六神丸とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 一般用医薬品 > 六神丸の意味・解説 

ろくしん がん -ぐわん [0]六神丸

漢方薬の一。麝香じやこう)・蟾酥せんそ)・牛黄ごおう)などの動物生薬を主原料とする丸剤急性の熱病中毒心臓衰弱などに用いる。

六神丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/11 06:35 UTC 版)

六神丸(ろくしんがん)は、動物性の生薬を中心に配合された民間薬処方の一つである。


  1. ^ 亀田利三郎薬舗HP 六神丸の歴史
  2. ^ 東京都薬剤師会・北多摩支部 おくすり博物館 ジェネリック(GE)篇(その7)2012年8月25日閲覧。多数の歴代のパッケージの写真、功能書の写真、薬瓶の写真、宣伝用スダレ、及び店の看板の写真がある。


「六神丸」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「六神丸」の関連用語

六神丸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



六神丸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの六神丸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS