⇒ぞう


そう【爪】

常用漢字] [音]ソウサウ)(漢) [訓]つめ つま

[一]ソウ〉つめ。「爪牙(そうが)・爪痕(そうこん)/美爪術

[二]〈つめ(づめ)〉「生爪深爪

[三]〈つま〉「爪先爪楊枝(つまようじ)」

難読爪哇(ジャワ)


そう【掃】

常用漢字] [音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]はく はらう

ほうきでごみを除く。「掃除(そうじ)/清掃

じゃまもの平らげる。「掃射掃討掃滅一掃


そう【×簇】

[音]ソウ(漢) ゾク(慣) [訓]むらがる

群がり集まる。「簇出簇生


そう〔サウ〕【槽】

琵琶(びわ)の胴。


そう【走】

[音]ソウ(漢) [訓]はしる

学習漢字2年

はしる。「走行走者走破競走疾走縦走馳走(ちそう)・独走帆走暴走奔走

逃げる。「潰走(かいそう)・脱走逃走敗走

はしり使いをする。「走狗(そうく)・走卒

名のり]ゆき

難読師走(しわす)


そう【早】

[音]ソウサウ)(呉)(漢) サッ(慣) [訓]はやい はやまる はやめる さ

学習漢字1年

[一]ソウ

ある時間範囲で、はやいほう。「早期早春早朝早晩

通常の時期よりはやい。「早婚早産早熟早世早退尚早

時間おかないさま。「早急早早

[二]サッ[一]3に同じ。「早急・早速」

[三]〈はや(ばや)〉「早口早早足早気早最早(もはや)」

[四]〈さ〉若い意を表す。「早苗早乙女早蕨(さわらび)」

名のり]さき・はや

難読早稲(わせ)・早生(わせ)


そう【×瘡】

[音]ソウサウ)(漢) [訓]かさ

できもの。かさ。「凍瘡痘瘡疱瘡(ほうそう)」

切りきず。「瘡痕瘡瘢(そうはん)」


そう【奏】

[音]ソウ(漢) [訓]かなでる もうす

学習漢字6年

意見まとめて差し出す。君主申し上げる。「奏上奏請奏聞(そうもん)/直奏(じきそう)・執奏上奏伝奏(てんそう)・内奏

楽器かなでる。「奏楽演奏合奏間奏吹奏前奏弾奏独奏伴奏

成果を得る。「奏功奏効

名のり]かな


そう【喪】

常用漢字] [音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓] うしなう

[一]ソウ

死者弔う儀礼。「喪家(そうか)・喪礼国喪

なくす。失う。「喪失阻喪

[二]〈も〉「喪主喪中喪服服喪


そう【×宋】

人名用漢字] [音]ソウ(漢)

中国国名また、王朝名。「宋音宋学宋朝体南宋入宋(にっそう)・北宋

名のり]おき・くに


そう【槽】

常用漢字] [音]ソウサウ)(漢) [訓]ふね おけ

家畜飼料を入れるかいばおけ。「槽櫪(そうれき)/馬槽

などをためる容器。ふね。おけ。「水槽浴槽

おけのように中央部がくぼんだもの。「歯槽

難読湯槽(ゆぶね)


そう【藻】

常用漢字] [音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]

[一]ソウ

水中生え総称。も。「藻類海藻珪藻(けいそう)」

言葉のあや。あやのある文章。「才藻詞藻文藻

[二]〈も〉「藻屑(もくず)・藻塩金魚藻

難読毬藻(まりも)


そう【×槍】

人名用漢字] [音]ソウサウ)(呉) [訓]やり

[一]ソウ〉やり。「槍術真槍刀槍

[二]〈やり〉「槍先手槍

名のり]ほこ


そう〔さう〕【然う】

《「さ(然)」の音変化

【一】[副]

そのように。「私も然う思う」

(あとに打消しの語を伴ってそれほど。そんなに。「然う大きくない」

【二】[感]

相手の言うことに肯定同意するときに用いる語。「然う、そのとおり

相手言葉対す問い返しや、半信半疑気持ちを表すときに用いる語。「あら、然う」「然う、信じられないな」

過去出来事思い出すときなどに用いる語。「然う、あれは去年の夏のことだ」


そう【創】

[音]ソウサウ)(漢) [訓]つくる きず はじめる

学習漢字6年

刃物による傷。「創痍(そうい)・創傷金創銃創刀創

初め作り出す。はじめる。「創意創刊創業創見創作創始創造創立草創独創


そう【×箏】

[音]ソウサウ)(漢) [訓]こと

弦楽器の一。そうのこと。「箏曲楽箏


そう【燥】

常用漢字] [音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]かわく はしゃぐ

かわく。「乾燥枯燥高燥

(「躁」の代用字落ち着かない。「焦燥


そう【草】

[音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]くさ

学習漢字1年

[一]ソウ

くさ。「草本草木海草香草雑草除草毒草牧草本草(ほんぞう)・薬草野草

まだ開けていないころ。物事始め。「草創草昧(そうまい)」

下書き。「草案草稿起草詩草

漢字書体の一。「草書真行草

ぞんざいな粗末な。「草庵(そうあん)・草屋

ぞんざいあわただしいさま。「草草

[二]〈くさ(ぐさ)〉「草木草花千草七草庭草水草若草

名のり]かや・しげ

難読通草(あけび)・車前草(おおばこ)・含羞草(おじぎそう)・酢漿草(かたばみ)・草臥(くたび)れる・草履(ぞうり)・煙草(タバコ)・草石蚕(ちょろぎ)・菠薐草(ほうれんそう)・海人草(まくり)・海仁草(まくり)・勿忘草(わすれなぐさ)・草鞋(わらじ)


そう【箱】

[音]ソウサウ)(呉) [訓]はこ

学習漢字3年

[一]ソウ

車の荷ばこ。「車箱

物を入れるはこ。「巾箱(きんそう)・百葉箱

[二]〈はこ(ばこ)〉「箱庭重箱(じゅうばこ)・巣箱手箱本箱


そう〔サウ〕【荘】

接尾アパート旅館などの名に付けていう語。「日の出荘」「臨海荘」


そう【総〔總〕】

[音]ソウ(漢) [訓]ふさ すべて すべる

学習漢字5年

多く物事一つ締めくくる。「総括総合

全体まとめて取り締まる。「総監総裁総長総統総督総理

全部。すべて。「総意総会総額総数総力総選挙

何本もの糸を一か所で締めて垂らしたもの。ふさ。「総角(そうかく)・総状花序

上総(かずさ)国、また、下総(しもうさ)国。「総武房総

名のり]のぶ・みち

難読総角(あげまき)・上総(かずさ)・下総(しもうさ)


そう【×惣】

人名用漢字] [音]ソウ(漢)

全部をまとめる。すべる。すべて。「惣菜(そうざい)・惣領

[補説] 「総」と通用

名のりのぶ・ふさ・おさむ・みち


そう【痩〔瘦〕】

常用漢字] [音]ソウ(漢) [訓]やせる

からだがやせる。「痩躯(そうく)・痩身羸痩(るいそう)」


そう【挿〔插〕】

常用漢字] [音]ソウサフ)(漢) [訓]さす はさむ

物の間にさし込むさしはさむ。「挿花挿画挿入挿話

難読挿頭(かざし)


そう【遭】

常用漢字] [音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]あう

思いがけず出あう。めぐりあう。「遭遇遭難


そう【×聡〔聰〕】

人名用漢字] [音]ソウ(漢) [訓]さとい

物わかりがよい。賢い。さとい。「聡敏聡明

[補説] 「聰」は、人名用漢字ではない。

名のりあき・あきら・さ・さと・さとし・さとる・とき・とし・とみ・ただし・と


そう【×惣】

室町時代農村自治組織名主の中から選ばれた乙名(おとな)・年寄沙汰人(さたにん)などを中心に寄合によって掟(おきて)を定め入会地(いりあいち)・灌漑(かんがい)用水などの共同管理年貢納入の請け負いを行った。惣村(そうそん)。惣中


そう【曹】

常用漢字] [音]ソウサウ)(漢) ゾウザウ)(呉)

[一]ソウ

つかさ。役人役所部屋。「法曹

仲間ともがら。「児曹

軍隊の階級の一。「曹長軍曹(ぐんそう)・兵曹陸曹

曹達(ソーダ)」の略。「重曹

[二]ゾウ〉へや。つぼね。「曹司(ぞうし)」

名のり]とも・のぶ

難読軍曹(さかん)・将曹(さかん)


そう〔サウ〕【曹】

中国春秋時代小国。前487年、宋に滅ぼされた。


そう【層】

【一】[名]

積み重なっているもの。重なり。「層をなす」

地位身分職業や生活状態・意識などによって区分した集団階層。「国民幅広い層に支持される」「ファンの層が厚い」

地層区分するときの単位累層

【二】接尾助数詞建造物などの重なり数えるのに用いる。「三層の塔」


そう〔さう〕【候】

[動特活動詞「そうろ(候)う」の音変化中世語

「あり」の丁寧語ありますございます

「舜の時はさはさうなんだ」〈史記抄一一

補助動詞として丁寧の意を添えるのに用いられる。…ます。…あります

腹帯(はるび)ののびてみえさうぞ」〈平家・九〉

さてこそ第一は理、第二は智ではさうへ」〈西福寺本人天眼目抄・上〉

[補説] (1) 活用形は、未然形連用形終止形連体形が「さう」、已然形命令形が「さうへ」。なお、命令形当のものに「そひ」「そへ」もある。(2) 歴史的仮名遣いは「さふ」とも。


そう【×漕】

人名用漢字] [音]ソウサウ)(漢) [訓]こぐ

船をこぐ。「漕艇競漕力漕

船で運ぶ。「漕運回漕

難読阿漕(あこぎ)


そ‐う【疎雨】

まばらに降る

颯々たる西風に—を吹き来て」〈菊亭香水世路日記


そう【×藪】

[音]ソウ(漢) [訓]やぶ

[一]ソウ

草木多く生えた所。やぶ。「藪沢淵藪(えんそう)・林藪

物事集まり。「談藪

[二]〈やぶ〉「草藪竹藪

[補説] 「薮」は俗字


そう【僧】

《(梵)sagha音写僧伽(そうぎゃ)」の略》

仏道修行する人の集団三宝の一。

仏道修行する人。比丘(びく)。出家法師僧侶(そうりょ)。

ある宗教に属し、修行伝道をする人。「カトリック僧」


そう【層】

[音]ソウ(漢)

学習漢字6年

重なる。重なったもの。「層雲下層重層断層地層表層成層圏電離層

階を重ね建物。階。「階層高層

ある基準区分した、人々集団。「知識層中間層読者層

程度大きいことを表す語。「一層・大層


そう【爽】

常用漢字] [音]ソウサウ)(漢) [訓]さわやか

さわやか。「爽快颯爽(さっそう)・清爽

夜があけて明るい。「昧爽(まいそう)」


そう さう

助動詞「そうだ」の語幹に相当する部分) ⇒そうだ


そう サウ 【倉】

〔名〕 くら。穀物蓄えておく方形のくら。また、物を入れておく所。

交隣須知(18C中か)二「倉 クラハ クニノ コクモツヲ イレテヲク トコロナレドモ 大ナノヲ ソウト云」〔詩経小雅


そう さう 【候】

〔自特活動詞そうろう(候)」の縮約形。中世以降多く補助動詞として用いる。一説に、助動詞ともする。「そうろう」に比べ俗語的である。…です。…ます。→そうず〔連語〕。

平家13C前)九「此河は西国一の大河ぞや。腹帯(はるび)ののびてみえさうぞ。しめ給へ

史記抄(1477)一一「ちっと用心をめされさうへ」

寛永刊本蒙求抄1529頃)一「文章かきたてをして、畧せしかと、思へともえ取りをきそうぬと云そ」

四河入海(17C前)七「しけしげと上り壮年の時も細々上りさうし、今ははや

[補注]活用形は、未然連用終止連体の四形は「さう」の形、已然命令形は「さうへ」の形。男性語といわれるまた、命令形「さうへ」に当たるものに「そひ」「そへ」の形もある。→そい(候)・そえ(候)


そう【僧】

〔名〕

① (梵 saghaそうぎゃ僧伽)」の略。和合衆とも訳し、もと和合して仏道修行する出家団体で、男女ともに用い三人以上、四人以上ともいうが、正式には五人上の集まりをいう) 仏語出家して仏門にはいった男、比丘(びく)をさす。法師出家坊主沙門(しゃもん)。

宇津保(970‐999頃)俊蔭「頭を剃る人も、師につきて僧となるこそ尊きことなれ」〔隋書経籍志

② すべて、宗教にはいって、修行または伝道をする人。


そう サウ 【創】

〔名〕 きず。

小学読本(1874)〈榊原那珂稲垣〉五「其身十余創を被りて」


そう サウ 【双】

1 〔名〕

相対するものが二つそろっていること。そろい。一対二つ

人情本貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)六「怒の面色血ばしるまで、双(サウ)の眼を見開きて」

② 「そうじょう双調)」の略。

花鏡(1424)舞声為根「然(しか)れば時の調子と者、四季分ち、又夜昼十二時に、各々そう・黄(わう)・一越(こつ)・平・盤の、その時々にあたれり」

2接尾

一対になっている物を数えるのに用いる。

中右記寛治八年(1094)四月一二日「依殿下仰、調進斎院童女一双

徒然草1331頃)六六「盛りなる紅梅に、一双を添へて」〔史記項羽本紀

二人で行なう物事の組数を数えるのに用いる。

古今著聞集(1254)一二盃酌の後、囲碁ありけり権右中弁朝隆朝臣〈略〉能忠等、二双つかうまつりける」


そう【叟】

〔名〕 おきな。老翁また、老人敬っていう語。

宇治拾遺(1221頃)六「爰に、舟に乗たる叟の帽子したるが、船をあしにつなぎて陸にのぼり」

花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一「叟の齢凡そ五旬に近く」〔孟子恵王


そう サウ 【喪】

〔名〕 人の死。また、も。

続日本紀大宝元年701正月壬辰「廃大射。以右大臣故也」〔礼記曲礼上〕


そう サウ 【壮】

1 〔名〕

① (形動) 元気盛んであること。勇ましいこと。強健であること。また、そのさま。

史記抄(1477)一三老者小者をば易処に当てをき、壮なる者をば劇処に当て置ぞ」

花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉六一「老て益益壮(サウ)なれば」〔春秋左伝宣公一二年〕

② 三〇歳前後血気盛ん年齢盛りのとし。若盛りまた、その人

随筆折たく柴の記(1716頃)下「凡そ人の幼といひ、弱といひ、壮といひ、強といひ、(かい)といひ、耆(き)といひ、老といひ、耄(ばう)といふ」〔論語‐季氏〕

③ (形動大きくてりっぱであること。また、そのさま。

*閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉金費ひの術「其邸宅を壮(サウ)にし」

2接尾〕 (「」とも書く) 灸(きゅう)をすえる回数、または、(もぐさ)の分量数えるのに用いる。

玉葉安元二年(1176)六月一九日「被二百

随筆榊巷談苑1704頃か)「灸一灼を一壮といふは、壮年の人にあてて幾灼と定めたれば壮とはいへり」〔夢渓筆談技芸


そう【奏】

〔名〕

天皇申し上げること。また、その公文書太政官から申し上げ勅裁を仰ぐには、事の大小により、論奏式奏事式・便奏式三種があり、その書式公式令規定されていた。また、のちには個人から奉るものもあった。

令義解718)公式「奉勑依奏。若更有勑語付者、各随状付云々

落窪(10C後)四「早うさるべき様にそうを奉らせよ」〔蔡邕‐独断

音楽かなでること。


そう サウ 【姓】

〔名〕 一門一家の共通の名称。苗字。せい。

宇津保(970‐999頃)藤原の君「帝の御子三春といふさうを給はりて」


そう サウ 【嫂】

〔名〕 兄の妻。あによめ。〔孟子離婁


そう【宋】

中国国名

[一] 周代諸侯国一つ(?━前二八六)。殷の宗族紂王異母兄微子啓が封ぜられた国。河南省の商邱に都し、殷の遺民統治したと伝えられる。三二代で斉・魏・に滅ぼされた。

[二] 中国南北朝時代南朝最初王朝(四二〇‐四七九)。東晉部将劉裕武帝)が建国建康南京)に都した。第三文帝治世元嘉の治)が最盛期八代斉王武将蕭道成帝位譲り滅んだ。他の宋と区別するために、建国者の姓をとって劉宋別称

[三] 中国統一王朝九六〇‐一二七九)。趙匡胤太祖)が五代のあとをうけて建国。汴(べん)(開封)に都して、中央集権徹底文治主義君主独裁制樹立対外的には、遼・西夏・金に対して守勢にたち、文運隆盛新文化誕生にもかかわらず軍事財政危機苦しみ一一二七年金圧迫され九代で江南移転。それ以前北宋以後臨安杭州)に都して蒙古に滅ぼされるまでを南宋称する趙宋


そう【宗】

〔名〕

おおもと物事根本また、むねとして尊びあがめるところ。むね。

三教指帰797頃)下「無量国之所帰湊有情界之所仰叢。惟尊。惟長。以都。以宗」

彼我相違の点を明かにす(1902)〈植村正久〉「氏は基督を宗(ソウ)とせる宗教を非とするに非ずや」〔史記伯夷伝〕

② 祖についで有徳の人。祖先中の有徳者

国歌八論(1742)正過論「その過失正すは、誰を祖とし誰を宗とするに及ばず」〔礼記‐祭法〕

宗主権のある国家

いえもと本家。おさ。かしら。


そう【宗】

姓氏一つ


そう【層】

1 〔名〕

① かさなっていること。また、かさなり一つ一つ累積。〔五国対兵語字書(1881)〕

竹沢先生と云ふ人192425)〈長与善郎竹沢先生散歩に近い下から上へ順々に層をなして、緑からに、から紫紺に、紫紺から紫がかった紅ゐに」〔潘岳‐為賈謐作贈陸機詩〕

能力職業、生活状態、意識などが等しい集団のかさなり。「読者層」「層が厚い」 〔大増改訂や、此は便利だ(1936)〕

サンプリング調査層化抽出法行なう際、母集団分割して得られるおのおのの群。

2接尾建造物などのかさなり数えるのに用いる。階。

米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「『ガラントホテル』は、屋の高さ五層にて」〔梁書処士伝〕


そ‐う サ‥ 【左右】

〔名〕 (「う」は「右」の呉音

① 左と右。さゆう。

続日本紀霊亀元年715正月甲申朱雀門左右、陣列皷吹騎兵

(10C終)二九六「左右の大将中・少将などの御格子のもとにさぶらひ給ふいといとほし」

源氏100114頃)若菜上「山の左右より、月日の光さやかにさし出でて、世をてらす」

曾我物語南北朝頃)二「伊東北条とてさうの翼にて、いづれ勝劣有るべきに」

② そば。かたわらまた、そば近く仕える者。さゆう。

百座法談(1110)三月七日その後廿五年の間(あひだ)、かた時仏の左右にしたがひたてまつらずして」

③ あれかこれかのなりゆきことの様子。有様

*金刀比羅本平治(1220頃か)中「平家勝たば、主上わたらせ給へば、六波羅へ参らんと思ひ、軍の左右(サウ)を待つと見るはひがことか」

あれこれ言うこと。とやかく言うこと。また、非難してあれこれ言うこと。

小右記寛弘九年(1012)九月二日御斎会所事又誰人奉仕哉、大甞会行事左右

平治(1220頃か)上「一門の中の大将、すでに従ひ奉る上は、左右にあたはず」

曾我物語南北朝頃)二「さうにをよばずとて、忽に上件曜宿繰り

(5) とかくの指図指令命令

源平盛衰記14C前)三九「御所申し入れて、其の御左右(サウ)に依る可しとて奏聞あり」

仮名草子・ねごと(1662)下「日も暮れはんべらば、はやはや御さう申すべし」

(6) 善悪良否、是非などの裁定。あれかこれかの決定

東寺百合文書‐ほ・保安三年(1122)三月一一日、伊勢大国専当藤原時光菅原武道等解案「度々雖訴於司庁、不定左右

平家13C前)一〇「この御請文のおもむきは、兼てより思ひ設けられたりしかども、いまだ左右(サウ)〈高良ルビ〉を申されざりつる程は」

近世紀聞187581)〈染崎延房一一断然これを行ふに堪ずと左右(サウ)して其地を辞し去り」

(7) たより。しらせ。情報音信消息安否また、合図

太平記14C後)八「敵を全員落さん事日を過さじと心安く思ける。其の左右を今や今やと待ける所に

人情本清談若緑(19C中)初「久しく叔母の左右(サウ)をもきかず」

(8) 数を表わす語に付いて、その前後の数であることを示す。多く年齢などに用いる。

評判記たきつけ(1677)「そのかたなどのやうに、さう六十のよはひになりては」

黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「主と見ふるは、三十左右(サウ)、細作り美人

[語誌](1)観智院本名義抄」には「左右」に「トニカクニ」の訓があり、「万葉集」や「色葉字類抄」からは、古くは「左右」の二字で「かにもかくにも」「とさまかうさま」とも読まれたことがうかがわれる。やがてサウ音読され、形容詞左右無し」などが生じる。
(2)漢音読みサユウ中世以来並用され、現在では普通サユウが使われる。


そう サウ 【想】

〔名〕

かんがえ。おもい。思想

童子問(1707)上「子必想外耳目之所見聞

北村透谷(1934)〈唐木順三〉「想を無限の彼岸におくことは、それだけ強力に実を批判することに外ならない

② (梵 saṃjñā の訳) 仏語五蘊(ごうん)の一つ外界対象感受した印象感覚に対して、その差別のすがたを取って知覚表象するはたらき想蘊

正法眼蔵123153法性「色・受・想・行・識にあらざるゆゑに法性なり」

芸術作品などの構想

*詩辨(1891)〈内田魯庵〉「美妙は詩に声調ありと説て声調起すの想(サウ)なるものあるを知らず


そう サウ 【操】

〔名〕 みさお。貞操節操

花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二〇「妾謹て操(サウ)を全ふし」〔漢書匡衡伝〕


そう サウ 【早】

〔名〕 一日のうちのはやい時刻。朝。〔詩経箋‐召南・小星


そう サウ 【曹】

〔名〕 (「ぞう」とも)

役所の中の部屋。ある官にあてられた部屋執務する部屋詰所曹司。→曹司(ぞうし)。

続日本紀天平宝字元年757七月庚戌奈良麻呂古麻呂便留彼曹」〔漢書薛宣伝〕

② なかま。ともがら一族子孫

読本椿説弓張月(1807‐11)残「密(ひそか)にこれを記して、後の曹(ゾウ)たらんものに伝へよ」〔史記平準書〕


そう サウ 【槍】

〔名〕 やり。〔杜甫重過何氏五首詩〕


そう サウ 【槽】

〔名〕

家畜与え飼料などを入れる(おけ)。かいばおけ。〔晉書宣帝紀〕

液体を入れる容器。ふね。

色葉字類抄(1177‐81)「槽 サウ サカフネ酒」〔李賀‐江曲〕

弦楽器部分名。主として雅楽器の場合用いる用語。琵琶(びわ)では胴の背面の板をいい、箏(そう)や和琴(わごん)では表板をいう。俗に甲とも。

源平盛衰記14C前)三一「又此の琵琶造り様、紫藤(しとう)の槽(サウ)に(ばち)の腹、花梨木(くゎりぼく)の頭に同天の首」


そ・う そふ 【添・副・沿・傍】

1 〔自ワ五(ハ四)〕 (あるものに対して新しく別のものがつけ加わる、の意)

つけ加わる増して多くなる。

宇津保(970‐999頃)俊蔭「木のうつほをすみかとして、生ひいでたれど、めもあやなる光そひてなむありける

源氏100114頃)薄雲御位そひて牛車(うしぐるま)ゆるされ参りまかでし給ふを」

尋常小学読本(1887)〈文部省〉四「いつしかとしのかずそひて」

主なるものに寄り添う。そば近くにいる。付き添うつきまとう

万葉(8C後)一四・三四八五「劔大刀身に素布(ソフ)妹をとり見がね音をそ泣きつる手児あらなくに

太平記14C後)一一「貞俊も阿波の国流されて有しかば、今は召仕若党中間も身に傍(ソハ)ず」

連なるものなどの形のままにつき従う。そのそばに並ぶ。

催馬楽7C後‐8C)大路大路曾比(ソヒ)てのぼれる 青柳が花や」

大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)四「此従り東南に出て、三摩怛吒国に至る。近き大海に浜(ソヒ)、気序和暢なり」

④ かなうようにする。希望目的にかなう。

鬼剥げ(1954)〈島尾敏雄〉「だが結局は人の眼には期待に沿わないで、じらしてやろうとする気持強く、ふみとどまって」

(5) 男女が、夫婦になる。結婚して、いっしょに暮らす。連れ添う

大和(947‐957頃)一五七「もとのごとくあからめもせで、そひゐにける」

二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉下「彼(あの)人ならば添(ソ)って見たいといふお鉄所思(おもはく)で」

2自他下二〕 ⇒そえる(添)


そう さう 【然】

1 〔副〕 (「さ(然)」の変化した語)

① (前の語・文脈などを受けて) そのように。そのようで。

両足院周易抄(1477)四「天道は終れば始まるぞ。寒去れば暖になる様にぞ。人もさうぞ」

*虎明本狂言鍋八撥室町末‐近世初)「身共あきんどじゃ。そういふてしかとたつまひか」

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「『本田一等上ったと云ふぢゃないか』『然(サ)うださうだ』」

② (連用修飾語として用いる時、その被修飾語省略してその意味を含める。たとえば「そう多くは」「そう安くは」の「多く」「安く」などが省略される形) そのように…の状態。

談義本根無草(1763‐69)三「『五文にまけろ』〈略〉『〈略〉。盗物では有るまいし、半分殻(から)でもそふは売らない』」

③ 何かを思い出したり、相手のことばに応答したりする時に感動詞のように用いる。「そう」の指示内容は必ずしも明確に文面表われない。

歌舞伎幼稚子敵討(1753)六「『それ、見やしゃったかの〈略〉』『イヤイヤ、さふじゃさふじゃ』」

2感動

相手のことばに対す肯定問い返し、または半信半疑気持感動などを表わす

名語記(1275)四「詞の返答に、しか也と云心をそうといへり、心、如何。これはそといふを、そうといひなせる也。そはそのの反」

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「『アノー先刻郵便が』『ア、サウ何処から来たんだ』」

② すぐ前に述べた自分のことばを確かめたりそれから思いついたりする気持ではさむ。

夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村第二部「俺がお前に話してるやうなことを、寿平次さんはお里さんに話してるにちがひないよ。さうさな、ずっと古いことは俺にもまあよく分らないが」


そう【甑】

〔名〕 こしきのこと。


そ‐う【疎雨・疏雨・踈雨】

〔名〕 まばらに降る

日葡辞書(1603‐04)「Sov(ソウ)。ヲロソカナ アメ

軒吟(1719)四・訪友人隠処詩「隠熟眠呼不起、半窓踈雨夕陽残」〔岑参‐西掖省即事詩〕


そう サウ 【瘡】

〔名〕 皮膚が熱をもち、腫れてうみ、ただれる病気できもの。瘡病。

業鏡台(1394‐1428頃)作州高福寺紀「瘡之去膚如脱皮」〔張巡‐守雎陽作詩


そう サウ 【相】

1 〔名〕

内面本質見るべき外面のようす。すがた。かたち。ありさま外見仏教では、性(しょう)または体と用(ゆう)に対させる。

観智院三宝絵(984)下「身に卅二の相をそなへたり」

正法眼蔵123153弁道話「寂滅談ずる門には、諸法みな寂滅なり、性と相とをわくことなし

ひとりの武将(1956)〈松本清張〉九「まるで山の相が変って居ります」〔観無量寿経

将来運勢吉凶などが、前もって外面あらわれたかたち。人相家相手相など。

源氏100114頃)桐壺帝王の上(かみ)なき位にのぼるべきさうおはします人の」

大鏡(12C前)五「とくよりこの君をば出家相こそおはすれとのたまひて」〔荀子‐非相〕

文法で、一つ動詞がある動作作用表わすのに、受身使役など動作作用のとらえ方の相違を、助動詞との連接などによって示すことについていう。「態」ともいう。動作作用主語との関係から能動受動使役・可能・自発分けまた、自動他動・中相・敬譲加えことがある。これら相の助動詞は、接尾語とみなす考え方もある。

生け花中段役枝の名。

(5) 物理的または化学的性質均一ことによって他と区別される部分気体液体固体に対応して、気相液相固相といい、純物質混合物に対応して純相・溶相というなど。

2 相模国(さがみのくに)の略。


そう サウ 【竈】

〔名〕

① かまど。

参天台五台山記(1072‐73)一「刺史遂至国清寺厨中竈前見二人向火大笑」〔荘子‐達生〕

② (「論語‐八佾」の「与其媚於奥、寧媚於竈」に、「奥」を高い地位にある者の意に、「竈」を実権のある権臣にたとえるところから) 実力のある者。実際権力をにぎっている者。

太平記14C後)一二「実に忠有る者は功を憑で諛はず、忠無き者は奥に媚び竈(サウ)を求め


そう サウ 【笙】

〔名〕 (「そう」は「笙」の漢音) =しょう(笙)

宇津保(970‐999頃)吹上下「沈(ぢん)の舞台、かねの絲して結ひわたし、楽器ども、金(こん)・瑠璃磨き整へて、さう四十人、ふく四十人、弾物舞人、数を尽して参る」


そう サウ 【箏】

〔名〕 弦楽器一つ長さ五尺(約一・五メートル)から六尺(約一・八メートル)の木(が普通)の胴に一三本の弦を張り、各弦を山形(じ)という駒で支え、その位置によって音高整え右手の爪で弾くもの。現在「こと」といえば、普通これをさす。もと、十数本の弦をもつものが中国発達し、奈良朝前に日本伝来し、雅楽用いられていたが、室町時代筑紫流箏曲起こり近代箏曲のもととなっている。雅楽用いるものを楽箏(がくそう)、一般に行なわれているものを俗箏(ぞくそう)と称している。平安時代には「箏(そう)のこと」といって他の弦楽器(琴(きん)など)から区別した。しょうのこと。しょう。

箏〈源氏物語絵巻〉の画像

正倉院文書天平勝宝八年756六月二一日・東大寺献物帳桐木一張 木画兼瑇瑁、納臈纈袋、緑裏」

落窪(10C後)三「右の大臣殿、中納言殿に、〈略〉、世に名高きさう二つ奉り給ふ」〔史記李斯伝〕


そう サウ 【粧】

〔名〕 (「そう」は「粧」の漢音よそおい化粧。「粧をこらす」 〔韓偓‐無題詩〕


そう【総・綜・惣】

1 〔名〕

すべてのもの。あらゆるもの。全体。→そうに(総━)。

玉葉治承五年(1181)二月八日「以越中平朝臣盛俊、宜丹波国庄園下司

源平盛衰記14C前)三五「汝は大勢の川を渡(わたさ)ん時、総(ソウ)を力にして渡るべし」

② (惣) 南北朝以後農民村落共通の利益を守るために名主層から選ばれた乙名(長)・年寄中心として結合した村落共同体寄合をひらき、村の掟をつくり、入会地灌漑用水管理自衛犯罪防止などを行ない違反者には制裁加えた。近世には、幕府大名による農民統制組織へと変質した。惣村惣中

菅浦文書貞和二年(1346)九月近江菅浦惣村置文「惣のしゅんしをととめらるべく候。よんて所のおきふみの状如件」

上の衣(きぬ)。

大乗院寺社雑事記寛正六年(1465)一二月二五日総一日野借用、遣之了」

2 (総) 上総国下総国の略。

3 〔接頭〕 漢語名詞の上に付いて、すべおさめる、すべてその状態にある、また、そのすべてを含む意などを表わす。「総大将」「総収入」など。


そう サウ 【艘】

接尾〕 船を数えるのに用いる。

延喜式(927)三九「川船一艘。〈長三丈〉。在与等津

高野平家13C前)九「目の前に大ふね三そうしづみにけり」〔王粲従軍詩〕


そう サウ 【草】

〔名〕

植物のくさ。

したがき草案草稿

江談抄1111頃)四「六条宮草被白字肝要之由

徒然草1331頃)二三八「一 常在光院のつき鐘の銘は、在兼卿の草なり」〔漢書淮南王伝〕

③ 「そうしょ草書)」「そうがな草仮名)」の略。

宇津保(970‐999頃)蔵開下「『来つつ見し宿にぞ影も頼まれし我だに知らぬ方へ行くかな』とさうに書きたり」

源氏100114頃)「さうにもまなにもさまざま珍しきさまに書きまぜ給へり」〔魏志衛覬伝〕

④ 正式でないもの。略したもの。くずしたものまた、そのかたち。


そう サウ 【荘】

〔名〕 中古貴族大寺院に付属して、租税免除されていた土地不輸・不入特権をもっていた権勢家の私有地荘田(そうでん)。荘園(しょうえん)。しょう。

宇津保(970‐999頃)嵯峨の院「許多(ここら)の年頃地子(ぢし)を待ち使ひつる近江のさうも」


そう サウ 【葬】

〔名〕 死者ほうむること。葬儀葬送

貞享沙石集(1283)七「弟子処分論の中あしくて問答し、葬もせず」

咄本軽口露がはなし(1691)五「あすは上の町より結構成葬(ソウ)が有」〔易経繋辞下〕


そう サウ 【蒼】

〔名〕 (形動タリ

① 深い青色。緑がかった青い色。また、そのような色であるさま。

菅家後集903頃)五言自詠「万事皆如夢、時時彼蒼

花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉六三顔色蒼として青く朱唇変じて白唇となり」

頭髪の白いさま。しらがであるさま。

宕陰存稿(1867)三・送安井平東游序「齢垂五十、俛焉刻厲、不頭之将一レ蒼。此豈今世之士哉」


そう サウ 【藻】

〔名〕

水中にはえるみずくさ。もぐさ。も。〔詩経‐召南〕

美し模様。あやもよう。いろどり。〔曹植‐七啓〕

③ あやのある文章美辞

万葉(8C後)五・八六四右詞文「梅苑芳席、群英藻、松浦玉潭仙媛贈答」〔漢書‐叙伝上〕


そう サウ 【装】

〔名〕

よそおうこと。衣服をつけて身ごしらえをすること。また、化粧すること。よそおい。〔後漢書文苑伝下〕

書物外見体裁装丁


そう サウ 【躁】

〔名〕 =そうびょう躁病)⇔鬱(うつ)。

夢の浮橋1970)〈倉橋由美子光る風「軽い躁の状態かもしれなかった」


そう サウ 【鏁】

〔名〕 錠(じょう)。かぎ。また、鎖(くさり)。

伊呂波字類抄鎌倉)「鏁子 サウ 亦乍鎖」


そう サウ 【騒】

1 〔名〕 中国戦国時代(そ)の屈原の「離騒」が南方中国古代文学である楚辞代表作であるところから、楚辞、または賦のこと。さらに広く中国韻文文学をさす。

2 楚の屈原の作った長詩「離騒」をいう。


そう【驄】

〔名〕 葦毛(あしげ)の馬。あしげ。

*十巻本和名抄(934頃)七「驄馬 説文云驄〈音聰 漢語抄云驄 青馬也 黄驄馬葦花毛馬也 日本紀私記云驄馬美多良乎乃宇末〉青白雑毛馬也」〔説文解字‐一〇篇上〕


宋 (そう)

960年から1279年までの間の中国の王朝です。首都北と南2つありました。北の首都1127年にほろぼされますが、南は引き続き存続します。日本とは正式な国交はありませんでしたが、貿易は盛んでした。


そう 【宗】

中国で「みたまや」をいったが、転じて「もと」「おおもと」「祖先」をいうようになった。宗主宗家宗国また、優れた人や有徳の人にもいう。宗匠詩宗祖宗。→ 宗廟

簇【そう】

連。分類学上の「科」と「属」の間に位置する分類群の名称。(Tribe

読み方
そう

読み方
そう

読み方
そう

読み方
そう

読み方
そう

ソウ

(そう から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 05:56 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ソウそう

作品

人物

その他

関連項目



そう

出典:『Wiktionary』 (2020/03/27 12:13 UTC 版)

動詞

そう沿う, う, う】

  1. 基準となるものに従う離れないようにする。

活用

そ-う 動詞活用日本語活用
ワ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 そわない 未然形 + ない
意志勧誘 そおう 未然形音便 + う
丁寧 そいます 連用形 + ます
過去・完了・状態 そった 連用形音便 + た
言い切り そう 終止形のみ
名詞化 そうこと 連体形 + こと
仮定条件 そえば 仮定形 + ば
命令 そえ 命令形のみ

関連語

  • そえる
  • そって

翻訳

  • 英語: abut

副詞

そう

  1. そのに。
  2. 否定文中で)それほどさほど
  3. 話題に挙げられている事物。それ。
  4. 言及されたり指示されたりした内容とおりであること。それで合っていること。
  5. (「そうだ」「そうだった」の形で感動詞的に)何かを思い出したときの発話
  6. (「そうだ」「そうか」などの形で感動詞的に)何かを発見したり何かに気づいたり理解できたりしたときの発話
  7. (「そうだな」などの形で感動詞的に)何かを考えたり判断に迷ったりしているときの発話

語源

う の変化

派生語

関連語

日本語指示詞
  近称(こ-) 中称(そ-) 遠称(あ- 不定称(ど-)
指示代名詞 これ[複数:これら] それ[複数:それら] あれ[複数:あれら] どれ
指示代名詞卑称 こいつ そいつ あいつ どいつ
連体詞 この その あの どの
場所 ここ そこ あそこ どこ
方向 こちらこっち そちらそっち あちらあっち どちらどっち
態様 こう
こんな
そう
そんな
ああ
あんな
どう
どんな

翻訳

  • 英語: yars, so, nu

感動詞

そう

  1. 肯定を表す。
  2. 驚き疑念をあらわす。
    • ここが入り口だと思うんだけど。そう
  3. 単なる間の手として使う。
    • ふーん、そう
  4. 文章などで、過去出来事話題に出すときに使う。
    • そう、あれは終戦の年の八月のことだった。
  5. 何かを思い出したりしたときに使う。

類義語

名詞

そう左右

  1. 左右参照

接尾辞

そう:当て字

助動詞そうだ」の語幹動詞連用形形容詞語幹形容動詞語幹接続し以下の意を有する語(形容動詞活用)を形成する。
  1. 動詞連用形接続)今にも~する様子である。
    • なきそう、しにそう
  2. (「いる」「ある」などの存在を示す動詞連用形形容詞語幹形容動詞語幹接続)外からは~に見える。
    • どこでもいそう、ありそうな話だ、いそがしそう、ひまそう、順調そう
    1. 本当はそうかわからないが、そのよう見える。


沿

沿
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



そうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「そう」に関係したコラム

  • FXのダブルトップでのエントリーポイントを見つけるには

    ダブルトップとは、チャートが「W」の字を上下反転したように形成されていることです。ダブルトップが形成されると、2つのエントリーポイントが発生します。下の図は、ダブルトップを形成したチャートです。ダブル...

  • FXのダブルボトムでのエントリーポイントを見つけるには

    ダブルボトムとは、チャートが「W」の字のように形成されていることです。ダブルボトムが形成されると、2つのエントリーポイントが発生します。下の図は、ダブルボトムを形成したチャートです。ダブルボトムが形成...

  • CFDの取引ツールの比較

    CFD業者では、CFD取引のためにチャートやテクニカル指標などを表示するツールを用意しています。ここではCFD業者の取引ツールを紹介します。▼DMM.com「PRO TRADE」、「SIMPLE TR...

  • CFDのVIX指数の見方

    VIX指数とは、アメリカ合衆国の代表的な株価指数のSP500のボラティリティをもとに算出した指数のことです。VIX指数は、Volatility Indexの略です。ボラティリティは0%から100%まで...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「そう」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||



8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

そうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



そうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2021,Hofu Virtual Site Museum,Japan
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのそう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS