花猫の目とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 花猫の目の意味・解説 

はなねこのめ (花猫の目)

Chrysosplenium album var. stamineum

Chrysosplenium album var. stamineum

Chrysosplenium album var. stamineum

わが国本州福島県から京都府にかけて分布しています。谷沿いの林内湿地生え、高さは5~10センチになります。「しろばなねこのめそう」の変種で、母種に比べて毛が少なく走出枝暗紅色を帯びるのが特徴です。扇形で、3~7個の鋸歯あります3月から4月ごろ、花茎伸ばし白色の花を咲かせます。暗紅色です。
ユキノシタ科ネコノメソウ属多年草で、学名Chrysosplenium album var. stamineum。英名はありません。
ユキノシタのほかの用語一覧
チャルメルソウ:  大哨吶草
ツボサンゴ:  壺珊瑚
ネコノメソウ:  黄金猫の目草  花猫の目  丸葉猫の目草  日光猫の目  猫の目草



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「花猫の目」の関連用語

花猫の目のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



花猫の目のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.

©2019 Weblio RSS