歯ぎしりとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 歯ぎしりの意味・解説 

歯ぎしり

作者黒岩重吾

収載図書夜の防波堤
出版社角川書店
刊行年月1988.5
シリーズ名角川文庫


ブラキシズム

(歯ぎしり から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 19:54 UTC 版)

ブラキシズム(Bruxism)とは、睡眠時や覚醒時を問わず、を動的、若しくは静的にすり合わせたり、噛み締めたりする非機能性咬合習癖の一形態である。様々な動作を包括した広義の「歯ぎしり(歯軋り)」を指し、咬合神経症とも呼ばれる。




  1. ^ a b c 日本補綴歯科学会, p.83
  2. ^ a b 大倉、p.141
  3. ^ 大倉、p.139
  4. ^ a b c 大倉、p.144
  5. ^ a b 廣瀬俊司、吉川悟 (2014). ブラキシズムとストレスの関係を明らかにするための質問紙作成の試みとその検討 心身医学 2014年 54巻 9号 p.867-876, doi:10.15064/jjpm.54.9_867
  6. ^ a b 廣瀬俊司 (2016). ブラキシズムの臨床心理学的理解と治療法 龍谷大学大学院文学研究科紀要 学位論文 34316甲第205号, 1-551


「ブラキシズム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「歯ぎしり」の関連用語

歯ぎしりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



歯ぎしりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブラキシズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS