牡丹と薔薇とは? わかりやすく解説

牡丹と薔薇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 04:29 UTC 版)

牡丹と薔薇』(ぼたんとばら)は、東海テレビの制作により、フジテレビ系列で、2004年1月5日から3月26日まで放送された昼ドラである。全60回。


  1. ^ ぼたんが成人後、腎臓病で入院した際の病室の名札には「野島真世」と書かれている場面がある。鏡子から出生の秘密を明かされた際に戸籍上の名前を出生当時の名前である「野島真世」に戻したと考えられるが、劇中では特に言及されていないため詳細は不明
  2. ^ ちなみにこの時、浅間は果物のパパイヤを食べていた
  3. ^ 牡丹と薔薇 『牡丹と薔薇』 企画・プロデューサー インタビュー BS11
  4. ^ 昼ドラ主演の小沢真珠にいじめられ願望があった?”. オリコン (2006年1月11日). 2020年3月27日閲覧。
  5. ^ 2015年12月30日 - 2016年1月4日は年末年始編成のため休止。
  6. ^ 次期フジ系昼ドラ「新・牡丹と薔薇」 今月30日スタート 中日スポーツ - ウェイバックマシン(2015年11月7日アーカイブ分)
  7. ^ 大隈から洗ってほしいと頼まれたジョギングシューズをトングでつまむなど。なお、大隈邸を訪れた綱輝の靴を慌てて傘立ての中に隠した時には素手で持っていた(第38話より)。
  8. ^ 多額の負債を抱えている事から、社員から尻込みされたとのこと(第36話より)。
  9. ^ 西山(萌子の本名)・瀬尾の表札が出ている(第38話より)。
  10. ^ 合同結婚披露宴にて、司会者からのスピーチで明かされる。(第38話より)
  11. ^ 小日向家の家族には、「鎌倉の養父母に育てられた」と話していた。のちに、美輪子には自ら真実を明かす。
  12. ^ 今朝義の項を参照。
  13. ^ ゴーオンブルー・片岡信和、“昼ドラ”『新・牡丹と薔薇』出演へ”. ORICON STYLE (2015年11月24日). 2015年11月24日閲覧。
  14. ^ a b 第38話より。
  15. ^ 25年後に富貴子が訪ねてきた時点で(第17話より)。
  16. ^ 稲垣のことを、柴崎が「お父さん」、看護師が「大先生」と呼んでいる(第17話より)。


「牡丹と薔薇」の続きの解説一覧

「牡丹と薔薇」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

牡丹と薔薇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



牡丹と薔薇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牡丹と薔薇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS