荘とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > しょう > の意味・解説 

そう〔サウ〕【荘】

接尾アパート旅館などの名に付けていう語。「日の出荘」「臨海荘」


チャン【荘】

接尾《(中国語)》助数詞マージャンで、正式な1ゲーム数えるのに用いる。「一荘(イーチヤン)」「半荘


しょう【相/荘/装】

〈相〉⇒そう

〈荘〉⇒そう

〈装〉⇒そう


そう【荘〔莊〕】

常用漢字] [音]ソウサウ)(漢) ショウシャウ)(呉)

[一]ソウ

おごそかいかめしい。「荘厳荘重

いなかにある家。また、仮のすまい。宿泊所。「山荘村荘別荘旅荘

荘子のこと。「老荘

[二]ショウ

おごそかおごそかにする。「荘厳(しょうごん)」

荘園(しょうえん)。「荘司(しょうじ)」

名のりたか・たかし・まさ


しょう〔シヤウ〕【荘/×庄】

奈良時代生産物貯蔵する倉を中心として周辺園地を配した一区画

荘園」に同じ。

昔の荘園の名を残し土地の名称。「五箇の—」

日本植民地であった時代台湾行政区画の一。街より小さく、社より大きい


しょう シャウ 【荘・庄】

〔名〕 (「しょう」は「荘」の呉音。「庄」は「荘」の俗字

奈良時代生産物貯蔵するためのいくつかの倉屋を中心として若干園地付属していた経営単位としての地域生産的土地である墾田とは区別される。

続日本紀神護景雲元年767五月戊辰墾田一百町。稲一万二千五百束。庄三区。〈略〉献西大寺

奈良末・平安時代以降墾田と倉屋(在家)を含んで、公家寺社私有に属した地域荘園

三代格‐八・延暦一六年(797八月三日「右浮宕之徒集於諸庄、仮勢其主、全免調庸

荘園廃止後、かつての荘園の名を受け継いでいる土地呼び名。郷(ごう)と並び称せられるもの。

曾我物語南北朝頃)一「ひそかに本国にくだり、おうみのしゃうに住して」

むらざと。いなか。また、その地に設けられた別宅をもいう。山荘別荘

(5) 日本統治していたころの台湾行政区画一つ。「街」の下、「社」の上にあり、日本の「町」にあたった。


そう サウ 【荘】

〔名〕 中古貴族大寺院に付属して、租税免除されていた土地不輸・不入特権をもっていた権勢家の私有地荘田(そうでん)。荘園(しょうえん)。しょう。

宇津保(970‐999頃)嵯峨の院「許多(ここら)の年頃地子(ぢし)を待ち使ひつる近江のさうも」


チャン【荘】

接尾〕 (中国語から) マージャンで、正式な一ゲーム数えるのに用いる。「一荘(イーチャン)」「半荘」など。


かざ・る【飾・餝・錺・荘】

〔他ラ五(四)

いろいろな物を付け美しく見えるようにする。立派にする。装飾する。荘厳(しょうごん)する。

古事記(712)中「青葉の山を餝(かざ)りて、其の河下に立てて大御食(おほみけ)献らむとする時に

源氏100114頃)帚木「家のうちをかざり」

実質に関係なく、外観、ことばなど、うわべをとりつくろう言葉技巧をこらしたり、凝った言いまわしをしたりする。

書紀720雄略九年五月前田本訓)「詐(カサリ)て韓子宿禰告げ曰はく

源氏100114頃)行幸心知らぬ人目をかざりて、猶世の常作法にと聞え給ふ

③ 勝手なことをする。ほしいままにする。〔観智院本名義抄(1241)〕

設ける。構える。(商品などを)陳列する。

太平記14C後)一〇「入道〈略〉中門に曲彔(きょくろく)をかざらせて其の上結跏趺坐(けっかふざ)し」

(5) 物事に、はなやかさや立派さを添える。

青年(1910‐11)〈森鴎外一三社会出来事は、謂はば永遠の形の下に見た鳥瞰図になって、新聞を飾(カザ)るだらう」


読み方:ショウshou

墾田開発・耕営のための倉屋。



読み方:ショウshou

所在 鹿児島県出水市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

荘園

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/13 08:06 UTC 版)

荘園(しょうえん)は、公的支配を受けない(あるいは公的支配を極力制限した)一定規模以上の私的所有・経営の土地である。なお、中世西ヨーロッパ中央ヨーロッパに見られたmanor(英語)、Grundherrschaft(ドイツ語)の訳語としても用いられている。




  1. ^ 高橋芳郎「宋元代の奴婢・雇庸人・佃僕の身分」(1978年発表、後に高橋『宋-清身分法の研究』(北海道大学図書刊行会、2001年)所収)


「荘園」の続きの解説一覧

荘 (姓)

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/28 16:19 UTC 版)

(そう)は、漢姓の一つ。






「荘 (姓)」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2016/07/29 21:29 UTC 版)

発音



出典:『Wiktionary』 (2017/04/09 16:45 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



荘と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「荘」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
90% |||||


荘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



荘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの荘園 (改訂履歴)、荘 (姓) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS