躁鬱とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 躁鬱の意味・解説 

躁鬱

読み方:ソウウツ(souutsu)

躁状態鬱状態


双極性障害

(躁鬱 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/28 09:18 UTC 版)

双極性障害(そうきょくせいしょうがい、: Bipolar disorder中国語: 双相型障碍スペイン語: Trastorno bipolar)は、通常の気分をはさんで躁病(そうびょう)と抑うつの病相(エピソード)を呈する精神障害である[1][2][3][4]




  1. ^ 出典の日本語記事(2012年8月、10月)には20倍と記載されているが、聞き取り間違いなどの可能性がある[76]。同委員長はブログ(2012年4月)で40倍と述べている[77]。また、他の英語記事(2012年5月、2013年5月)でも40倍になっている[78][79]
  1. ^ a b c d e f 世界保健機関 2010, BPD.
  2. ^ a b c d e f g h i 英国国立医療技術評価機構 2014, Introduction.
  3. ^ a b Mental disorders - Factsheets”. 世界保健機構 (2014年8月). 2015年8月1日閲覧。
  4. ^ Bipolar And Related Disorders,” DSM-5.
  5. ^ 『ICD-10』 第5章 「精神及び行動の障害」 F30-F39 気分〔感情障害〕
  6. ^ 『ICD-10』 第5章 「精神及び行動の障害」 F31 双極性感情障害<躁うつ病>
  7. ^ a b c d e f g h i j 世界保健機関 2010, BPD2.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 日本うつ病学会 2017.
  9. ^ a b Anderson, IM; Haddad, PM; Scott, J (2012-12-27). “Bipolar disorder.”. BMJ (Clinical research ed.) 345: e8508. doi:10.1136/bmj.e8508. PMID 23271744. 
  10. ^ a b c d e f g アレン・フランセス 2014, pp. 64-68.
  11. ^ Goodwin FK, Jamison KKR. Manic-Depressive Illness: Bipolar Disorders and Recurrent Depression. Second Edition. Oxford University Press, 2007
  12. ^ “Strategies to reduce misdiagnosis of bipolar depression”. Psychiatr Serv 52 (1): 51–5. (January 2001). doi:10.1176/appi.ps.52.1.51. PMID 11141528. https://ps.psychiatryonline.org/doi/full/10.1176/appi.ps.52.1.51?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori:rid:crossref.org&rfr_dat=cr_pub%3dpubmed. 
  13. ^ Muzina, DJ; Kemp, DE; McIntyre, RS (2007 Oct–Dec). “Differentiating bipolar disorders from major depressive disorders: treatment implications”. Annals of Clinical Psychiatry 19 (4): 305–12. doi:10.1080/10401230701653591. PMID 18058287. 
  14. ^ 秋山剛、酒井佳永、松本聡子「双極スペクトラムと気質」『こころの科学 No.131』2007年1月
  15. ^ a b c d DSM-Ⅳ-TRに基づく診断基準”. 2015年8月1日閲覧。
  16. ^ a b c 双極性障害(躁うつ病)とつきあうために”. 2015年9月29日閲覧。
  17. ^ 志水彰ほか『精神医学への招待』改訂2版, 南山堂, 2005年, pp 95-96に具体例あり。
  18. ^ モニカ・ラミレツ・バスコ「バイポーラー(双極性障害)ワークブック―気分の変動をコントロールする方法」星和書店(2007).
  19. ^ Angst, J., and Clayton, P. (1986) Premorbid personality of depressive, bipolar, and schizophrenic patients with special reference to suicidal issues. Compr Psychiatry 27, 511-532, 1986
  20. ^ a b アレン・フランセス『〈正常〉を救え―精神医学を混乱させるDSM-5への警告』大野裕(監修)、青木創(翻訳)、講談社、2013年10月、236-238頁。ISBN 978-4-06-218551-6 'Saving Normal, 2013.
  21. ^ a b アレン・フランセス 2014, pp. 69-73.
  22. ^ Vietaら (2000), Susanら (2001)[要文献特定詳細情報]
  23. ^ 鷲塚伸介「双極性障害軽症例における診断学的問題点 49号」第13巻第1号、精神科診断学、2002年3月。
  24. ^ Cassidy,F.,Ahearn,E.P.,Carroll,B.J. (2001). “Substance abuse in bipolar disorder”. Bipolar Disord 3: 181-188. 
  25. ^ Angst,J (1998). “The emerging epidemiology of hypomania and bipolar II disorder”. J Affect Disord 50 (143-151). 
  26. ^ Kruger,S.,Shugar,G.,Coole,R.G (1996). “Comorbidity of binge eating disorder and partial binge eating disorder with bipolar disorder”. Int J Eat Disord 19: 45-52. 
  27. ^ George, E. L et al (2003)、Broeger, P et al (2003)、Preston, G. Ae et al (2004)[要文献特定詳細情報]
  28. ^ 内海健 (2006)
  29. ^ 加藤忠史 (2011)
  30. ^ Akiskal, H. S., and Mallya, G. (1987) Criteria for the "soft" bipolar spectrum: treatment implications. Psychopharmacol Bull 23, 68-73
  31. ^ 内海健 (2006)
  32. ^ Akiskal HS (1985). Chen S, Davis G, et al. Borderline: an adjective in search of a1 noun. J Clin Psychiatry; 46:41−8
  33. ^ Zarate CA JR, Tohen M. (1999) Bipolar disorder and comorbid axis II disorders. In:Tohen M, editor. Comorbidity of Affective Disorders. New York: Marcel Dekker, Inc
  34. ^ 佐藤裕史「「境界例」と双極性障害II型 ― 見立てと治療上の留意点について」第30巻、精神療法、2004年。
  35. ^ 市橋秀夫 (2006) pp. 89 - 97.
  36. ^ a b c アレン・フランセス 2014, pp. 69-70.
  37. ^ a b アレン・フランセス 2014, pp. 75-77.
  38. ^ (pdf) 双極性障害およびうつ病の診断における光トポグラフィー検査の意義についての声明 (Report). 日本うつ病学会. (2016-11-29). http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/link/pdf/nirs_statement.pdf 2016年12月28日閲覧。. 
  39. ^ “Heritability of bipolar spectrum disorders. Unity or heterogeneity?”. Journal of Affective Disorders 106 (3): 229–240. (2008). doi:10.1016/j.jad.2007.07.001. PMID 17692389. 
  40. ^ a b c 躁うつ病(双極性障害)の原因”. 2015年8月6日閲覧。
  41. ^ Data-Franco J (2017-01-04). “Beyond the therapeutic shackles of the monoamines: New mechanisms in bipolar disorder biology.”. en:Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry. 72: 73-86. doi:10.1016/j.pnpbp.2016.09.004. PMID 27616052. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0278584616301981. 
  42. ^ そううつ病発症に関連する遺伝子発見 2017年1月25日 読売新聞
  43. ^ そううつ発症、脂質代謝遺伝子が関連−藤田保健衛生大など解明、予防・治療法に道2017年1月25日 日刊工業新聞
  44. ^ Schmitt A, Malchow B, Hasan A, Falkai P (February 2014). “The impact of environmental factors in severe psychiatric disorders”. Front Neurosci 8 (19). doi:10.3389/fnins.2014.00019. PMC: 3920481. PMID 24574956. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3920481/. 
  45. ^ Boland EM, Alloy LB (February 2013). “Sleep disturbance and cognitive deficits in bipolar disorder: toward an integrated examination of disorder maintenance and functional impairment”. Clin Psychol Rev 33 (1): 33–44. doi:10.1016/j.cpr.2012.10.001. PMC: 3534911. PMID 23123569. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3534911/. 
  46. ^ Burden of Mental Illness”. アメリカ疾病対策予防センター. 2015年8月1日閲覧。
  47. ^ a b 川上憲人 (2006). 『特定の精神障害の頻度、危険因子、受診行動、社会生活への影響』 こころの健康についての疫学調査に関する研究. 分担研究報告書 (Report). 平成18年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業). http://www.ncnp.go.jp/nimh/keikaku/epi/Reports/H18WMHJR/H18WMHJR03.pdf 2012年3月23日閲覧。. 
  48. ^ 川上憲人「双極性障害の疫学」『こころの科学』第131巻、2007年1月、 18-21頁。
  49. ^ 加藤忠史 (2011)
  50. ^ a b Bipolar Disorder in Adults”. 米国国立精神保健研究所. 2015年8月10日閲覧。
  51. ^ a b 双極性障害ABC”. 2015年8月10日閲覧。
  52. ^ a b c d e f g h i j 世界保健機関 2010, BPD4.
  53. ^ 水島広子 『対人関係療法でなおす 双極性障害』 創元社、2010年。ISBN 978-4-422-11463-7 
  54. ^ 躁うつ病(双極性障害)の治療方法”. 2015年8月10日閲覧。
  55. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.2.5.
  56. ^ 伊藤 絵美 (2008). 事例で学ぶ認知行動療法 誠信書房, 99-100頁.
  57. ^ 双極性障害(躁うつ病)”. 2015年8月10日閲覧。
  58. ^ a b c d e 世界保健機関 2010, BPD3.
  59. ^ a b 日本うつ病学会 2012.
  60. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.10.4.
  61. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.10.25.
  62. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.2.8.
  63. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.10.31.
  64. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.5.10.
  65. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.10.39.
  66. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.10.13.
  67. ^ a b c 世界保健機関 2010, BPD1.
  68. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.5.22.
  69. ^ 睡眠医療 第2巻 第1号 2007 特集 うつと睡眠をめぐって 「8.うつ病の時間生物学的治療」(株)ライフサイエンス
  70. ^ 双極性障害の加療中に生じた遅発性ジストニアに対する鍼治療
  71. ^ 双極性障害に月経障害を合併した症例の鍼灸治療
  72. ^ 精神疾患・発達障害に効く漢方薬―「続・精神科セカンドオピニオン」の実践から (精神科セカンドオピニオン)内海 聡
  73. ^ うつ―もう一つの解決法 | ジョーン・マシューズ ラーソン
  74. ^ ティモシー・E. ウィレンズ 『わかりやすい子どもの精神科薬物療法ガイドブック』 星和書店、2006年。ISBN 9784791105984  p238
  75. ^ 加藤忠史, 金生由紀子 (2006). 臨床精神医学 10月号 特集「双極性障害」「小児・思春期の双極性障害~近年の増加の要因について」
  76. ^ a b c 精神医学「DSM-5をめぐって─Dr. Allen Francesに聞く Archived 2013年10月4日, at the Wayback Machine.」医学書院2012年8月(54巻8号)
  77. ^ Allen Frances (2012-04-03). “The False Epidemic of Childhood Bipolar Disorder"”. The Huffington Post. 
  78. ^ Margaret Wente (2012-05-05). “Is anybody normal any more?”. The Globe and Mail. 
  79. ^ Michael Mechanic (2013-05-14). “Psychiatry's New Diagnostic Manual: "Don't Buy It. Don't Use It. Don't Teach It."”. Mother Jones. 
  80. ^ DSM-5 Draft D 00 Disruptive Mood Dysregulation Disorder”. American Psychiatric Association (2012年). 2012年3月23日閲覧。
  81. ^ 加藤忠史 (2011)
  82. ^ Emil Kraepelin 『精神医学教科書 第6版』 1899年
  83. ^ Angst, J., et al. (1973) The cource of monopolar depression and bipolar psychoses. Psychiatr Neurol Neurochir 76, 489-500
  84. ^ Coryell, W., et al (1984) A family study of bipolar II disorder. BrJ Psychiatry 145, 49-54.
  85. ^ Coryell, W., et al (1999) Bipolar II disorder; the importance of hypomania. In Bipolar Disorder. Clinical Course and Outcome (Goldberg JF, H. M., ed) 219-236, American Psychiatric Press
  86. ^ Akiskai, H. S.: Soft Bipolarity - A footnote to Kraepelin 100 years later - 広瀬徹也訳
  87. ^ 加藤忠史 (2011)
  88. ^ Children Of Bipolar Parents Score Higher On Creativity Test, Stanford Study Finds ScienceDaily (Nov. 9, 2005)[1]
  89. ^ Santosa CM, Strong CM, Nowakowska C, Wang PW, Rennicke CM, Ketter TA (2007). “Enhanced creativity in bipolar disorder patients: a controlled study”. J Affect Disord 100 (1-3): 31–9. doi:10.1016/j.jad.2006.10.013. PMID 17126406. 
  90. ^ Nancy Coover Andreasen (1987). Creativity and mental illness: prevalence rates in writers and their first degree relativess. Am J Psychiatry 144, 1288-1292
  91. ^ 「自分は双極性障害」と言う人が増えている、英論文”. AFPBB News (2010年3月2日). 2012年3月23日閲覧。
  92. ^ 内海健 (2006)
  93. ^ [2]
  94. ^ アラン・ウォーカー 『大作曲家シリーズ1 シューマン』横溝亮一訳、東京音楽社、1986年
  95. ^ 「the guardian」The astonishing genius of Brian Wilson Friday 24 June 2011
  96. ^ ニルヴァーナ”. The Compleat Beatles (2006年6月). 2012年3月23日閲覧。
  97. ^ 『about.com』Jean-Claude Van Damme - Actor July 20, 2009
  98. ^ 精神疾患を抱えながらも、"最強の女性"であり続けるリンダ・ハミルトン - エキサイト(2010年8月16日)
  99. ^ C・ゼタ・ジョーンズ、そううつ病で入院 - AFPBB News(2011年4月14日)
  100. ^ a b 仲間秀典 『開高健の憂鬱』 文芸社、2004年。ISBN 978-4835568942 
  101. ^ 北 杜夫、斎藤 由香 『パパは楽しい躁うつ病』 朝日新聞出版、2009年。ISBN 978-4022504999 
  102. ^ 中島らも 『心が雨漏りする日には〈青春文庫〉』 青春出版社、2005年。ISBN 978-4413093187 
  103. ^ 「読売新聞」躁うつ病(1)闘病が作家への転機 - ヨミドクター(読売新聞)(2009年11月5日)
  104. ^ 諏訪哲史『アサッテの人』文庫版あとがき(講談社文庫)(2010年7月15日発行)ISBN 978-4062767002
  105. ^ 梨元勝 『芸能事件40年 田宮二郎の巻』
  106. ^ 『坂口恭平 躁鬱日記』医学書院 (2013/12/9)
  107. ^ E・クレッチュマー、内村 祐之訳 『天才の心理学』 岩波書店、1982年。ISBN 978-4003365816 
  108. ^ Möbius, PJ: Über das Pathologische bei Goethe. Mattes and Seitz Verlag, 1898.
  109. ^ 不安症状と双極性障害の臨床的特徴と薬理学的治療
  110. ^ 双極性障害の早期診断と治療
  111. ^ うつ病と双極性障害うつ状態に対する標準治療による助走 期間を考慮した鍼治療3ヶ月間の上乗せ(add-on)効果と持続 効果:過去起点型コホート




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「躁鬱」の関連用語

躁鬱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



躁鬱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの双極性障害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS