1978-1979 アシュラム事件とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 1978-1979 アシュラム事件の意味・解説 

1978-1979 アシュラム事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 04:07 UTC 版)

クラス (バンド)」の記事における「1978-1979 アシュラム事件」の解説

1978年クラスは初EP「The Feeding of the 5000(スモール・トラッカー・レーベル)」をリリースした。レコード制作工場工員は「Asylum」の詞のキリストに対する冒涜的な内容から作業拒否した結局レコードはその曲なし(かわりに2分間沈黙)でのリリースとなった。 この事件により、クラスは、レーベル妥協させられる立場置かれ、その素材に対する編集権限保持するため、独立したレコードレーベル「クラス・レコード」を設立することとなった再録音された「Asylum」の拡張バージョンは、「Reality Asylum」と改名されその後自身のレーベル「クラス・レコード」からリリースされた。そののちクラス7インチシングル警察によって調査された。さらに「ダイヤル・ハウス」にまでロンドン警視庁スコットランドヤード)の風紀取り締まり班が来て訴追脅したが、結局その事件は棄却された。 「Reality Asylum」は普通のレコード半額値段販売されクラスできるだけ安くレコードをリリースするというポリシー最初のとなったが、バンド付加価値税費用分配することができず、売れたぶんの金額をそっくり失ってしまう。 1年後、「The Feeding of the 5000」(「The Second Sitting」)の新作発表し元のバージョンの「Asylum」を復元した

※この「1978-1979 アシュラム事件」の解説は、「クラス (バンド)」の解説の一部です。
「1978-1979 アシュラム事件」を含む「クラス (バンド)」の記事については、「クラス (バンド)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1978-1979 アシュラム事件」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1978-1979 アシュラム事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1978-1979 アシュラム事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクラス (バンド) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS