担体とは? わかりやすく解説

たん‐たい【担体】


担体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/25 05:42 UTC 版)

担体(たんたい、英:catalytic support)は、吸着触媒活性を示し、他の物質を固定する土台となる物質のこと。アルミナシリカがよく用いられる。担体自体は化学的に安定したもので、目的操作を阻害しないものが望ましい。また、固定する物質によって担体との相性が異なるのでその使い分けが重要である。




「担体」の続きの解説一覧

担体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 04:21 UTC 版)

Hisタグ」の記事における「担体」の解説

Ni-NTA (nickel-nitrilotriacetic acid) をはじめとして、各種の担体が上市されているカラム充填して使うほか、試験管内遠心分離磁気分離併用するなど様々である

※この「担体」の解説は、「Hisタグ」の解説の一部です。
「担体」を含む「Hisタグ」の記事については、「Hisタグ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「担体」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



担体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「担体」の関連用語

担体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



担体のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキアクシスダイキアクシス
Copyright (C) DAIKI AXIS Co., LTD Allrights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの担体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのHisタグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS