知らぬ顔の半兵衛とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 知らぬ顔の半兵衛の意味・解説 

知(し)らぬ顔(がお)の半兵衛(はんべえ)

そ知らぬようすをして少しもとりあわない冷淡な者を人名のように呼んだもの。「知らぬ顔の半兵衛を決め込む


知らぬ顔の半兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/21 01:17 UTC 版)

知らぬ顔の半兵衛(しらぬかおのはんべえ)は、何も知らない振りを装って物事に取り合わぬことを意味する慣用句。「知らぬ顔の半兵衛を決め込む」のような表現で使われる。


  1. ^ 半兵衛が秀吉の直臣だったか、信長により附属させられた寄騎だったかについては諸説ある。
  2. ^ 宮武外骨編『日本擬人名辞典』24頁(成光館,1930)


「知らぬ顔の半兵衛」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「知らぬ顔の半兵衛」の関連用語

知らぬ顔の半兵衛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



知らぬ顔の半兵衛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの知らぬ顔の半兵衛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS