腎盂炎とは?

腎盂炎

腎盂炎とは

腎盂炎とは、腎盂呼ばれる器官何らかの細菌侵入炎症起こす腎臓病気腎盂は、腎臓尿管中間にある器官で袋状になっている腎臓から尿を腎盂集め膀胱へその集めた尿を送るという役割をもつ。

腎盂炎の症状

腎盂炎の症状は突然引き起こされるケース多く39度以上の発熱悪寒などが見られるまた、腎盂炎では腎臓腫れるため、わき腹から背中にかけて痛みが走ることがある仰向けに寝ることが困難になることもある。

腎盂炎では、尿に白血球が混じって排出される。そのため、尿を見ると白く濁っているのを確認できる。個人差はあるが、排尿時に痛みが走ったり、残尿感があったりすることもある。

腎盂炎の原因

腎盂炎の原因は、細菌の上性感染によるものである。腎盂炎を引き起こす細菌は、主に大腸菌緑膿菌などグラム陰性桿菌腸球菌である。特に腎盂炎の約9割を占めるとされているのが大腸菌による感染である。大腸菌肛門やその周囲付着していることが多く、それらが尿道から侵入し上行性感染を引き起こす考えられている。腎盂炎は男性よりも女性に多い病気で、20代から40代までの若年層においては男女比は1対30大きくかけ離れている。

腎盂炎が女性に多い理由として考えられているのは、陰茎ある男性と違って尿道口肛門の距離が短いことにある。肛門周辺付着している大腸菌尿道口入りやすく、上行性感しやすい同様に女性陰茎がない分、男性よりも尿道が短いため、細菌感染しやすいことも理由として挙げられる。しかし、50以降になると男女比が拮抗する。これは、前立腺肥大原因とされている。

前立腺肥大では尿道圧迫されてしまい、尿の流れ悪くなる尿の流れが良ければ細菌押し流すことができるが、尿の流れ悪くなることで細菌が上まで上りやすくなり感染してしまうリスクが高まる。前立腺肥大以外にも腎盂炎のリスク高めてしまうものとして、尿道炎尿路結石膀胱尿管逆流現象などが挙げられる。女性場合妊娠尿の流れを悪くしてしまうため、妊娠きっかけに腎盂炎を発症してしまうケース少なくないまた、細菌感染免疫力低下発症リスク高め要因なので、糖尿病などの基礎疾患や、ステロイド剤長期服用抗がん剤など免疫力低下している人も腎盂炎のリスクが高いと言える

腎盂炎の治療

腎盂炎の診断では、尿検査血液検査レントゲン撮影などが行われる。腎盂炎と診断された場合治療は、一般的に原因となっている細菌判別して抗生物質抗菌剤)を投与する方法である。腎盂炎には急性慢性の2種類があるが、どちらも抗生物質投与による治療が行われる。治療期間は症状度合いによって異なるが、軽症場合は1~2週間程度改善することもある。



じん うえん [3]腎盂

腎盂化膿性炎症大腸菌などに感染して起こり発熱腰痛膿尿などがみられる炎症腎臓実質に及んだものを腎盂腎炎というが実際に炎症はすぐ腎臓実質に及ぶので、腎盂炎と腎盂腎炎はあまり区別せず使われている。

腎盂腎炎

(腎盂炎 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/21 23:27 UTC 版)

腎盂腎炎(じんうじんえん、: pyelonephritis)は、細菌感染を原因とする腎盂ならびに腎実質の炎症。臨床症状として血尿、混濁尿、膿尿、細菌尿、発熱を特徴とする。病理学的には腎杯の炎症、壊死、変性が認められる。ウシではCorynebacterium属菌(特にCorynebacterium renale)による感染が重要である。




  1. ^ Wington RS, et al. Arch Intern Med. 1985;145(12):2222-7.


「腎盂腎炎」の続きの解説一覧



腎盂炎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「腎盂炎」の関連用語

腎盂炎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



腎盂炎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの腎盂腎炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS