エビリファイとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > エビリファイの意味・解説 

エビリファイ

別名:アリピプラゾールaripiprazole
英語:ABILIFY

大塚製薬販売している非定型抗精神病薬商品名一般名は「アリピプラソール」。統合失調症改善使用されている。

エビリファイは、統合失調症陽性症状だけでなく陰性症状にも効果を示す。すなわち、何もする気にならないといった無気力症に対して改善を図ることができる。また、副作用比較少ない。

抗精神病薬 「エビリファイ®内用液0.1%」 - 大塚製薬

アリピプラゾール

分子式C23H27Cl2N3O2
その他の名称:OPC-14597、3,4-Dihydro-7-[4-[4-(2,3-dichlorophenyl)piperazin-1-yl]butoxy]quinolin-2(1H)-one、アリピプラゾール、Aripiprazole、アリピペラゾール、Aripiperazole、7-[4-[4-(2,3-Dichlorophenyl)-1-piperazinyl]butoxy]-3,4-dihydroquinoline-2(1H)-one、7-[4-[4-(2,3-ジクロロフェニル)-1-ピペラジニル]ブトキシ]-1,2,3,4-テトラヒドロ-2-キノリノン、エビリファイ、Abirify、7-[4-[4-(2,3-Dichlorophenyl)piperazine-1-yl]butyloxy]-1,2,3,4-tetrahydroquinoline-2-one、アリピピラゾール、Aripipirazole、3,4-Dihydro-7-[4-[4-(2,3-dichlorophenyl)piperazino]butoxy]quinoline-2(1H)-one、アビリフィ、Abilify
体系名:3,4-ジヒドロ-7-[4-[4-(2,3-ジクロロフェニル)ピペラジン-1-イル]ブトキシ]キノリン-2(1H)-オン、7-[4-[4-(2,3-ジクロロフェニル)-1-ピペラジニル]ブトキシ]-3,4-ジヒドロキノリン-2(1H)-オン、7-[4-[4-(2,3-ジクロロフェニル)ピペラジン-1-イル]ブチルオキシ]-1,2,3,4-テトラヒドロキノリン-2-オン、3,4-ジヒドロ-7-[4-[4-(2,3-ジクロロフェニル)ピペラジノ]ブトキシ]キノリン-2(1H)-オン


アリピプラゾール

(エビリファイ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/02 20:57 UTC 版)

アリピプラゾール英語: AripiprazoleAPZ)は、非定型抗精神病薬の一つである。大塚製薬が開発した。2002年7月にメキシコで製造承認され、その後60以上の国家と地域で承認された。日本では2006年1月に商品名エビリファイで承認され、同年6月に薬価基準に収載された[1]。アメリカ合衆国でのアリピプラゾール(meiji)の特許切れに伴い、後継のブレクスピプラゾールが商品名レキサルティで承認された[2]




  1. ^ 未変化体と同様の活性を有する代謝物
  2. ^ 易刺激性とは、「かんしゃく、攻撃性、自傷行為、およびこれらの複合行為」である
  3. ^ マウス10mg/kg用量を体重60kgのヒト等価用量(HED)へ換算すると約50mgとなる。
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 医薬品インタビューフォーム(2016年9月改訂 第18版)エビリファイ (pdf)”. www.info.pmda.go.jp. 医薬品医療機器総合機構 (PMDA) (2016年9月). 2016年10月3日閲覧。
  2. ^ 長谷川愛 (2015年8月8日). “大塚HD、大型薬特許切れでどうなる?”. 東洋経済オンライン. 2018年10月10日閲覧。
  3. ^ Meiji Seika ファルマ株式会社
  4. ^ a b c Abilify Letter (pdf)”. FDA (2015年4月17日). 2015年9月30日閲覧。
  5. ^ a b c FDA Drug Safety Communication: FDA warns about new impulse-control problems associated with mental health drug aripiprazole (Abilify, Abilify Maintena, Aristada) (05-03-2016 FDA)
  6. ^ Seeman P, Ko F, Tallerico T. (2005-9). “Dopamine receptor contribution to the action of PCP, LSD and ketamine psychotomimetics.”. en:Molecular Psychiatry. 10 (9): 877-83. doi:10.1038/sj.mp.4001682. PMID 15852061. http://www.nature.com/mp/journal/v10/n9/full/4001682a.html. 
  7. ^ Seeman P, Guan HC, Hirbec H. (2009-8). “Dopamine D2High receptors stimulated by phencyclidines, lysergic acid diethylamide, salvinorin A, and modafinil.”. en:Synapse. 63 (8): 698-704. doi:10.1002/syn.20647. PMID 19391150. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/syn.20647/abstract. 
  8. ^ a b Segnitz N, Ferbert T, Schmitt A, Gass P, Gebicke-Haerter PJ, Zink M. (2011-9). “Effects of chronic oral treatment with aripiprazole on the expression of NMDA receptor subunits and binding sites in rat brain.”. en:Psychopharmacology. 217 (1): 127-42. doi:10.1007/s00213-011-2262-z. PMID 21484241. https://link.springer.com/article/10.1007/s00213-011-2262-z. 
  9. ^ かかりつけ医のためのBPSDに対応する向精神薬使用ガイドライン (Report). 厚生労働省. (2013-07). http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000036k0c.html. 
  10. ^ 日本医師会、日本老年医学会『超高齢化社会におけるかかりつけ医のための適正処方の手引き』(pdf)日本医師会、2017年9月。
  11. ^ “知的障害児の1割に精神病薬処方 長期なら副作用も”. 日本経済新聞. (2017年1月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14H6Y_U7A110C1CR8000/ 2018年4月20日閲覧。 
  12. ^ 「統合失調症患者が示した aripiprazole 内用液の「飲み心地」に関する検討」『臨床精神薬理』第2号、2011年2月、 283-288 頁。
  13. ^ 高橋一志. 向精神薬の今(1)抗精神病薬. 日本医事新報. 2014; 4709:14-21.
  14. ^ Macaluso, Matthew; Flynn, Alexandra; Preskorn, Sheldon; et al. (2016). “Determining Whether a Definitive Causal Relationship Exists Between Aripiprazole and Tardive Dyskinesia and/or Dystonia in Patients With Major Depressive Disorder, Part 4”. Journal of Psychiatric Practice 22 (3): 203–220. doi:10.1097/PRA.0000000000000157. PMID 27123800. 
  15. ^ Chen YW, Tseng PT (2016). “A Review of Differences in Clinical Characteristics between Tardive Syndrome Induced or Improved by Aripiprazole Treatment”. Acta Neurol Taiwan 25 (3): 88–94. PMID 27854086. http://www.ant-tnsjournal.com/Mag_Files/25-3/004.pdf. 
  16. ^ Bhattacharjee J, El-Sayeh HG. (2008-07-16). “Aripiprazole versus typicals for schizophrenia.”. The Cochrane Library. 1: CD006617. doi:10.1002/14651858.CD006617.pub3. PMID 18254107. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD006617.pub3/abstract. 
  17. ^ Sogawa R, Shimomura Y, Minami C, Maruo J, Kunitake Y, Mizoguchi Y, Kawashima T, Monji A, Hara H (2016-8). “Aripiprazole-Associated Hypoprolactinemia in the Clinical Setting.”. en:Journal of Clinical Psychopharmacology 36 (4): 385-7. doi:10.1097/JCP.0000000000000527. PMID 27281387. http://journals.lww.com/psychopharmacology/Abstract/2016/08000/Aripiprazole_Associated_Hypoprolactinemia_in_the.15.aspx. 
  18. ^ Moore TJ, Glenmullen J, Furberg CD. (2010-12-15). “Prescription drugs associated with reports of violence towards others.”. PLoS One. 5 (12): e15337. doi:10.1371/journal.pone.0015337. PMC: 3002271. PMID 21179515. http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0015337. 
  19. ^ Ching H, Pringsheim T (2012-05-16). “Aripiprazole for autism spectrum disorders (ASD).”. The Cochrane Library. (5): CD009043.. doi:10.1002/14651858.CD009043.pub2. PMID 22592735. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD009043.pub2/abstract. 
  20. ^ Vrignaud L, Aouille J, Mallaret M, Durrieu G, Jonville-Béra AP. (2014-11-01). “Hypersexuality associated with aripiprazole: a new case and review of the literature.”. Therapie. 69 (6): 525-527. doi:10.2515/therapie/2014064. PMID 25293487. http://www.journal-therapie.org/articles/therapie/abs/2014/06/th142267/th142267.html. 
  21. ^ a b Lacasse, Jeffrey R.; Leo, Jonathan (2006). “Questionable Advertising of Psychotropic Medications and Disease Mongering”. PLoS Medicine 3 (7): e321. doi:10.1371/journal.pmed.0030321. PMC: 1518694. PMID 16848626. http://journals.plos.org/plosmedicine/article?id=10.1371/journal.pmed.0030321. 
  22. ^ エビリファイ錠3mg/エビリファイ錠6mg/エビリファイ錠12mg/エビリファイ散1% インタビューフォーム” (2014年1月). 2015年3月27日閲覧。
  23. ^ a b “The antipsychotic aripiprazole is a potent, partial agonist at the human 5-HT1A receptor.”. Eur J Pharmacol (441): pp. 137-140. (Apr 2002). PMID 12063084. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12063084. 
  24. ^ 住吉 大幹「セロトニン1A 受容体と統合失調症患者の認知機能および治療」『臨床精神薬理』第2号、2011年2月、 349-356 頁。
  25. ^ 『今日の治療薬 2011』、2011年、837頁。ISBN 978-4524263622
  26. ^ Kato T, Mizoguchi Y, Monji A, Horikawa H, Suzuki SO, Seki Y, Iwaki T, Hashioka S, Kanba S. (2008-7). “Inhibitory effects of aripiprazole on interferon-gamma-induced microglial activation via intracellular Ca2+ regulation in vitro.”. Journal of Neurochemistry. 106 (2): 815-825. doi:10.1111/j.1471-4159.2008.05435.x. PMID 18429930. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1471-4159.2008.05435.x/abstract. 
  27. ^ Kato TA, Monji A, Yasukawa K, Mizoguchi Y, Horikawa H, Seki Y, Hashioka S, Han YH, Kasai M, Sonoda N, Hirata E, Maeda Y, Inoguchi T, Utsumi H, Kanba S. (2011-7). “Aripiprazole inhibits superoxide generation from phorbol-myristate-acetate (PMA)-stimulated microglia in vitro: implication for antioxidative psychotropic actions via microglia.”. Schizophrenia Research. 129 (2-3): 172-182. doi:10.1016/j.schres.2011.03.019. PMID 21497059. http://www.schres-journal.com/article/S0920-9964(11)00167-8/abstract. 
  28. ^ Seki Y, Kato TA, Monji A, Mizoguchi Y, Horikawa H, Sato-Kasai M, Yoshiga D, Kanba S. (2013-12). “Pretreatment of aripiprazole and minocycline, but not haloperidol, suppresses oligodendrocyte damage from interferon-γ-stimulated microglia in co-culture model.”. Schizophrenia Research. 151 (1-3): 20-28. doi:10.1016/j.schres.2013.09.011. PMID 24100191. http://www.schres-journal.com/article/S0920-9964(13)00510-0/abstract. 
  29. ^ 抗精神病薬 「エビリファイ」仏プリ・ガリアン(Prix Galien)賞を受賞(大塚製薬ホームページ)2011年7月14日閲覧
  30. ^ #07-782: 09-28-07 Bristol-Myers Squibb to Pay More Than $515 Million to Resolve Allegations of Illegal Drug Marketing and Pricing”. Justice.gov (2007年9月28日). 2012年11月30日閲覧。


「アリピプラゾール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エビリファイ」の関連用語

エビリファイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エビリファイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアリピプラゾール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS