ほしのあきとは?

ほしの あき

ほしのあきの画像 ほしのあきの画像
芸名ほしの あき
芸名フリガナほしの あき
性別女性
生年月日1977/3/14
星座うお座
干支巳年
血液型O
出身東京都
身長165 cm
URLhttp://www.aplus-japan.com/talent/hoshinoaki/
ブログURLhttp://ameblo.jp/hoshino--aki/
靴のサイズ23.5 cm
プロフィール東京都出身タレント高校時代ティーンズ雑誌プチセブン』(小学館)の専属モデル務めその後女優としてテレビドラマや映画、CMなどでも活躍し、日本テレビ三姉妹探偵団』『ごくせん』、TBS愛の劇場』といった作品に出演した。以後最年長グラビアアイドル”として数々グラビア登場写真集DVDテレビ深夜番組中心に活躍。その他の主な出演作品に、テレビ朝日くりぃむナントカ』『検索ちゃん』、フジテレビ脳内エステIQサプリ』『プレミアの巣窟』、テレビ朝日『Qさま』『ぷっすま』、TBS弁護士のくず』、映画『催眠』『SPACE TRAVELERS』、写真集『ほしのビューティ』『ほしのボディHYPER!!』などがある。
代表作品1年2012
代表作品1写真集『ほしのボディHYPER!!
代表作品2年2012
代表作品2雑誌美人百花レギュラー
代表作品3年2012
代表作品3TBSはなまるマーケット
職種タレント俳優女優
好きなスポーツゴルフ
趣味・特技マッサージ通い/お散歩/ゴルフ

» タレントデータバンクはこちら

ほしのあき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/20 05:09 UTC 版)

ほしの あき1977年(昭和52年)3月14日 - )は、日本の女性タレント女優グラビアアイドル。本名、三浦 亜希(みうら あき)。東京都出身。エープラス所属。夫は騎手の三浦皇成




注釈

  1. ^ 女優業は旧姓本名名義で行っている
  2. ^ 2008年1月2日放送分は収録が2007年12月に行われていたために、2月20日、3月5日の京都SPには収録日が違ったため出演できた。
  3. ^ 同レース放送前には誕生日が同じという縁で応援していたドリームパスポート号を本命にしていたが、5着に敗れている。

出典

  1. ^ 出典:2009年3月5日放送『おもいッきりイイ!!テレビ』の「いきあたりばったり一万歩の旅」コーナーで発していたコメント
  2. ^ ほしのあき 13歳年上妻の誓い「皇成さんを支えていきたい」 - スポニチ(2011年9月26日)2012年7月9日閲覧
  3. ^ ほしのあき 三浦皇成の誕生日に挙式「しあわせでーす!祝ってほし~の!」 - スポニチ(2011年12月19日)2012年7月9日閲覧
  4. ^ ほしのあき&三浦皇成 第1子の女児誕生! - スポニチ(2012年4月13日)2012年7月9日閲覧
  5. ^ ペット大好き! ほしのあきさんとあずき”. オピ・リーナ(中日新聞ウェブサイト). 2014年7月8日閲覧。
  6. ^ FRIDAY SPECIAL'06ビッグサマー号(講談社、2006年7月24日4)での記事より。
  7. ^ 2005年11月28日 日刊ゲンダイでの記事より。
  8. ^ BUBKA白夜書房)2005年9月号での記事より。
  9. ^ QuickJapan』 Vol.68『特集グラビアアイドル』ほしのあきインタビューより。
  10. ^ 彼氏がほし~の!? ほしのあき、セクシー警官姿で「イブの休みは嫌!」”. ORICON STYLE (2008年12月4日). 2014年7月7日閲覧。


「ほしのあき」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ほしのあき」の関連用語

ほしのあきのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ほしのあきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2020 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのほしのあき (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS