Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > FXやCFDのTRIXシグナルとは

FXやCFDのTRIXシグナルとは

 

FXやCFDのTRIXとは、指数平滑移動平均(EMA、Exponential Moving Average)を元に算出されるオシレーター系のテクニカル指標のことです。Triple Exponential Moving Averageともいいます。

TRIXの計算方法は、まず、ある期間のEMAを求めます。次に、そのEMAのEMAを求め、さらにそのEMAを求めます。ここでは、最終的に算出したEMAをfEMAとします。

TRIXは、当日のfEMAと前日のfEMAとの騰落比を求めます。

TRIX=(当日のfEMA-前日のfEMA)÷前日のfEMA×100%

TRIXシグナルは、長期と短期の2本のTRIXを描画したものです。

TRIXでは、マイナスからプラスへ転じた地点を買いのエントリーポイント、プラスからマイナスへ転じた地点を売りのエントリーポイントとしていますが、TRIXシグナルでは、短期のTRIXが長期のTRIXを下から上へ突き抜けた地点が買いのエントリーポイントにあたります。また、短期のTRIXが長期のTRIXを上から下へ割り込んだ地点が売りのエントリーポイントにあたります。


上の図は、EUR/USDのチャートにTRIXシグナルを描画したものです。緑色の水平線がTRIXの0のポイントになります。長期のTRIXは黒色、短期のTRIXは赤色の線です。赤色の線が黒色の線を下から上へ突き抜けた地点が買いのエントリーポイントにあたります。上の図の赤色の丸で囲んだ部分です。また、赤色の線が黒色の線を上から下へ割り込んだ地点が売りのエントリーポイントにあたります。上の図の青色の丸で囲んだ部分です。
(2012年08月14日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2022 GRAS Group, Inc.RSS